fbscorona

新型コロナウイルスが世界中で蔓延することにより、世界の金融市場はパンデミックに陥っています。特に、2020年2月24日の月曜日は、2年間で世界株式にとって最悪の日となり、ブラックマンデー以上の株価の下落となり、さらに、日本政府の杜撰な対応と日本国民の危機感の無さが原因で、世界は日本への信頼を失い、急激な円安が進んでしまいました。

金融市場は1兆ドルを超え、ベンチマークのS&P500は3,4%減少し、世界中における富裕層は、総額1390億ドルを失いました。

新型コロナウイルスにより、外出できない中、個人トレーダーになる人がどんどん増えています。 多くの人がパニックを好む一方、このパニックな市場の価格の動乱をうまく最大限に活用して稼ぎましょう。

FBSの口座開設をしておくだけで、定期的に「Digest FBS」というメールでニュースを無料で配信してくれるので、このような市場が混乱しているときに、何をどのように取引するかを教えてくれます。

ぜひ、FBSの口座開設をしておきましょう。口座管理料も維持費も全て無料です!





新型コロナウイルスの感染者の統計



2020年2月27日金曜日、世界中で確認された新型コロナウイルスの感染者の総数は、おおよそ84,000人に達し、そのうち約2,800人が死亡しました。 このうち、中国本土で78,000人以上の感染と2,700人の死亡が発生し、残りは主に韓国、イタリア、イラン、日本で発生しました。

注:中国国内での拡大は、史上最高らしいです。 それまでの間、他の国でどのように新型コロナウイルスが拡大するのかはまだわかりません。

fbscoronaland


損害



現在、コロナウイルスにより、世界のGDPは0.5%減少すると予想されています。 それは5.5%になり、それは驚くべきレベルです。 ただし、新型コロナウイルスが、パンデミックな分類に達すると、世界のGDPの減少速度\{ -\frac{d\text{GDP}}{dt} \}は、さらに加速します。 株式市場は、プレパニックモードにあります。S&Pは4%以上下落し、NASDAQも同じで、ダウ平均は2月12日の高値から12%以上下落しました。 ゴールドマン・サックスは、新型コロナウイルスの発生により、ほとんどの米国企業で2020年には収益の増加はないと予測しています。

米国の特定の株式市場セクター(主にIT産業、これは、中国のサプライチェーンと生産への依存度が高い)は、2月の最後の週に10%以上を失いました。 見てわかるように、世界経済の状況の重大さを過大評価することは困難であり、株価や株式指数の底がどこまでなのか予測不可能です。

この時、株式取引及び株式CFD、指数CFDでショートポジション(空売り)で、かなり稼ぐことができます。

理由



結果の連鎖は、非常に簡単です。 経済は絡み合い、特に世界貿易は、中国にかなり依存しているので、中国における新型コロナウイルス による工場稼働の一時停止による大きな混乱は、残りのすべての生産性の大きな混乱につながります。

1つの明らかな例を見てみましょう。中国の旅行者は、世界の半分から禁止されていて、中国政府も国外への脱出を禁止しているので、中国国外に出たり、海外に出かけたりすることはありません。 航空会社は彼らが計画していたものを手に入れず、観光部門はそれが望んでいたものを手に入れていません。

一方で、マスクの買い占め、トイレットペーパーやティッシュペーパーの買い占め、除菌・殺菌作用のある医薬品の買い占めにより、多くの小売業者や転売事業者は、通常の何倍もの利益を手に入れています。

観光業や旅行会社などは大赤字ですが、小売業や化学工場、製造業はかなりの利益を上げています。

利益を手に入れる方法



長期的には、ヘッジをしっかりしてください。ポートフォリオには、金・白金のような避難所があることを確認してください。

中期的には、パニックのような気分が市場を支配する一方で、弱気の取引からの利益を得ることができます。リスク回避の時期は、S&Pインデックス、AUD、NZDの販売に最適です。その後、底に触れたら(つまり、感染事例でグローバルなトップアウトがあり、曲線が垂直の勢いを失ったら)、リスクを開放し、強気に取引します。

短期的には、2020年2月27日金曜日の時点で、JPYやCHFなどの伝統的で安全な避難通貨は、米ドルに対して権力を持っていました。最新のウイルスの更新と日本のウイルスに対する対策や政策を考えると、不確実性がある限り、これらは需要にとどまる可能性があります。 AUDやNZDなど、中国に直接リンクしている通貨が最も不安定になり、USDが揺れたとしても、USDほど信頼があり取引通貨量が多い通貨はありません。

金は先週、横に「混乱した」気分で終わったが、安全な避難所でもあるので、世界レベルで自信を持って解決されるまで、新型コロナウイルスで上昇し続けると思われます。石油、は需要に追いつく保証がないため、下り坂にあります。

新型コロナウイルス対FRB、EU、ハイテク株の動向と最新のアナリティクスとファンダメンタル分析





米国



ドナルド・トランプ大統領は、新型コロナウイルスが今のところ米国にとって重大な脅威ではないと考えています。FRBは、判断は時期尚早だとコメントしました。その間、市場は3月に利下げの可能性が68%だと予測を始めました。これは米ドルにとってマイナスであるでしょう。

欧州



新型コロナウイルスは、内部国境を開いているため、EUにとって真の脅威です。欧州委員会は厳密な入国制限措置は実施されていません。しかし、世界レベルの感染拡大阻止のためには、国際支援のために2億3,200万ユーロを拠出する考えを示しました。

IT株



新型コロナウイルスの経済的影響は、IT企業に特に顕著です。中国発のサプライチェーンの混乱により、2月中旬以降、巨額の損失が発生しました。Apple株価は1株当たり327ドルから274ドルに低下し、Alphabet株価は1,517ドルから1,315ドルに下落し、Facebook株価は217ドルから190ドルに下落しました。