fxgt

FXGTが、ポジション状況が見える新機能「トレーダーズインサイト」をリリースしました。

Market Sentiment(市場センチメント)を利用すると、ユーザーの売買比率を見ることができます。
各通貨ペア毎に、売りポジションと買いポジション、今どちらが多いのかが確認できます。また、Open Positions Ratio(オープンポジション比率)では、どの通貨ペアが多く取引されているのかを見ることが可能です。

ぜひ今後のトレード戦略の参考にしてみてください!







Market Sentiment(市場センチメント)とは?



fxgt

Market Sentiment(市場センチメント)とは、特定の証券市場または金融市場に対する投資家の全体的な態度を指します。 それは、市場で取引されている証券の活動と価格の動きを通じて明らかにされた、市場の感情やトーン、またはその群衆心理です。 広義では、価格の上昇は強気の市場感情を示し、価格の低下は弱気の市場感情を示します。

市場関係者の楽観論または悲観論は、全体的な価格動向で最も明白です。



Market Sentiment(市場センチメント)が株や為替などの資産価格与える影響とは?



Market Sentiment(市場センチメント)は、需要と供給を動かし、株や為替などの資産価格の変動につながります。価格が上昇しているときの市場心理は強気ですが、価格が下がっているときは弱気です。トレーダーは、市場のセンチメントインジケーターを取引フレームワークまたは他の形式の分析と組み合わせて、参入シグナルと出口シグナルを改善します。最大のリターンを得るための鍵は、投資家が気分を正しく測定し、より迅速に行動することです。

1.行動経済学



行動経済学(Behavioral Economics)は「心理学と経済学(Psychology and Economics)」とも呼ばれる領域の学問です。創始者はダニエル・カーネマン(Kahneman, D.)、エイモス・トヴェルスキー(Tversky, A.)という心理学者で、カーネマンは行動経済学を唱えた功績でノーベル経済学賞を受賞しています。



カーネマン(Kahneman, D.)とトヴェルスキー(Tversky, A.)によって作成された行動金融理論は、心理的に根拠のある投資家のさまざまな形態を示しています。行動経済学が古典的な経済学と異なるのは、状況を正確に把握し自己の利益を常に最大化するような完璧な主体を想定するのではなく、より現実の人間に近い不完全な主体を想定することです。

投資家は、限りなく合理的であり、投資家の決定は基本的なルールに関連しているのではなく、投資家自身の世界の認識や他の投資家の決定によって導かれていることを示唆する証拠が増えています。

投資配分の経験則を使用した予測能力の自信過剰、新しい情報への見方の調整が困難、過去のパフォーマンスへの過度の依存などの投資家の認知的および感情的な偏見によって、投資家の行動が決定される上で大きな役割を果たすより多くの場合、偏った投資決定につながります。

2.動物の精神理論





ジョン・メイナード・ケインズのアニマル・スピリット理論は、不確実性の下では、個人は本能に支配され、彼らの行動は感情に左右されるような認識的バイアスを想定していました。市場が急騰しているとき、投資家はそれに集まり、これまで以上に非現実的な利益を期待し、それに応じてポートフォリオを割り当てます。

避けられない景気後退が続くと、投資家はますます悲観的になりますが、予想外にリスクの高いポートフォリオを維持して、損失の資産化を回避します。したがって、群れの行動は必然的に市場の感情にリンクされ、非効率的な価格やバブルの形でしばしば現れる非合理的な熱意を許す可能性があります。



市場センチメントに基づく取引戦略



fxgt

市場センチメントの最も一般的に読み取る方法は、一般的な市場の感情と並行して取引することです。これは、長期投資家にとって効果的な戦略です。市場センチメントが強気である場合、株式や為替などの資産価格が上昇すると予想され、将来的にキャピタルゲインと安定したインカムゲインがもたらされます。

これは一般に群衆行動として知られています。

ただし、群衆本能が常に優れた投資戦略を生み出すとは限りません。また、一般的な市場センチメントに反する投資家もいます。極端な悲観論の時代には、強力なファンダメンタルズが付いており、将来的に大きな成長の可能性を秘めているが、お買い得価格で入手できる打倒株を探します。

同様に、バリュー投資家は、短期的な価格変動は、資産価格の基本的なパフォーマンスの十分な説明ではないと信じています。それは、市場が一時的に良いニュースや悪いニュースに過剰反応する傾向があるためです。バリュー投資家は、資産価格の本質的な価値に関して現在過小評価されている資産価格を探します。