目次(Table of Contents)

anzocapitalmyfxbooksite

Anzo Capital (アンゾーキャピタル)では、ソーシャル取引プラットフォームであるMyfxbookのAutoTradeと連携しているので、優秀なトレーダーをフォローして質の高いコピートレードができます。ここで、MyfxbookのAutoTradeとは、最先端のコピー取引プラットフォームの1つです。そして、そのAutoTradeでは、選ばれたシステムトレードやプロトレーダーの取引を、Anzo Capital(アンゾーキャピタル)のMT4口座の取引プラットフォームにそのままコピーすることができます。

Myfxbook Autotradeと連携することで、優秀なシステムトレードをAnzo Capital (アンゾーキャピタル) MT4取引口座に直接コピーすることができます。

この記事では、Myfxbook Autotradeを使う時の「フォロワー」と「プロバイダー」についての詳細を解説します。





MyfxbookのAutoTradeにおけるフォロワーについての詳細


MyfxbookのAutoTradeにおける「フォロワー」とは、MyfxbookのAutoTradeのサイトにある「Systems」に掲載されているトレーダーを選ぶ人、つまり、取引をコピーする側になる人を意味します。

AutoTradeの「プロバイダー」と同じ取引がコピーされるのか?


AutoTradeにおけるシステムは、スムーズで正しいコピートレードを保証するために特別に設計されています。 コピートレードシステムは、一瞬でAnzo Capital (アンゾーキャピタル)の保有しているMT4口座にコピーされますが、重要な経済ニュースが発せられた時、高ボラティリティでの証券会社の執行など、遅延(これは制御不能)が発生する可能性があります。 また、AutoTradeの「プロバイダー」の取引をコピーすることに万が一失敗した場合、AutoTradeは(元の価格と比較して)同等以上の価格で市場への再参入を無期限に試行し続けます。

AutoTradeのプロバイダーの取引をコピーする方法


Anzo Capital (アンゾーキャピタル)のライブ口座を開設した後、AutoTradeのサイトにこちらから移動し、「Manage」をクリックして、口座の管理画面に入ります。 すると、現在登録されている利用可能な口座が表示されます。 選択したシステムで「AutoTrade」をクリックします。

もう1つの方法は、AutoTradeの「Systems」をクリックすると、プロバイダーたちの一覧が以下のように現れます。

myfxbookanzocapital

システムであるシステムを表示しているときに、上部にオレンジ色の「AutoTrade」ボタンが表示されることです。「AutoTrade」ボタンをクリックすると、プロバイダーをフォローする事ができます。

例えば、以下の図は、「PONDALFX_XM」というプロバイダーについてです。

anzocapital1
anzocapital2

AutoTradeのプロバイダーの取引のコピーを止める方法


管理画面に移動して、取引システムの右側にある「x」のアイコンをクリックするだけでプロバイダーの取引のコピーを止める事ができます。
フォローを外すことによってコピーを止めた後、コピーしていたプロバイダーが取引しても、そのプロバイダーの取引は自分の取引口座にコピーされません。 プロバイダーの取引を再度コピーしたい場合、コピーしたいプロバイダーの「AutoTrade」ボタンを再びクリックすればいいだけです。

最高の利益を獲得して損失を回避できるプロバイダーを選ぶ方法


将来のリターンとドローダウンを予測することは不可能です。また、悪いシステムや危険なシステムを除外するためにMyfxbookのAutoTradeは、プロバイダーの審査をすることによって、あらゆる努力をしていますが、優秀なトレーダーでも、回避できないドローダウンや損失を被ってしまうことはあります。

リスクを調整する方法


AutoTradeプロバイダーをフォローするとき、プロバイダーをフォロー時または管理画面で後で、乗数値(multiplier value)を変更できます。乗数値(multiplier value)を変更すると、これまでに収集されたデータに基づいて想定されるリターンとリスクがすぐに表示されます。 例えば、乗数値(multiplier value)が1の時、プロバイダーと同じリスク比を得ていることを意味します。

取引量の計算方法


プロバイダーのアカウントで発生するリスクをフォロワーのリスクに調整するために、次の式を使用します。

\[ 契約サイズ比率\text{(contract size ratio)}=\frac{フォロワーの契約サイズ\text{(follower contract size)}}{プロバイダーの契約サイズ\text{(provider contract size)}}\]
\[残高比率\text{(balance ratio)}=\frac{フォロワーの残高\text{(follower balance)}}{プロバイダーの残高\text{(provider balance)}}\]
\[口座通貨比率\text{(account currency ratio)}=\frac{フォロワーの口座通貨\text{(follower account currency)}}{プロバイダーの口座通貨\text{(provider account currency)}}\]
\[ フォロワーの取引量(\text{Lot})=プロバイダーの取引量(\text{Lot})\times 契約サイズ比率 \times 残高比率 \times 口座通貨比率 \]

取引サイズが最小ロットサイズである「0.01Lots」よりも低い場合は、最小のロットサイズが代わりに使用されます。

リスクの計算方法


リスクは、フォローしたプロバイダーの最大のドローダウンであり、リスクに表示されます。リスクは、0%から100%の範囲の値をもちます。 各システムの乗数を調整すると、それに応じてリスクバーが調整され、合計リスクがリアルタイムで表示されます。

取引を手動で閉じる方法


取引プラットフォームまたは管理画面から取引を終了できます。取引の右側にある「x」マークをクリックして確定すると、取引を閉じる事ができます。

取引の再入力


AutoTradeを使用して手動で取引をクローズする場合、自動的により良い価格で取引を再入力するオプションがあります。 これは、確定したい利益の取引があり、価格が再びエントリー価格に達すると、取引が再びコピーされる場合に非常に便利です。
このようにして、市場がエントリー価格と前後に変動する場合に、利益を得て数回取引を終了できます。

AutoTradeを使用するための最低入金額


MyfxbookのAutoTradeと紐付けした口座に1000ドル以上を入金すると、AutoTradeの使用することができますが、これは各システムが1000ドルで動作するように最適化されることを意味するものではなく、それらのシステムの動作が、フォロワーのリスク設定にのみ依存します。

乗数値(multiplier value)の横に、システムで使用される最小残高が表示されます。正確な結果を得るためには、表の下部にある合計最小残高を確認して、AutoTradeのセットアップで作業するために必要な合計残高を確認してください。

合計残高を確認する必要がある理由は、システムをコピーすると、最小ロットサイズは0.01になる可能性があり、それより下の値はすべて0.01に切り上げられるからです。すると、リスクが増加します。取引すればするほど、プロバイダーに比べて、リスク比の精度が低下します。たとえば、最小残高の50%しか口座に残っていない場合、リスクは本来の2倍(100/50)になります。 最小残高の10%しかない場合は、リスクは10倍(100/10)であり、最小残高の1%しかない場合、なんと100倍(100/1)になってしまいます!

最低入金額の計算方法については、AutoTradeのシステムは、各システムの最後の50件の取引を常にスキャンして、使用されている最小のロットサイズを見つけます。乗数値(multiplier value)を変更または更新すると、必要な最小残高が計算されるので、口座残高の最小ロットサイズは片道0.01Lotになります。

\[ プロバイダーの最低入金額=プロバイダーの残高\div \frac{最小の取引量(\text{Lot})}{0.01} \]
\[ プロバイダーをフォローするための最低入金額 =\frac{プロバイダーの最低入金額}{乗数値\text{(multiplier value)}}\]

プロバイダーがAutoTradeによって失格になった場合のフォロワーの処遇


プロバイダーがAutoTradeのプログラムの要件を満たしていない場合、AutoTradeでは表示されません。
デフォルトでは、フォローしているプロバイダーが失格になった場合、そのプロバイダーによるコピートレードは、自動的に決済されて、取引はクローズされます。

フォロワーがAutoTradeの口座を削除した場合


AutoTradeの口座を削除すると、AutoTradeで取引されている既存のコピートレードはされなくなります。 AutoTradeでコピートレードしていた金融商品は、AutoTradeと紐付けたAnzo Capitalの取引口座で手動で運用する必要があります。



MyfxbookのAutoTradeにおけるプロバイダーについての詳細


MyfxbookのAutoTradeにおける「プロバイダー」とは、MyfxbookのAutoTradeのサイトにある「Systems」に掲載されているトレーダーになる人、つまり、取引をコピーされる側になる人を意味します。

AutoTradeのプロバイダーになる方法


実績のある経験豊富で優秀なトレーダーであれば、自分の取引手法をMyfxbookのAutoTradeのシステムに登録して、90,000人以上の利用者に提供する事ができます。そして、取引して勝つ事ができる、0.5ピップの手数料を獲得できます。得られる利益や手数料に上限はありません!

ここでAutoTradeにおける優秀な実績のあるトレーダーとは、以下の条件を満たすトレーダーのことを意味します。

  • 3か月以上の取引を継続して行い、Myfxbookで接続されたライブのMT4口座

  • ドローダウンは50%以下に抑えていること

  • 3ヶ月の間に少なくとも10%のリターンを手に入れていること

  • 3ヶ月の間において、1回の取引あたりの平均ピップが3pips以上であること

  • 3ヶ月の間において、平均取引時間が5分間があること

  • プロバイダーは、マーチンゲールやグリッドの技術を使用してはなりません。

  • 現時点から3か月前まで期間の取引で少なくとも1000ドルの口座残高があること。

  • 現時点から3か月前までに、100回以上の取引をしていること



AutoTradeのプロバイダーになるメリット


FX取引はほぼ24時間365日行われているので一日中行うのは非常に困難であり、大量の労力が必要とされます。 トレーダーの取引だけで利益を手に入れるだけでなく、取引以外からも別の収入を得たい場合、余分な労力を投入しなくても手数料で稼ぐ事ができます。

また、優秀な実績のあるトレーダーが成功する取引手法をフォロワーに公開することによって、フォロワーは優秀な実績のあるトレーダーの取引手法を学ぶ事ができます。

ミニ/マイクロ/セントといった多種多様な口座の使用について


ミニ/マイクロ/セント口座で申請する場合、最低残高要件は1000ドルです。そして、セント口座では100,000ドルとなります。

AutoTradeのプロバイダーが稼げる金額


AutoTradeのプロバイダーは、勝利した1つの取引につき、0.5pips=0.005円を獲得します。

\[ プロバイダーが稼いだ金額(\text{pips})=1か月に行う取引回数 \times 収益性\times 合計取引量\times 0.5(\text{pips})\]
\[ プロバイダーが稼いだ収入=プロバイダーの取引通貨量\times プロバイダーが稼いだ金額(\text{pips})\]
例えば、次のシナリオを確認しましょう。
  • あなたのフォロワー:250人

  • 1か月に行う取引回数:平均100件

  • 取引の収益性:65%

  • あなたの合計取引量:80ロット

\[ あなたの収入(\text{pips})=100件 \times 0.65 \times 80ロット\times 0.5(\text{pips})=2600(\text{pips})\]
となります。
1ロット=10万通貨であり、1pips=0.01円なので、
\[ あなたの収入(円)=100000 \times 2600(\text{pips}) \times 0.01=2600000(円)\]
となります。



Anzo Capital(アンゾーキャピタル)の概要


法人名Anzo Capital Limited
サービス開始2016年
営業拠点1 Mapp Street, Belize City, Belize C.A
ライセンス
(金融監督機関)
ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC) No. IFSC/60/482/TS/19.
預託証拠金の取り扱い分別保管による完全信託保全
(倒産しても証拠金は利益を含めて全て返還される)
最大レバレッジ500:1
初回入金額
(最小入金額)
10,000円, 100USD
口座通貨建てUSD(米ドル), JPY(日本円)
(国によって使い易いように設定している)
追証についてゼロカット対応のため追証がない
マージンコール50%
ロスカット
(ストップアウト)
20%
取引モデルSTP, ECN
所在国ベリーズ
(サーバーはイギリスのロンドン)
サポートデスク日本語対応あり
口座タイプスタンダード口座, RAW口座
入出金方法電信送金(銀行送金), Webmoney, bitwallet, iWallet
取扱マーケットFX, 株価指数, 仮想通貨, 貴金属, コモディティー, 原油, 先物
取扱通貨ペア45ペア
取扱仮想通貨BTC, ETH, XRP, LTC
取引プラットフォーム
(取引ソフト)
MT4, MT4ウェブトレーダー, MT4モバイル, MT4マルチターミナル
表示桁数5桁表示
最小取引単位
(最小取引ロット)
0.01Lots=1,000通貨
ソーシャル・トレード
(コピー・トレード)
MQL5シグナルトレード, Myfxbook AutoTrade
流動性プロバイダー
(Liquidity Provider、LP)
インターナショナルバンク 16+








Anzo Capital(アンゾーキャピタル)の口座情報


スタンダード RAW
最低入金額10,000JPY, 100USD10,000JPY, 100USD
レバレッジ 最高1:500* 最高1:500*

スプレッド
ロースプレッド* ロースプレッド*
固定/変動スプレッド 変動 変動
最小取引サイズ 0.01Lots=1000通貨 0.01Lots=1000通貨
取引量増加幅 0.01Lotsずつ 0.01Lotsずつ
最大取引サイズ 50Lots 50Lots
マージンコール 50% 50%
ストップアウト
(ロスカット)
20% 20%
取引手数料 無料 往復で1Lotあたり720JPY
取引プラットフォーム
MT4 モバイル O O
MT4 ウェブトレーダー O O
MT4 デスクトップ O O
MT4マルチターミナルO O
提供しているサービス
EAサポート O O
コピートレード
Myfxbook AutoTrade
O O
取引ガイド O O
無料のニュースとリサーチ O O
平日(月~金)24時間オンラインテクニカルサポート O O
平日(月~金)24時間専用の口座マネージャー OO
口座タイプ
個人口座 O O
共同預金口座 O O
法人口座 O O


レバレッジは、入金額に応じて変わります。

・入金額が100,000USD未満の場合、レバレッジ最大500倍
・入金額が100,000~200,000USDの場合、レバレッジ最大400倍
・入金額が200,000~500,000USDの場合、レバレッジ最大200倍
・入金額が500,000USD以上の場合、レバレッジ最大100倍

スプレッドは市場環境の変化によって変わります。 また、MT4基本通貨はJPY(日本円)だけでなく、USD(米ドル)でも開設ができます。