目次(Table of Contents)

海外FX業者FBSの入金方法で最もお得な方法は?


今回は海外FX業者FBSの入金方法について説明していきます。

FBSと言えば、最大3000倍のレバレッジや豪華なボーナスで有名な海外FX業者です。

主に英語で書かれているため、初めてFBSに入金する際などは少し難しく思ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、初めてFBSに入金する時に困らないように入金の方法について詳しく説明します。





FBSに入金する前に知っておきたいこと


FBSの入金方法を説明する前に、読者に知ってもらいたいことがあるのでそれをこの記事で説明していきます。



入金ボーナスについて


FBSと言えば、様々な種類のボーナスを提供していることで有名な海外FX業者です。

そのボーナスの中でも特にすごく太っ腹なのが「入金100%ボーナス」です。



しかし、「入金100%ボーナスであれば、他の海外FX業者でもやってるじゃないか?」と思う方もいるのではないでしょうか?

しかし、FBSの入金100%には他の海外FX業者と異なる部分があります!

それは条件を満たすことによって、手に入れたボーナスを出金することができるということです。

ボーナスを出金したければ、以下の式で計算される金額を取引ればいいだけのことです。

取引量(lot) × 1 = 出金可能金額(ドル)

この式の意味は、1lot取引するたびに1ドル出金できてしまいます。

そのため、FBSではトレードで利益を出すことができなくても、最大で入金額の2倍の金額を手に入れることができるということです。

HPと管理画面で入金方法の種類が異なる


次に紹介するFBSに入金する前に知っていてもらいたいことは「ホームページと管理画面で入金方法の種類が異なる」ということです。

これだけ見てもよくわからないと思うので、以下の画像を見てみてください。

まず、こちらはホームページを訪れることで誰でもが見えるFBSの入金に関するページです。

FBS入金画像.png

見ればわかると思いますが、いくつか異なる入金方法があります。


最もお得な方法とは?手数料・反映時間比較!


ここから、実際にFBSへの入金方法について説明していきます。

まず最初に、FBSの入金方法を表でまとめておきます。

この記事では、ホームページ上にしかないものとログイン画面にしかないものの両方をまとめておきます。


入金手段手数料(※1)反映時間(※2)
クレジットカードなし即時
Wire Transfer(海外送金)なし5~7営業日
Mybitwalletなし即時
PerfectMoneyなし即時
OKPAY(※3)なし即時
Scratch cardsなし即時
Bonsai Traderなし15~20分(最大48時間)
CashUなし即時


※1 手数料はFBS側に支払う手数料だけを記載しており、銀行やその他サービス側に支払う手数料が発生する場合もあります

※2 反映時間はFBS側で処理するまでの時間なので実際に出金全てが完了するまでの時間とは異なります

※3 現在、OKPAYはサービスの提供を行っていません

では、ここからFBSへの入金方法について一つ一つ説明していきます。

また、今回は日本語に対応しておらず、他の海外FX業者でも使うことのできない「Scratch cards」「Bonsai Trader」「CashU」に関しては、省略します。

クレジットカード入金


まず、紹介するのは、クレジットカード入金です。

クレジットカードでの入金は、クレジットカードのショッピング枠を利用して入金をするという方法です。

もちろん、デビットカードでも同じように入金ができるので心配ありません。

また、クレジットカードでの入金は手数料完全無料、即時反映と文句なしの方法です。

入金でクレジットカードを使った場合の注意としては、FBSからの出金額が入金額に達するまで出金方法がクレジットカードになるということです。

ただ、クレジットカードでの出金は手数料も安く、反映も早いので問題はないでしょう。

基本的に、クレジットカードの情報を入力するだけなのですが、一つだけ注意点があります。

それは、入金額の入力がドルかユーロでしかできないということです。

そのため、入金額を入力する際は間違えないように注意しましょう。





Wire Transfer(海外送金)入金


次に紹介するFBSへの入金方法は「Wire Transfer」です。

Wire Transferと聞くと、聞いたことがないという人も多いと思いますが、他の海外FX業者への海外銀行送金のことです。

この入金方法は、日本の銀行から海外の銀行に資金を送ることになります。

そのため、反映時間も長くなってしまいます。

また、手数料が0となっていますが、銀行に支払う手数料が発生してしまうので注意しましょう。

また、Wire Transferで入金する際は、必要事項を記入する前にあらかじめ銀行で送金しておく必要があります。

そのため、少し手間がかかってしまいます。

また、銀行で送金する際に「支払い証明」をもらうことができるのですが、それを必要事項記入欄に張って送る必要があるので忘れないようにしましょう。

Mybitwallet入金




Mybitwalletは、XMなど多くの海外FX業者で入金・出金に利用できるオンライン決済サービスです。

このMybitwalletはFBSなど海外FX業者との資金のやり取りに手数料は全くかかりません。

しかし、Mybitwalletに資金を入れたり、出したりすると手数料がかかってしまいます。

特にMybitwalletへの入金では、多くの手数料がかかってしまいます。

まず、ATMなどから入金する場合は入金額の1%の手数料がかかってしまいます。

さらに、クレジットカードの場合はさらに多くの手数料がかかってしまいます。


・Visa、Master card:入金額の4%

・AMERICAN EXPRESS、Diners Club、Discover:入金額の5%


Mybitwalletはとても便利なのですが、入金の際は多くの手数料がかかってしまうので入金手段としてはあまりおすすめできません。

Mybitwalletで入金する場合は、アカウントの情報を入力するだけで完了します。

また、Mybitwalletでの入金の場合は入金額を日本円でも入力することができます。

PerfectMoney入金


PerfectMoneyもMybitwalletと同じで、オンライン決済サービスの一つです。

そのため、入金する際にはMybitwalletと同じように、まずPerfectMoneyに入金した後でFBSへ入金するという流れになります。

しかし、Mybitwalletとは異なり、PerfectMoneyに入金する際に手数料は発生しません。

ただ、振り込みなどで入金した際の銀行に支払う手数料などは発生するので注意しましょう。



OKPAY入金


※現在、OKPAYはサービス提供を行っていません

MybitwalletとPerfectMoney同様、オンライン決済サービスの一つです。

OKPAYはFBS以外にもTradeview、TradersTrust、IFCMarketsの入出金で使うことができます。

OKPAYも先ほど紹介した2つのオンライン決済システムと同じで、まずOKPAYに入金する必要があります。

その際の手数料は以下のようになっています。


・クレジットカード:入金額の4%

・仮想通貨:なし

・銀行送金:なし




また、OKPAYにはOKPAYカードというものがあり、それを発行することでATMからの入出金やデビットカードとしての利用もすることができます。

ここまでで紹介したようにとても便利なOKPAYなのですが、一つ大きな欠点があります。

それはHPが日本語に対応していないということです。

そのため、英語が理解できる方であれば、OKPAYを利用することはおすすめできます。



おすすめの入金方法


FBSへの入金方法については理解していただけたでしょうか?

最後にここでは、FBSへの入金で一番のおすすめの方法について紹介していきます。

その方法はクレジットカード入金です。

オンライン決済サービスもとても便利なのですが、手数料無料、即時反映のクレジットカードには敵いません。

オンライン決済サービスにあらかじめお金が入っているという状態であればいいですが、入金のためにわざわざ登録する必要もないでしょう。

そのため、FBSへの入金であればクレジットカードがあれば十分でしょう。

ただ、出金の際はとても安く出金できるのでオンライン決済サービスをおすすめすることはできます。

そのため、オンライン決済システムに登録するのであれば出金する際にしましょう。

まとめ


FBSへの入金方法について理解しましたか?

FBSへ入金する場合、一番日本人におすすめできる入金方法はクレジットカードです。

また、FBSは、現在オンライン決済サービスのアカウントを持っており、そこにお金があれば、そのアカウントからでも入金できます。

FBSは最大レバレッジ3000倍や豪華なボーナスなどを提供している世界でも認められたかなり優れた海外FX業者です。

しかし、残念ながら日本人へのサポートにはあまり力を入れていません。

トレードで困った場合に質問を受け付けてはくれますが、外国人が自動翻訳で返信をしてくれるだけです。

そのため、FBSを使う場合であっても、右サイドに紹介しているように他のFX業者の口座も持っておくことをおすすめします。

FBSの口座開設して取引をする場合、こちらをクリック