目次(Table of Contents)

GMOコインは、東証一部上場企業である「GMOインターネット」が運営する仮想通貨取引所です。

GMOコイン

FX取引高1位の「GMOクリック証券」の運営会社としても有名であり、世間的に知名度の高い企業ですね。

大手企業がついに仮想通貨取引所にも参入!ということで、強い注目と期待が集まっています。

実際のスプレッドや販売所の評判・口コミ,みんなが気になるデメリットをなど徹底調査しました!

この記事を読めば、以下の3点がわかるようになります。



・GMOコインの特徴がわかる

・GMOコインの評判・口コミがわかる

・GMOコインのメリット・デメリットがわかる



GMOコインの公式サイトはこちら


GMOコインの会社概要と取り扱い通貨一覧

運営会社
GMOコイン株式会社

設立日
2016年10月

通貨ペア
5種類

最大レバレッジ
10倍

スマホアプリ 有

手数料 無料


GMOコインはGMOグループが運営している仮想通貨取引所なため他の様々な実績があり、比較的安心して取引ができます。

GMOコインの特徴としては、アルトコインを含む仮想通貨の現物売買とレバレッジ取引ができることでしょう。

また、2017年には金融庁の仮想通貨交換業者にも登録されていて、信頼できる取引所といえます。

GMOコインの売買形式

GMOコインは仮想通貨販売所なので、会社と直接コインを売買することになります。

買い板、売り板を利用した売買(取引所形式)よりも簡単に売買できますが、指値注文ができないのがデメリット。

国内取引所の中でも初心者向けの販売方式といえます。

購入希望金額、または数量を入力→「購入」をクリックするだけで売買が成立します。

2way方式なので直感的に操作しやすく、投資初心者でもストレスなく売買できるはず。

GMOコインの取り扱い通貨一覧

GMOコインで取り扱いしている通貨は以下の5種類。



・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・ビットコインキャッシュ(BCH)

・ライトコイン(LTC)

・リップル(XRP)



通貨現物取引FX取引レバレッジ取引
ビットコイン
イーサリアム
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
リップル



取り扱い通貨の一覧表はこのようになっています。

GMOコインには、レバレッジ取引とFX取引の二つがあります。

どちらも同じように思えますが、GMOコインでは手数料などの違いがあります。

GMOコインのメリット

1.アプリが使いやすい

「ビットレ君」は、GMOコインがリリースしているFX特化アプリです。正直、他の取引所のアプリって使い勝手があまりよくありません。レスポンスが悪いし、デザインもイマイチなので。

対して、ビットレ君は見やすい画面、容易に注文できる操作性、多機能なチャートと、スマホからのFXトレードに十分耐えうるレベルです。2way方式の表示で、今の売値と買値がすぐにわかります。IFDやIFDOCOといった注文も可能。

5分足や4時間足の切り替えが容易で、見やすいチャートが強み。移動平均線やボリンジャーバンドなども設定によって表示できます。

ただ、値動きが激しくなるとスプレッドが最大1,500円まで広がるようなので注意。それでもビットフライヤーよりは良心的といえます。

また、「GMOクリック証券」を運営している会社ということで、サーバーも強く、遅延なく安定した取引が可能。一瞬の遅れが損失を招くFXにおいて、これらの要素はとても重要です。

2.他の取引所と比べて口座開設が早い

国内取引所でも、口座開設に平均1週間〜2週間かかるところがほとんどです。

しかし、GMOコインなら最短で翌日には口座解説が完了します!

何週間も待ちたくない方は、GMOコインがおすすめです。

平均で口座開設には1週間弱ほどかかるのが普通ですがGMOコインなら最短1日で口座開設完了なので、

週初めに登録して、週末にはGMOコインでアルトコインFXができちゃいます!

3.送金手数料無料だから便利でお得

GMOコインの送金手数料についての口コミをご紹介していきます。

GMOコインは送金手数料無料なので、海外仮想通貨取引所に送金する際も無駄なお金がかからずに送金することができます。

今まで、ビットメックスなどに入金する際にわざわざ手数料を払っていたのがバカバカしくなりますね。

あまり知られてないですが、GMOコインは送金手数料・出金手数料・入金手数料これら全て無料なんです!

確かに、アービトラージなどには無駄なお金を使うことなくできていいですね!

キャンペーンとかではないので、ずっと無料です。

4. セキュリティが高い

GMOコインの盤石なセキュリティは、一番のメリットと言えます。

公式サイトに書いてあるセキュリティ対策が次の内容です。


顧客資産の分別管理:分別管理することによりどちらかの資産に怪しい過不足が出ないか判別可

コールドウォレット管理:ネットワークから隔離された安全な場所に保管

マルチシグ対応:仮想通貨の送付に複数の秘密鍵が使用でき、安全な送金が行える

サイバー攻撃対策:2段階認証必須や、ログイン通知など「GMOクリック証券」など金融サービスを長
い間提供してきたGMOグループだからこそできる危機管理体制です。


GMOコインのデメリット

どんな取引所にもメリットとデメリットがあります。

GMOコイン


しっかりとそれらを確認してから口座開設をしましょう。

1.取引規制がある

GMOコインでは、しばしば取引規制があるようです。

取引規制(買い規制)とは、特定の仮想通貨が購入できなる状態のことを言います。

一時的にある特定の仮想通貨が価格高騰などで取引が集中すると、

取引規制がしばしば起こりますが、サーバーが落ちている限りどこの取引所でも起こることなのでそこまで神経質になることではないですが、タイミングなどを見計らって取引することがやはり大切ですね。

2.日本円でしか仮想通貨を売買できない

GMOコインでは、仮想通貨で仮想通貨を購入することがありません。

日本円で仮想通貨を購入する必要があります。

日本円を入金→BTC購入

BTC→日本円→XRP

このように、少しめんどくさい部分はありますがそこまで不自由することはないでしょう。
GMOコインは、入金手数料、出金手数料、売買手数料が無料ですので日本円でしか仮想通貨を購入できないにしてもメリットを十分に感じられるでしょう。


GMOコインのまとめ


・売買手数料の安さはトップクラス
・板形式での取引ができない
・FXは初心者向けの環境が整っており、FXデビューに最適


初心者にとっては使いやすい取引所、といった感じです。

アカウント登録、口座開設は無料で、手続きも10分程度で終わるので、登録してみてはいかがでしょうか。



GMOコインの口座開設はこちらから