目次(Table of Contents)

AvaTrade Japan (アヴァトレード・ジャパン)の概要

アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設
アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設
アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設?|?fx-on.com

・Webサイト

アヴァトレード・ジャパン株式会社の公式サイト



・国(本部)

アイルランド

・Regulation

MiFID, Central Bank of Ireland, ASIC, FSC, BVIFSC

設立

2006

最大レバレッジ
1:400 (日本では、個人の場合25倍までなので注意)


Review

AVA TRADEは、2019年現在ニューヨーク、ダブリン、シドニー、ミラノ、東京に使者を構える世界でもトップクラスの外国為替(FX)業者です。AVATRADEは、外国為替ブローカーの信頼性を評価する上で最も重要な複数の規制認可を受けて合格しています。

アイルランド中央銀行で規制の認可を受け、欧州連合(EU)において、MiFIDの認可、オーストラリアや日本の金融サービス委員会(FSC)のASICからも規制の認可を受けました。FX業者がこれらの複数の認可 と同様に印象的なサービスであるかを徹底検証したAVATRADEをReviewしていこうと思います。日本では、あまりAVATRADEを知られていないかもしれません。このグローバルなFX業者であるAVATRADEがこのブログの読者と相性がいいかどうかを見極めるために、これから紹介するざっくりとしたAVATRADEについてのレビューをみてください。

会社概要

会社設立: 2006年

日本では2007年

所在地: 東京都港区赤坂2丁目18番1号赤坂ヒルサイドビル4階

登録番号 :関東財務局長(金商)第1662号

最高レバレッジ: 個人では25倍まで

最低入金額: 10万円以上

最低取引きサイズ: 1,000通貨=1,000USDから取引可能

対応言語: 英語、日本語、イタリア語、スペイン語、中国語


取引きプラットフォーム

 AvaTradeはトレーダーに人気のメタトレーダー(Meta Trader 4)のプラットフォーム(MT4)、60種類以上の通貨ペア取引、そしてAvaTrade社独自ののAvaTrader と呼ばれる独占的ソフトウェアを提供しています。このダウンロード版プラットフォームのデザインは、初心者のために設計されたものです。また、同様にAvaTrade独自のWebTraderは一般のワークステーションを含むどんなコンピュータからでもアクセスができるように 、投資家にとって使いやすい取引の仕様を提供しています。

AvaTrade Japanが提供している取引きプラットフォームは、選択型自動売買システムAMMA(Ava MT4 Multi Agent)、メタトレーダー4 (MT4)、アヴァDupliTrade というミラートレーダーの3つです。

 AMMAとは、選択型自動売買システムのことで、投資家がSP(シグナル・プロバイダー:売買の助言をする人やシステムなど)を選択して、取引数量を設定しMT4で取引シグナルをもらいながら
自己勘定で自動売買をするシステムのことです。SPからの売買シグナルに沿って、MT4のシステムが自動売買します。AMMAに登録するにはアヴァトレードジャパンのMT4口座が必要です。まずは、アヴァトレードジャパンのウェブサイトでMT4の口座開設をしなければなりません。AMMA用MT4口座は、SPからの取引シグナルに従って取引を行う口座です。投資家自身の裁量で取引はできません。

 メタトレーダー4 (MT4)は、初めての方でも高機能な分析チャートソフトを簡単に利用できるプラットフォームであり、チャート毎に詳細を設定し、複数のチャートを同時にリアルタイムで表示できます。成行注文も注文のポジション確認もMT4のプラットフォーム上でのチャート上で直接できます。Meta traderとは、世界中で最も利用されている自動売買取引システムのことで、高機能な分析チャートやテクニカル分析も簡単に利用できます。カスタマイズ性が高く、多くの機能を自分好みに設定することで、自分だけの取引ツールが出来上がります。また、Expert Adviser(EA)と呼ばれるプログラムによって指標や自動売買プログラムを作成することができるので、テクニカル指標の細かい数値も自由に設定でき、簡単にご利用頂けます。トレールストップ注文やOCO注文、IFD注文など、多彩な注文方法に対応していて、ワンクリック注文も可能です。また、取引サポート機能も充実しており、高機能チャートや手軽に利用できるテクニカル分析ツールなども搭載しています。JAVAをインストールしておくことで、インターネットブラウザからも取引が可能となっていて、アプリをダウンロードすればiPhoneやiPad、Androidからの取引もできます。

 アヴァDupliTradeとは、アヴァトレード・ジャパンの兄弟会社DupliTradeが提供するAva MT4への自動売買機能接続という役割に徹したシストレ(自動売買)のためのプラットフォームです。DupliTrade社は、選択的自動売買を可能にするプラットフォーム提供者であり、世界中の優れたトレーダーや熟練助言者(EA)開発者を発掘、採用、そして投資家のAva MT4口座への接続を可能とするキュレーターでもあります。アヴァトレード・ジャパンの社内ポリシーおよび日本の金融商品取引法に基づき、アヴァDupliTradeでは、アルゴリズム化された熟練助言者(EA)由来の売買シグナルのみをアヴァMT4(ユーザーであるお客さま)に提供します。日本国内の法令規制緩和次第で、裁量売買シグナルの提供も将来可能となるかも知れません。また、アヴァDupliTradeは、単純ではありますが、技術革新の先端を行く仕組みによって、投資家のFX自動売買(シストレ)を可能にしています。投資家の選択した熟練助言者(EA)由来の売買シグナルをお客さま好みのロット数(倍数)設定に基いて、自動売買としてAva MT4に反映される仕組みです。ミラートレーダーは自動売買もできる取引プラットフォームで、WEBからログインして利用します。600以上の自動売買プログラムの中から自分の好みで選べるようになっており、投資予定額や取引通貨数、期間を入力することで、最適な自動売買プログラムを簡単に検索できるので、自動売買を簡単に始めることが可能です。複数の自動売買プログラムを同時に稼働させることもできるので、オリジナルのポートフォリオを組んで運用することもできます。また、サーバー型の自動売買プラットフォームなので、パソコンの電源を切っても自動売買をそのまま継続することができます。


AvaTrade Japan (アヴァトレード・ジャパン)の特徴

 今日の競争の激しい市場では、ほとんどの外国為替(FX)業者は機能をたくさん提供し切磋琢磨しており、AvaTradeもその中の業者の一つなのです。Webinerや電子ブック、そして、それらの取引プラットフォームを提供し、Live marketのニュースを含む外国為替の学習ツールなどを提供しています。AvaTradeは業界標準を満たす機能を提供しています。しかしAvaTradeの調査中の発見で、全てのライブ口座保持者にAva デビットカード、1,000ドル以上の入金者に取引きセントラルチャートへのアクセスと手数料無しの出金、同社の特長がほとんどのFX業者に上回ると言うことです。

ただし、AvaTradeのすべての口座でも出金のために5日間ぐらいの猶予が必要です。

AvaTradeには、かなりの入金ボーナスがあります。入金100ドルに対して50ドル、10,000ドルの入金に対して最高1200ドルのボーナスを提供しています。しかし、これらのボーナスは12ヶ月以内にボーナス額1ドルに対して10,000通貨以上取引しなければボーナスをもらえません。

また、アヴァトレード・ジャパンでは入金ボーナスだけでなく、取引に関してもボーナスがあります。

それは取引開始月から対象となり、1ロット=10万通貨=10万USDの取引に対して200円がキャッシュバックされます。

翌月からは前月の取引量に応じてキャッシュバックの金額が1ロットあたり100円から400円と変化し、10ロット以上の取引でお金がもらえるのです。

上限が設けられていないので、取引量が増えれば増えるだけお金のもらえる額が増えていきます。ただし、USD/JPYの取引はキャッシュバックの対象外となっています。

カスタマーサポート(Customer Support)

AvaTrade は、優秀なカスタマーサポートを提供しており、その種類は、Eメール・チャット・34カ国地域の電話サポートです。ほとんど全ての投資家が自分の慣れ親しんだ母国語でAvaTradeに疑問点や質問点を投げかけることができます。電話が苦手な人は、チャットをお使いください。


使いやすさ

 AvaTradeはいくつかのカテゴリーをいくつかに分けることによって、Webサイトはまた小さなセクションに情報を分散しています。したがって、投資家は提供された情報の膨大な量から、為替売買をすることができます。また、役立つ多種類の必要情報を区分しているので、調べたい情報だけを取り出して、為替売買に役立てることができます。

 また、AvaTrade プラットフォームは、登録商標のFX取引プラットフォームです。他方ではMT4を使ったFX取引が普及している時代に、初心者から熟練者まで全員が専門的なシステムを理解しているわけではないので、プラットフォームの選択肢があるので、初心者にも使いやすいように設計されているということです。

信託保全はどうか?

日本の法律によって、AvaTrade Japanは投資家の預託金を、信託会社又は信託業務を営む金融機関に金銭信託にて預託することが義務付けられています。

AvaTrade Japanは日証金信託銀行株式会社と投資家を受益者とする金銭信託契約を締結しており、投資家の預託金(取引証拠金に売買損益、未決済ポジションの評価損益、スワップ金利等を加減した資産)を毎日集計し、信託必要額を算出します。信託必要額相当を日証金信託に金銭信託にて預託いたします。

AvaTrade Japanが破たんしたとき、AvaTrade Japanに預けた投資家の資金が手元に戻るように分別管理をしています。投資家から入金があった場合は、翌銀行営業日に入金になった金額と同額を金銭信託で預託するように日証金信託銀行へ送金します。


まとめ

アヴァトレード・ジャパンは、3つのプラットフォームを提供しており、簡単に言うと、Avaトレーダー口座、メタトレーダー4口座(FXとCFD)、ミラートレーダー口座です。

また、AvaTradeは、入金100ドルに対して50ドル、10,000ドルの入金に対して最高1200ドルのボーナスを提供していますが、これらのボーナスは12ヶ月以内にボーナス額1ドルに対して10,000通貨以上取引しなければボーナスをもらえません。また、取引量に応じて、もらえるお金(キャッシュバック)が大きくなるのもAvaTradeの特徴です。




「アヴァトレード・ジャパン」の口座開設をする