bybit

Bybitは、2018年12月に設立されて、BVI(イギリス領ヴァージン諸島)に法人登録された仮想通貨デリバティブ取引プラットフォーム(仮想通貨取引所)です。

Bybitは、シンガポールに本社があります。北アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、日本、韓国、東南アジアを含む世界中から120万人以上のトレーダーがBybitを利用しており、個人のクライアントからプロのデリバティブトレーダーに渡るすべてのクライアントにサービスを提供することに焦点を当てています。

24時間365日の多言語オンラインカスタマーサービスを提供して、リアルタイムでクライアントに質問に対して答えることができ、公正で透明で効率的な取引環境を提供しています。

また、ByBitは、日本語サポートにも対応しているので、日本人投資家は、日本語で安心して仮想通貨取引を行うことができます。

さらに、仮想通貨FX取引というレバレッジ取引に特化しているので、レバレッジは最大で100倍まで自由に設定できます。

追加証拠金が発生しないゼロカットシステムを採用しているので、仮想通貨特有の急激な価格変動によって、保有資産以上の損失を負うことは決してありません。

Bybitを利用するメリットBybitを利用するデメリット
  • クライアントの資金を完全に安全確保(ハッキングされる可能性なし)
  • マッチングは0.00001秒以内に約定完了
  • システム過負荷なし【1契約あたり10万TPS、マッチングエンジンは業界平均の10~20倍】
  • 高流動性【注文がサクサク通る】
  • 24時間365日のサービス
  • 高度な注文システムを掲載
  • 日本語を含む多言語対応が抜群にいいので言葉の心配がない
  • 100倍までのレバレッジを自由に選択
  • 世界130カ国以上のユーザーが利用中
  • BitCopyを利用してコピートレードができる
  • 米ドルやユーロなどの法定通貨で仮想通貨を購入できる
  • ボーナスプロモーションやトレードバトルなどを実施
  • コイン両替機能【コインを別のコインに直接交換可能】
  • 相互保険【付保した無期限契約ポジションに損失が発生すれば、補償金を受け取ることができる】
  • 日本円では入金できない
  • 日本円ではなく米ドルに換算して取引する必要がある
  • 取扱通貨の種類が少なめ
  • 現物取引はできない


2020年4月28日に、BitMEX(ビットメックス)が日本居住者向けサービスを終了してから、Bybitに移行したトレーダーがたくさんいます。

Bybitは、BitMEX(ビットメックス)とかなり類似した部分が多く、ボーナスプロモーションやトレードバトルなど独自のサービスも提供しています。

この記事では、Bybit(バイビット)に関する重要な内容を解説したので、ぜひ最後までお読みください。





ByBit(バイビット)の詳細について



取引所名Bybit Fintech Limited
設立年2018年12月1日
所在国シンガポール
住所40A Orchard Road, McDonald House, JustCo, SG 238838 Singapore
代表者Ben Zhou
取扱通貨BTC/ETH/XRP/EOS/USDT
取引手数料Maker:-0.025% / taker:0.075%
スマホアプリ対応
最大レバレッジ100倍
追証なし
取引方法レバレッジ取引
サポート対応言語英語、日本語、中国語、韓国語、ロシア語など


Bybitは2018年に設立された暗号通貨デリバティブプラットフォームです。 Bybitはシンガポールに本社を置くBVI(イギリス領ヴァージン諸島)に登録されており、香港と台湾にオフィスがあります。

Bybitは、北米、ヨーロッパ、ロシア、日本、韓国、東南アジアを含む世界中のユーザーがおり、個人のリテールクライアントからプロのデリバティブトレーダーまですべてのユーザーにサービスを提供することに注力しています。

Bybitの創設者兼CEOであるBen Zhouは、以前は、世界最大の外国為替およびCFD取引証券会社の1つであるXM Trading出身です。XM Tradingは、たくさんの日本人投資家が最も利用しているブローカーです。

ByBitは、投資銀行、テック企業、外国為替業界、およびブロックチェーンの早期導入者の専門家で構成されています。 開発チームには、モルガンスタンレー、Baidu、アリババ、テンセントなどの企業が含まれています。

ByBitはクライアントの意見に耳を傾け、取引環境を改善し、クライアントにとってより速く、公平で、より人道的な仮想通貨の取引環境を提供し続けています。

現在、Bybitは、仮想通貨デリバティブの分野で最も信頼され、信頼性があり、透過的な暗号通貨デリバティブプラットフォームの1つになりました。



ByBitの最新情報








ByBitでは、様々なキャンペーンを実施!



bybit

ByBitでは、様々なキャンペーンを実施しています。定期的に開催されるボーナスプロモーションや、新規口座開設者向けの入金ボーナスなど、様々なボーナスプロモーションを実施しています!

入会お祝い金



bybit
bybit

Bybitでは、「Bybit入会お祝い金」というプロモーションを実施しています。

口座開設を済ませた新規口座開設者に、ビットコインをプレゼントしています。

Bybitのボーナスは、取引の証拠金および取引損失を穴埋めするため、そして、取引手数料削減に利用することできます。

ボーナスは、ユーザー自身の資金を使う前に、取引損失と手数料を穴埋めするために利用することができます。新規ユーザーは、いきなり自分自身の資金を利用するという「リスク」をボーナスを利用してノーリスクで、試しにBybitで、リアルな仮想通貨取引を体験することができます。

新規ユーザーは、Telegramグループに加入するか、ソーシャルメディアでBybitをフォローするか、利食い・損切りを使った取引をするかでボーナスがもらえます。ボーナスは出金できませんが、ボーナスを利用した取引から得られた収益は出金できます。

ボーナスは取引の証拠金として使えますが、ボーナスそのものは出金できません。ボーナスを使って得られた利益は、出金できます。ボーナスはもらってから21日後、自動的に失効となりますので、21日以内に取引するために口座をアクティブ化させてください。アクティブ化は取引することによって、自動的に口座がアクティブになります。

一度アクティブ化されると、期間切れになりません。ボーナスがアクティブ化されていない場合、期限切れの7日前にお知らせが届きます。

Bybitでは、クーポンサービスがあります。このクーポンは、取引手数料を差し引くのに利用できます。取引手数料が差し引かれる時、ユーザー自身の資金を使う前に、クーポンを利用することによって、取引手数料を節約できます。

初回入金クーポンを申請するためには、BTC/ETH/EOS/XRPのいずれかを初回入金として入金できます。初回入金がクーポンの要件額にあっていれば、入金したのと同じ種類のコインでクーポンが得られます。

クーポンは、保有口座への初回入金のみが対象です。同じ種類のコインを使った引き続いての入金や他種のコインでの先だった入金は、クーポン対象外となります。

ボーナスやクーポンの残高や反映をチェックするためには、クライアントポータルの「資産」ページに行ってください。ボーナスは「ウォレットの残高」に含まれています。

また、ボーナスやクーポンは、通常2営業日以内に振り込まれます。ボーナス/クーポンがアカウントに振り込まれていないとき、24時間年中無休で運営しているカスタマーサポートのライブチャットへ連絡してください。

Bybitが開催するキャンペーンは、いつまで開催するのか、明確に定まっていません。そのため、突然キャンペーンが終了することもあります。 口座開設をした人は、キャンペーンの受け取って取引しましょう。ボーナスは上記でも述べたように、もらってから21日後に、自動的に消滅するので、21日以内に取引してください。



様々なプロモーションも実施



Bybit(バイビット)では、ユニークなプロモーションも定期的に実施しています!
この章では、いくつかのプロモーションの事例を挙げたいと思います。

Bybit USDT エアドロップ:最大 1000 USDTボーナス



bybit-promotion

Bybit では、USDT 無期限契約のサービス開始を記念して、USDT エアドロップイベントが 2020年4 月 13 日に開催されました。

参加者には最大 1,000 USDT プレゼントをもらうことができました。

USDT エアドロップの予約は2020年 4 月 9 日に開始され、予約した参加者は 20% 増の USDT 予約追加プレゼントがもらえるというプロモーションを実施していました!

USDT プレゼントがもらえる 4 つのエアドロップイベントとは以下の内容でした。

エアドロップ 1:BTC ウォレットボーナス(50 USDT ボーナス+予約で 20% 増)

エアドロップ 2:USDT ウォレットクーポン(60 USDT クーポン+予約で 20% 増)

エアドロップ 3:Bybit ご意見番(500 USDT ボーナス& Bybit 記念シルバーコイン)

エアドロップ 4:USDT 取引ボーナス(最大 1000 USDT)

Bybitご意見番(MVF)募集中!



bybit

Bybitはユーザーからの意見を大切にし、プロダクト、サービスの改良、改善をしています。より良いサービスを提供するため、「Bybitご意見番」を募集しています!

「Bybitご意見番募集企画」は、上記で述べたUSDTエアドロップ企画の第三弾の一環として実施しています。ユーザーからのご意見、アイディアは、プラットフォームの機能強化、新機能実装、取引体験の改善などにつながってきました。

貴重なフィードバックを提供してユーザーに感謝の気持ちを込めて、お得な特典を用意しています。

ご意見番募集企画において、世界中からお寄せ頂いたご意見、アイディアの中で最も評価された10名様に、Bybit記念シルバーコイン及び500ドルUSDTボーナスをプレゼントします。



Bybitご意見番特典

・Bybit記念シルバーコイン

・500ドルUSDTボーナス

・BybitMVFテレグラムグループ(英語のみ)に招待

 Bybitご意見番になリましたら、チームから連絡され、招待専用のBybitMVFテレグラムグループ(英語のみ)に参加できます。

BybitMVFテレグラムグールプの参加特典

・リリースの前に、優先的にBybitの新機能をテスト

・優先的にBybit研究報告を閲覧

・直接プロダクトマネージャーとカスタマーサービスチームに連絡することができる

・貴重なフィードバックをシェアすることで、さらにボーナスを獲得することができる

是非、Bybitのご意見番になって、USDT無期限契約に関するご意見やアイディアをシェアしてください。

公式TwitterおよびTelegramをフォローすると、イベント、キャンペーン情報を入手してください。



Bybit (バイビット) が提供するレバレッジとは?



レバレッジ取引とは、口座残高よりもはるかに大きな金融資産を売り買いできる取引形態です。証拠金の最大100倍の取引をすることで利益と損失の可能性は共に飛躍的に増大します。一方で、必要証拠金とは、レバレッジを使用してポジションを建てるのに必要な口座残高をいいます。

Bybitでは、リスク制限により利用可能なレバレッジが増減し、保有するポジションサイズが大きいほど、利用可能レバレッジが低くなります。つまり、保有するポジションサイズに応じて必要とされる必要証拠金が増加します。維持証拠金基本率は、BTCが0.5%、ETH、EOS、XRPが1%で、証拠金要件は、リスク制限の変動に応じて増減します。

リスク制限は、トレーダーの損失リスクを制限するためのリスク管理手段です。レバレッジの高い大口ポジションは、変動の激しい市場で強制決済されると大きな契約損失を引き起こす可能性があります。保険基金が枯渇し損失を補填するのに不十分である状況下で、ポジションを完全に強制決済することができない場合には、自動レバレッジ (ADL)システムが始動されます。大口ポジションのトレーダーは、取引所の他のトレーダーに対して自動レバレッジ(ADL)を作動させるリスクを高めます。自動レバレッジ(ADL)が発生する可能性を最小限に抑えるために、Bybitでは保有ポジション価額に応じてすべての取引アカウントにリスク制限を課しています。

Bybitは、価額の大きなポジションが強制決済される可能性を軽減するため、全ての取引アカウントにリスク制限を使用しています。それぞれの契約には、リスク制限の基本値と増分値があります。

ポジション契約価額が増加すると、維持証拠金と必要証拠金要件も増加します。

ユーザーは、[資産概要]パネルから、リスク制限の増減を選択できます。 Bybitのデフォルトのリスク制限レベルは、常に最低のリスク制限レベルから始まります。

Bybitは数値の高いリスク制限を利用しているユーザーのために段階的な強制決済プロセスを施し、全てのポジションが強制決済されることを避けるため、自動的に証拠金要件を減少させようとします。

詳細については以下の表を参照して下さい。

リスク制限表
契約リスク制限基本値リスク制限増分値維持証拠金基本値維持証拠金増分値必要証拠金基本値必要証拠金増分値
BTCUSD150BTC150BTC0.5%0.5%1%0.5%
ETHUSD3000ETH3000ETH1%0.5%2%1%
EOSUSD50000EOS50000EOS1%0.5%2%1%
XRPUSD750000XRP750000XRP1% 0.5%2%1%


計算式一例 ポジション価額4,000ETHの取引の場合;

用語計算式ETHUSD(ポジション総額4000 ETHなので、制限一倍が課される
新リスク制限(RL)RL 基本値 +(増分数*RL増分値)3000 + (1×3000)= 6000 ETH
新維持証拠金(MM) % MM 基本値 + (増分数×MM 増分値)1% + (1×0.5%)= 1.5%
新必要証拠金(IM)%IM 基本値 + (増分数×IM 増分値)2% + (1×1%)= 3%
新維持証拠金総額新 MM%× ポジション総額1.5%×4000 = 60 ETH



BTCUSDのリスク制限
ポジション価額維持証拠金必要証拠金最大レバレッジ
150 BTC0.5%1.00%100
300 BTC1.0%1.50%66
450 BTC1.5%2.00%50
600 BTC2.0%2.50%40
750 BTC2.5%3.00%33
900 BTC3.0%3.50%28
1050 BTC3.5%4.00%25
1200 BTC4.0%4.50% 22
1350 BTC4.5%5.00%20
1500 BTC5.0%5.50%18


ETHUSDのリスク制限
ポジション価額維持証拠金必要証拠金最大レバレッジ
3000 ETH1.0%2.00%50
6000 ETH1.5%3.00%33
9000 ETH2.0%4.00%25
12000 ETH2.5%5.00%20
15000 ETH3.0%6.00%17
18000 ETH3.5%7.00%14
21000ETH4.0%8.00%13
24000 ETH4.5%9.00%11
27000 ETH5.0%10.00%10
30000 ETH5.5%11.00%9



EOSUSDのリスク制限
ポジション価額維持証拠金必要証拠金最大レバレッジ
50000 EOS1.0%2.00%50
100000 EOS1.5%3.00%33
150000 EOS2.0%4.00%25
200000 EOS2.5%5.00%20
250000 EOS3.0%6.00%17
300000 EOS3.5%7.00%14
350000 EOS4.0%8.00%13
400000 EOS4.5%9.00%11
450000 EOS5.0%10.00%10
500000 EOS5.5%11.00%9


ETHXRPのリスク制限
ポジション価額 維持証拠金必要証拠金最大レバレッジ
750000 XRP1.0%2.00%50
1500000 XRP1.5%3.00%33
2250000 XRP2.0%4.00%25
3000000 XRP2.5%5.00%20
3750000 XRP3.0%6.00%17
4500000 XRP3.5%7.00%14
5250000 XRP4.0%8.00%13
6000000 XRP4.5%9.00%11
6750000 XRP5.0%10.00%10
7500000 XRP5.5%11.00%9




Bybit (バイビット) には追証がない



追証とは、追加証拠金の略で、読み方は「おいしょう」です。取引中に追加で支払う証拠金を意味しています。

証拠金取引では、証拠金を担保に、取引所から同金額のお金を借りた状態で取引します。
自分の資産の数倍から数十倍の額面で取引ができるため、資金効率がとてもいいですが、逆に損失が膨らんでしまうこともあります。

つまり、10万円の証拠金を入れていたのに、それが無くなるどころか、追加入金の支払いを求められることもあります。

しかし、bybitでは、トレーダーが持っているポジションのマイナス方向に価格が動いた場合、ロスカット(清算, ストップアウト)機能が作動され、口座がゼロに自動で調整されて、マイナス分はゼロカットされます。

これは、持っている証拠金以上の損失がでないように、ユーザーを保護する観点で備えられた機能です。

これはポジションを持った際に、以下のように必ず「清算価格」というページで、その価格を確認することができます。

bybit


上記の図における赤い枠が清算価格です。

持っているポジションがいくらで清算(ロスカット)されてしまうか常に表示されます。
追証制度を採用している取引所を使うと、このロスカット機能が本来清算されるはずの価格よりも大分離れたところで約定してしまった場合、証拠金以上のマイナスを生む可能性があります。

しかしbybitには、追証制度はありません。

追証制度がないので、借金をすることはありません。初心者の方は特に追証制度がない取引所を選んでください。



Bybit (バイビット) のロスカット(ストップアウト)システムとは?



強制決済(ロスカット, ストップアウト)時に、強制決済されたポジションは、破産価格で決済されます。破産価格とは、必要証拠金がゼロになる価格です。これは、トレーダーがポジションの証拠金を全て失ったことを意味します。

強制決済ポジションの最終強制決済価格が破産価格よりも高い場合、差額は保険基金に送られます。 逆に、強制決済ポジションの最終強制決済価格が破産価格よりも低い場合、保険基金が損失差額を補填します。

破産価格は、ポジションを解消するための手数料を計算するためにも使用され、注文コストに反映されます。

破産価格とは、必要証拠金がゼロになる価格で、以下の計算式より算出できます。

・分離マージン

ロングポジションの場合
\[ 破産価格=参入価格 \times \frac{\text{レバレッジ}}{(レバレッジ+1)} \]

ショートポジションの場合
\[ 破産価格=参入価格 \times \frac{レバレッジ }{(レバレッジ-1)} \]

・クロスマージン方式

ロングポジションの場合
\[ 破産価格=\frac{1.00075\times 契約数}{ \frac{契約数}{平均参入価格} +(資金残高-注文証拠金)} \]

ショートポジションの場合
\[ 破産価格=\frac{0.99925 \times 契約数}{ \frac{契約数}{平均参入価格} -(資金残高-注文証拠金)} \]



Bybitだけに備わっている「保険基金」が魅力的



また、bybitでは、その「清算価格」よりも不利な価格で約定してしまった場合、「保険基金」という制度があります。

ここで、Bybitの保険基金とは、清算時に何らかの理由で破産価格よりも不利な価格で決済されてしまった場合に、破産価格と決済価格の差を埋める保険資金のことをいいます。

強制決済ポジションを破産価格よりも有利な価格で決済できる場合、残余証拠金はBybitの保険基金に追加されます。強制決済ポジションを破産価格よりも有利な価格で決済できない場合、保険基金を使用して損失を補填します。 保険基金が不足している場合、自動デレバレッジ(ADL)が発動されます。

Bybitでは、トレーダーの自動デレバレッジを回避するために保険基金を使用しています。

独自のシステム「保険基金」をBybitは適用しているので、ユーザーは破産価格よりも不利な価格で決済されることがなくなり、損失を必要最小限に抑えることができます。

この保険基金は、ポジションを決済したときの「最終清算価格」と「破産価格」の価格差に応じて増えたり減ったりする仕組みになっています。

保険基金の仕組み


  • 破産価格よりも有利な価格で清算された場合、残りの証拠金残金が保険基金に寄付される
  • 破産価格よりも不利な価格で清算された場合、マイナスとなる契約損失は保険基金で補填される


Bybit (バイビット) が提供する取引ツール



メインツール名Bybit original
注文方法の詳細成行・指値・条件付き注文・利食注文・損切注文
テクニカル指標数70種類以上
チャート数1
チャートTradingView


世界中の投資家は、市場の情報を手に入れたり、通貨や株価、仮想通貨といった金融資産の情報を手に入れるために、「Trading View」を利用しています。ByBitでは、「Trading View」と呼ばれるチャートを採用しています。とても使いやすく、インジケーターの種類がたくさんあるので、分析しやすいのが特徴です。

tradingview

戦略アラートが魅力的



Bybitの取引ツールで人気を博しているのが、「スマート戦略アラート」です。これは、Bybitがトレーダーに提供するカスタム戦略のアラートツールです。

例えば、「BTCUSD価格が10000を超える」などの市場がアラート設定目標を達成すると、Bybitは、それをユーザーにすぐに通知してくれるので、売買したい価格を逃すことはありません。

無期限契約市場における高いボラティリティを考慮して、いつ市場に参入、そして撤退するかを効果的に決定することは、トレーダーにとって必須です。

良い参入、決済のチャンスを特定することによって、トレーダーはより多くの利益を得たり、損失を減らすことができます。

Bybitの「スマート戦略アラート」には、価格アラート、トレンド追跡、ローカルピボット、市場熱量の4種類の戦略が用意されています。

また、Bybitはカスタム設定に高い自由度を提供し、トレーダーは戦略方法に応じて排他的な戦略的アラートを作成できます。



Bybitのセキュリティー・安全性について



bybit

セキュリティ問題は、Bybit内で重視されています。取引プラットフォーム自体のリスクマネジメント計画とセキュリティの実践を結び付け、Bybitがどのようにユーザーの暗号資産の安全を保障しているかを説明します。

デリバティブに特化しているので、政治的リスクがない



Bybitは、世界130ヶ国、120万人以上のユーザーが利用しています。ByBitのビジネスモデルは、デリバティブ取引を専門とし、暗号資産の通貨属性系取引や証券属性系のICO・IEOといった最大の政治的リスクを根本から隔絶しています。

Bybitは、デリバティブ取引に特化したサービスを提供しています。現在、世界の暗号資産の監視は万全ではありませんが、全ての国において政治的リスクは永遠に、暗号資産取引プラットフォームが直面する最大の課題です。

Bybitは、ICO・IEOといった最大の政治的リスクを根本から隔絶しているので、Bybitは、暗号資産デリバティブ取引者にとって、専門的デリバティブ取引プラットフォームが、総合的な取引プラットフォームと比べ、より信頼に値します。

セキュリティの投資に積極的



安全への投資は、プラットフォームの安全保障の覚悟と能力の向上、ユーザーへの信頼向上にとても重要です。一般的に、インターネット業界では通常10%前後の高めで、金融業界では大体5~8%程度、その他の業界では4%未満の場合もあります。暗号資産業界では、多くのプラットフォームが15%以上に達しています。

Bybitの現在の安全への投資の比率は約20%で、今後25~30%に達する見込みです。

コールドウォーレットを採用



このほか、ウォレットのセキュリティもユーザーが主に注目する点です。多くの暗号資産取引プラットフォームがハッキングなどの盗難事件に遭遇していますが、事件が起きた取引プラットフォームは基本的にすべて「ホットウォレット」を使用しています。

このためBybitでは「ホットウォレット」を用いず、階層的決定性であるコールドウォレットシステムを自ら構築し、ユーザーに提供するチャージ用アドレスはすべてコールドウォレットのアドレスで、資金の集約と出金はオフラインでの署名により完成します。

まず、ユーザーの資産の安全を第一に考え、さらに安全と効率のバランスがとれるよう努力しています。

出金回数の制限



1日3回手動で出金申請の審査処理を行い、ユーザーは8時間に1回出金を行うことができます。Bybitは一部のユーザーエクスペリエンスを犠牲にしてでも、絶対にユーザーの資産の安全を保証しています。

Bybitでは、UTCの08:00,16:00, 24:00の一日3回出金処理を行っています。 􏰀日本時間では、17:00, 01:00, 09:00となります。

資金の内部管理制度プロセスでは、出金手順においてBybit内部で少なくとも3回のリスク管理審査を実施しています。資金のコールドウォレットへの集約は業界で最も厳しい基準を遵守しており、物理環境安全、システム安全、暗号化技術、操作認証、安全監査監視等の安全を確保します。

ハッカー侵入を防ぐセキュリティーシステムを採用



ハッカーによるセキュリティの脅威に対抗するため、Bybitにはもう一つ非常に重要なハッカー潜入検査セキュリティシステムがあり、三つの次元に分けて実施しています。

・まず、社内のソフトウェアのセキュリティライフサイクルプロセスについて、安全部が試験を行います。

・次に、業界内の著名な業者を招いて安全潜入検査を行います。

・最後に、ホワイトハットコミュニティ賞金計画を通じて、異なる得意分野を持つ専門家に参加してもらい、さまざまな角度から脆弱性を発見し、セキュリティをさらに強固なものにしています。

ゼロトラストセキュリティアーキテクチャも、Bybitの重要な技術ロードマップの一つであり、この技術については難題が多く、かつ持続的な構築が必要ですが、Bybitはゼロトラストセキュリティアーキテクチャにも多額の投資をしています。

セキュリティシステムの管理



セキュリティシステムの管理には、さらにユーザーのプライバシー保護と情報セキュリティが含まれます。Bybitは専門的なセキュリティチームを設け、新規登録から、ログイン、取引、プラットフォームとのインタラクションまでの全過程で、ユーザーのアカウント情報(例えば、すべてのアカウントに対する強制的なGoogle認証の使用など)、取引情報、個人のプライバシーを保護しています。

プラットフォーム自体のセキュリティの内部統制に関しては、Bybitの従業員全員に対して、必ず厳格な身辺調査を行い、定期的な安全意識・技能研修への強制参加とセキュリティ審査を要求しています。

またオフィス環境、システム権限、業務プロセスにおいて、金融機関最適レベルの職務分掌(SOD)を実践することで、管理目標を達成しています。

Bybitは自らの高度なセキュリティシステムと厳格なリスク管理プロセスを拠り所に、ユーザーのすべての仮想通貨資産を確実に保護しています。

上記に述べたセキュリティーに対する投資と責任感があるので、Bybitはユーザーに対して、ユーザー自身の原因によらず招いたプラットフォームでの資産のセキュリティに関するあらゆる損失を全額補償することができます。



BitCopyを使ってコピートレードができる



bitcopy

BitCopyは、多数の優秀なトレーダーの中から選択したトレーダーの売買をユーザーが利用している仮想通貨取引所の口座にコピーするサードパーティーサービスです。

bitcopy

大手仮想通貨取引所であるBybitと提携しているので、無料でBitCopyを利用する事ができます。無料で利用することができます。面倒な手続きは必要ありません。トレーダーを選択すればあとは放置していても、24時間自動でユーザーの口座でトレーダーの売買が行われます。

利用手順も簡単なので、仮想通貨投資初心者の方も気軽に利用できます。

また、BitCopyは複数のトレーダーを同一口座でフォローする事ができます。優秀なトレーダーや自動売買システム(BOT)が多数登録されています。気に入ったトレーダー/自動売買システムを好きなだけフォローできます。有名トレーダーや優秀な自動売買システムも多数登録されているので試してみて下さい。

bitcopy

パフォーマンの良いトレーダーや自動売買ロジックを複数選択できるので分散効果によるリスク低減と安定運用を狙えます。

自動売買を利用する上で気をつけたいのがリスク分散です。

どんな優秀なトレーダー、ロジックも100%勝てるわけではありません。1つのロジックだけを動かすとマイナスの期間に運用を続けるのが難しくなることがあります。ドローダウンが発生した際にうまくコントロールする力が必要なのです。



また、英語、日本語スタッフによる手厚いサポートを実施しております。サポートには力を入れてますのでご不明な点やご要望は以下からお問い合わせ下さい。



まだ、Bybitの口座を持っていない人は、以下からBybitの口座開設をして、BitCopyをご利用下さい。



Bybitの各種手数料について



取引手数料



執行された注文ごとに、取引手数料が発生します。

取引手数料は資産残高から差し引かれます。注文の必要証拠金には影響しません。
流動性を提供し、取引板の厚みを拡大するマーケットメイカーは、Bybitからメイカー報酬(マイナス表示された取引手数料)を受け取ります。

流動性と即時性を求めるマーケットテイカーは、取引手数料(プラス表示された取引手数料)が課金されます。

インバース型無期限契約最大レバレッジ倍数メイカー報酬 テイカー取引手数料
BTC/USD100x-0.025%0.075%
ETH/USD50x-0.025%0.075%
XRP/USD50x-0.025%0.075%
EOS/USD 50x-0.025%0.075%


「取引履歴」では、プラスの手数料率はテイカー取引手数料の支払いを示し、マイナスの手数料率はメイカー報酬の受け取りを示します。

インバース型無期限契約での取引手数料計算式は以下となります。

\[ 取引手数料 = 注文価額 \times 取引手数料率 \]
\[ 注文価額=\frac{数量}{執行価格} \]

インバース型無期限契約の取引手数料の具体例

・トレーダーAは成行注文を使用して10,000 BTC/USDを購入。
・トレーダーBは指値注文を使用して10,000 BTC/USD契約を売却。

執行価格が8,000米ドル(USD)であると仮定した場合、

\[トレーダー\text{A}の取引手数料 = \frac{10,000}{8,000} \times 0.075 \%= 0.0009375 \text{BTC} \]
\[トレーダー\text{B}のメイカー報酬= \frac{10,000}{8,000 } \times -0.025 \%= -0.0003125 \text{BTC} \]

したがって、約定時に、トレーダーAは、0.0009375 BTCの取引手数料を支払い、トレーダーBは0.0003125 BTCのメイカー報酬を受け取ることになります。

USDT(米ドルテザー)無期限契約での取引手数料についての詳細は以下となります。

USDT無期限契約最大レバレッジ倍率メイカー報酬取引手数料
BTC/USDT100x -0.025%0.075%


「取引履歴」では、プラスの手数料率はテイカー取引手数料の支払いを示し、マイナスの手数料率はメイカー報酬の受け取りを示します。

USDT(米ドルテザー)無期限契約の取引手数料計算式は、以下となります。

\[ 取引手数料=注文価額 \times 取引手数料率 \]
\[ 注文額=数量 \times 執行価格 \]

USDT無期限契約の取引手数料の具体例

・トレーダーAは成行注文を使用して10 BTCを購入
・トレーダーBは指値注文を使用して10 BTCを売却

約定価格が8000 USDT(米ドルテザー)であると仮定すると、

\[ トレーダー\text{A}の取引手数料= 10 \times 8000 \times 0.075%= 60 \text{USDT} \]
\[ トレーダー\text{B}のメイカー報酬= 10 \times 8000 \times -0.025%= -20 \text{USDT} \]

約定する時に、トレーダーAは、60 USDTのテイカー料金を支払い、トレーダーBは、20 USDTのメイカー報酬を受け取ります。

口座開設手数料



口座開設費無料
口座維持費無料


Bybitで口座開設費、口座維持費全て無料です。

入出金手数料



Bybitは残念ながらまだ日本円の入出金に対応していません(今後は日本円にも対応する予定だそうです)。仮想通貨取引所から仮想通貨を送金して、取引を行うか、米ドルなどの外貨に変換してBybitで仮想通貨を購入する必要があります。

ByBitで稼いだ利益を「出金」する時、「ビットコインによる出金のみ」となっています。

つまり、「米ドル」を基軸通貨とするトレードで稼いでも、その「ドル」を再びビットコインに換金しなければなりません。

その際、ビットコインからドルへの換金にも、ドルからビットコインへの換金にも手数料がかかる形になっています。

仮想通貨取引所に関して一番おすすめの取引所は、アンケートに答えるだけで無料でビットコインをもらえたり、面白いキャンペーンを実施したりしている非常に便利な仮想通貨ウォーレット「BXONE(ビーエックスワン)」です。




Bybitでは、入金・出金とも、手数料は発生しませんが、それぞれの送金に発生するブロックチェーンマイニング料金に注意してください。 Bybitからの出金については、以下の表を参照してください。

通貨 BTC ETH EOS XRP
最低入金額 なし なしなし なし
最低出金額 0.002BTC0.02ETH 0.2EOS 20XRP
マイニング手数料 0.0005BTC0.01ETH 0.1EOS 0.25XRP