FBSを取引すると、レバレッジ3000倍まで利用できるので、少額から資金を増やすチャンスをつかむことができます。

FBSを取引するとき、まず最初に、取引プラットフォームの選択しなければなりません。

FBSでは、世界中で一番使われている「MetaTrader4」、更新された「MetaTrader5」、そして、最新のFBS Traderアプリケーションを含む3つの取引プラットフォームを提供しています。

取引プラットフォームは、銀行などの金融会社と為替取引を仲介する証券会社で取引できるようにするソフトウェアです。取引プラットフォームを使うと、為替市場で取引を行うために、取引ストラテジーを開発したりEAという自動売買をできたりします。また、取引プラットフォームでは、自分のパフォーマンスを分析することもできます。

情報技術の絶え間ない進歩により、FBSのユーザーがプラットフォームの独特な機能から利益を得ることができます。FBSで取引するとき、「MetaTrader4」、「MetaTrader5」、「FBS Trader」のうち、どのプラットフォームが最適なのかを調べてみましょう。



こちらからFBSの口座開設をする


MetaTrader 4


metatrader4logos


metatrader4logos


MetaTrader 4(MT4)は、世界中のトレーダーに一番たくさん利用されていて、プラットフォームの扱い方が理解しやすく、すべてのトレーダーの基本的なニーズを満たし、伝統的で、少なくとも70%のトレーダーから高く評価されています。しかし、MT4は、メモリの消費量が低いかわりに、動作スピードは少し遅く感じられます。

MetaTrader 4(MT4)は、2005年に初めて導入され、14年以上ずっとあらゆる幅広い層のトレーダーや機関投資家のような専門知識の持つトレーダーまで最も多くダウンロードしたソフトウェアです。かなりマニアックな取引をするつもりがないならば、MT4は、トレーダーの期待を上回ることは間違いありません。MT4は、市場で取引するときに、利益を手に入れるための必要となる完全な標準の取引プラットフォームです。

MetaTrader 4(MT4)は、利用するのに比較的簡単ですが、幅広い機能を提供し、プロフェッショナルな印象を与えます。また、MT4には、近未来の値動きを予測するのに役立つ30種類のテクニカル指標 や、手動で適用される24種類の解析オブジェクトを利用できます。

また、トレンドラインを完全に表示するには、最大9つの時間枠を使用できます。最長の時間枠は1か月です。これにより、市場での行動を体系化し、長期取引計画を立てることができます。また、カスタマイズ可能なアラートと市場ニュースにより、最新の情報を入手できます。

特に、MT4のマニアックなインディケーターを使いたい場合や、EA(自動売買)取引を利用して自動売買を行いたい方は、MT4をお勧めします。


MT4の特徴の概要


  • エキスパート・アドバイザー、内蔵型及び顧客仕様のインジケータに対応

  • ワンクリック取引

  • ストリーミングニュース

  • 50以上のインジケータ及びチャートツールを持つ完全なテクニカル分析

  • 大量の注文に対応

  • 異なった時間軸で、顧客仕様の様々なインジケータを作成

  • 履歴データベースの管理、及び履歴データのエクスポート/インポート

  • フルデータ・バックアップと安全性を保証

  • 内部メールシステム

  • メタトレーダー4 とMetaquotes Language 4のための内蔵ヘルプガイド




Windows用のMT4のDownloadはこちら


iOS用のMT4のDownloadはこちら


Android用のMT4のDownloadはこちら


MT4 ウェブトレーダーはこちらから


MT4 マルチ ターミナルのDownloadはこちら


Mac対応のMT4はこちらから


MetaTrader 5


metatrader5logos


metatrader4logos


MT5は、MT4に装備されていなかった新機能や、より一般的でない要素を装備している十分な専門知識を持っていない人々からの慎重さを必要とする高性能のプラットフォームです。

2010年に開発されたMT5は、MT4のアップデートとは異なり、株式取引、先物、商品などの様々な金融取引ができる取引プラットフォームとして使用されています。さらに、MT4を動かすプログラミング言語MQL4とは異なり、MT5を動かすプログラミング言語はMQL5なので、MT4専用のEAといった自動売買ツールはMT5では利用できません。したがって、裁量取引が主流のトレーダーにはMT5の方が使い勝手がいいでしょう。しかし、MT5に対応しているEA(自動売買ツール)もMT4ほどは多くはなくても、既に開発されているものもそれなりにあります。

さらに、MetaTrader 5には、特により高度な取引を行いたいトレーダーには非常に使い勝手がいい便利な機能がたくさんありますし、使いやすさと動作スピードがMT4よりもずば抜けて格段に良くなっています。また、cTraderのように、為替取引をするときの板情報も閲覧できます。

MetaTrader 5には、理想的な取引戦略の作成に役立つ38種類のテクニカル指標が装備されています。また、バーチャート、ローソク足、ラインチャートの中からお好みに合わせてチャートを組み合わせてカスタマイズできます。異なる時間枠で21種類のチャートを表示でき、最も短い期間が1分足となります。46種類の分析オブジェクトと組み合わせることで、より詳細な分析を行い、市場の専門家として取引を計画することができます。


MT5の特徴の概要


  • エキスパート・アドバイザー、内蔵型及び顧客仕様のインジケータに対応(MT4よりは少なめ)

  • ワンクリック取引

  • ストリーミングニュース

  • 50以上のインジケータ及びチャートツールを持つ完全なテクニカル分析

  • 大量の注文に対応

  • 異なった時間軸で、顧客仕様の様々なインジケータを作成

  • 履歴データベースの管理、及び履歴データのエクスポート/インポート

  • フルデータ・バックアップと安全性を保証

  • 内部メールシステム

  • メタトレーダー5 とMetaquotes Language 5のための内蔵ヘルプガイド

  • 動作スピードがかなり速い

  • 分足・時間足の表示がMT4より12種類も多い

  • 気配値ウィンドウがMT4より使いやすく、プライスボードで板情報が見える





Windows用のMT5はこちらから


iOS用のMT5はこちらから


Android用のMT5はこちらから


MT5ウェブトレーダーはこちらから


Mac用のMT5はこちらから


FBS Trader


fbstrader



FBS Traderは、シンプルなソリューションであるにもかかわらず、取引を成功させるために必要なツールをすべて備えた完全なソフトウェアです。FBS Traderでは、50以上の通貨ペア、金属 など、最も人気のある取引商品をトレードできます。インターフェイスも自分が好きなようにカスタマイズできます。

各取引商品ごとの重要な情報は、重要な取引パラメータとチャートを含め、1つの画面にまとめられています。 日々の価格変動は、相互形式であり、買い/売りはワンクリックですぐに決済できます。

取引中に問題が発生した場合は、チャットで24時間365日対応の日本語を含めた多言語サポートチームに問い合わせしてください。

すべての注文と取引が便利に整理され、すぐに詳細を確認することができます。FBSトレーダーを使用すると、すぐに市場に参入して、ゼロから取引を開始するリソースがすべてあります。必要とはしない機能と複雑なインタフェースを混乱させることもありません。FBS Traderは、分かりやすく簡潔でデイトレーダーの主なニーズに合う取引プラットフォームです。


FBS Traderの特徴の概要


  • 迅速な入出金

  • 100以上のポジション決済ができる

  • リアルタイムの利益獲得・ストップロスの情報

  • 最も正確な為替レート

  • MT4/MT5よりも操作が難しくない




FBS Traderのダウンロードはこちらから


取引プラットフォーム比較


FBS TraderMT4MT5
インタフェース直感的、多機能、カスタマイズ可能シンプルでカスタマイズ可能カスタマイズ可能でレイアウトの機能が強化
時間枠9921
取引可能な商品通貨ペア通貨ペア、金属、CFD、先物通貨ペア、金属、CFD、先物、株式取引
ヘッジング機能ヘッジングのみ可能ヘッジングのみ可能・ヘッジング可能
・ネッティング可能
テクニカル指標の種類なし30種類38種類
取引シグナルなしありあり
解析オブジェクト数なし2346
チャート

ローソク足

ラインチャート

バーチャート

ローソク足

ラインチャート

バーチャート

ローソク足

ラインチャート

注文種類

2つのマーケット注文

4つのペンディング注文

2つのストップ注文

2つのマーケット注文

4つのペンディング注文

2つのストップ注文

2つのマーケット注文

6つのペンディング注文

2つのストップ注文

24時間365日対応の多言語サポートありありあり
価格無料無料無料


まとめ




この記事では、FBSが提供する取引プラットフォーム「MetaTrader4」、「MetaTrader5」、「FBS Trader」の特徴をまとめてみました。
FBS Traderは、どこでも気軽にスマートフォンやタブレットで、市場に参集して取引できるスマートフォン専用の取引プラットフォームです。複雑なインターフェースと利用しない機能で気が紛れないので、価格変動に集中して取引することができます。

MT4は、全ての提供されている取引プラットフォーム中で一番世界中で利用されている取引プラットフォームであり、人気の高いです。EAなどの自動売買をたくさん利用したいトレーダーにとって利用しやすいプラットフォームです。

MT5は、様々分析をして主に手動で取引したい方に向いています。そして、MT5対応のEAは、MT4対応のEAほど数や種類は多くありませんので、自分自身でMT5のEAを開発したり、それを売りたい方にとっては、MT5のEAの開発や販売をするというビジネスに参入すると稼げるチャンスがたくさんあります。

MT4・MT5・FBS Traderの比較

・MT5が一番動作のスピードがダントツ速い

・MT5が一番時間足の表示が多くチャート分析が有利

・気配値、ナビゲーターウィンドウに関しては、MT5が一番便利で使いやすい

・カスタムインディケーター・EAの種類はMT4が一番多い

・パソコンやスマートフォンなどの機器の扱いに不慣れな人は、FBS Traderが一番使いやすい



FBSが提供するすべての取引プラットフォームは無料なので、自分のニーズと取引市場に合ったプラットフォームを選択してください。

FBSの概要





登録法人名FBS Markets Inc
設立年2009年
国・所在地No.1 Orchid Garden Street, Belmopan, Belize, C.A.
法人番号No.119717
金融投資ライセンスベリーズ:IFSC,キプロス CySEC, ロシア:CRFIN
預託証拠金の取り扱い
(分別管理、預託金保険)
信託分別管理
最大レバレッジ3000倍まで
初回入金額100円 (JPY), 1.00ドル (USD)
口座通貨建て EUR(ユーロ), USD(米ドル), JPY(日本円)
追証についてゼロカットシステムのため追証なし
マージンコール証拠金の40%以下
ストップアウト
(ロスカット)
証拠金の20%以下
取引モデルNDD, STP, ECN (リクオートなし)
FBS顧客サポート年中無休で日本語対応OK
口座の種類スタンダート口座,セント口座,マイクロ口座,
ゼロスプレッド口座, ECN口座
取引プラットフォームMT4, MT5, FBS Trader, ウェブトレーダー
(Windows, Mac, Android, Apple iOS対応)
入出金方法Visa, bitwallet, SticPay, PerfectMoney, JCB
取引可能な金融商品外国為替, 貴金属, CFD, 株式, Forex Exotic, 仮想通貨
仮想通貨Bitcoin, DASH, Ethereum, LiteCoin
FXの取り扱いペアAUD/CAD,AUD/CHF,CAD/JPY,
CHF/JPY, EUR/JPY, EUR/USD,GBP/JPY, NZD/JPY,
SGD/JPY,TRY/JPY,USD/CAD,USD/JPY,
USD/RUB,USD/ZAR,XAG/USD,XAU/USD
など計56ペア (取扱通貨ペア)
株式銘柄AMAZON, FACEBOOK, APPLE, CITIGROUP, GOOGLE, MCDONALDS, NETFLIXなど米国株式中心
表示桁数小数点第5位まで
取引単位1lotあたり100,000 通貨
最小取引単位0.01ロット
VPS無料で利用可能(条件あり)
ソーシャルトレードFBS Copy-Tradeというコピートレードプラットフォームあり


・リクオート(Requote)=注文したのに約定されないことや他のレートでの提示をしてくる現象

・NDD=No Dealing Desk, STP=Straight Through Processing, ECN=Electronic Communications Network

FBSでは、外国為替を取引するたびに、キャッシュバックがもらえるキャッシュバックサービスを実施しています。キャッシュバックサービスを利用したい方は、個人エリアで以下のように「キャッシュバックサービス」一つのチェックするだけで、さらなる収入を手に入れることができます。

fbscashbackactivatemethod

FBSを利用している人で、「キャッシュバックサービス」を利用するのを忘れた方は、即座にチャックしておきましょう!

取引銘柄とそのライブスプレッド一覧







fbsproductstable


こちらからFBSの口座開設をする