目次(Table of Contents)

税務署の混雑を避けられる!確定申告書を郵送するときの注意点


確定申告書の提出には、次の方法があります。

①e-Taxを利用して申告する。

②郵便、または信書便により、提出時の納税地を所轄する税務署に送付する。

③提出時の納税地を所轄する税務署の受付に持参する。税務署の運営時間外の場合、収受箱への投函により、提出することもできます。

この記事では、税務署に確定申告書を送付する時、郵送する場合におけるポイントと注意点について解説していきます。

税務署の混雑を避けられる!確定申告書を郵送するときの注意点


確定申告書を郵送するときの納税する場所がどこなのか?



1.一般的には住所がある場所になります。

つまり、国内に住所がある人は、その住所がある場所、住所地が納税地になります。住所とは、生活の本拠のことで、生活の本拠かどうかは客観的事実によって判定されます。

2.国内に住所がなくて居所がある人は、その居所地が納税地になります。

一般的に居所とは、相当期間継続して居住しているものの、その場所との結びつきが住所ほど密接でないもの、すなわち、そこがその者の生活の本拠であるというまでには至らない場所をいうものとされています。

3.亡くなった人の所得税の確定申告をする場合には、相続人の納税地ではなく、亡くなった人の死亡時の納税地となります。

納税地には、以下の2点の特例もあります。

・国内に住所のほかに居所がある人は、住所地ではなく居所地を納税地にすることができます。

・国内に住所または居所のいずれかがあり、しかも事業所などがある人は、住所地等ではなくその事業所などの所在地を納税地にすることもできます。

納税地の特例を受けようとする人は、いずれの場合にも、本来の納税地を所轄する税務署長に、納税地の特例を受けたい旨の届出書(所得税・消費税の納税地の変更に関する届出書)の提出が必要です。

確定申告書を送るときの「信書便」とは?


民間事業者による信書の送達に関する法律に規定する、一般信書便事業者または特定信書便事業者による信書便を言います。国の独占とされていた信書の送達事業について、民間事業者の参入が可能となっています。ただし、事業の開始には許可等が必要です。

また、確定申告書を郵便物・信書便物以外の荷物扱いで送付することはできないため、ゆうパックやゆうメール、ゆうパケットなどでは、信書を送付することはできません。

確定申告書を郵送するときの注意点7つ


確定申告書を郵送するときに一般的によく間違えやすい7つを以下に例示しました。確定申告書を郵送するときには注意をしましょう。

▼1.通信日付印に表示された日が提出日とみなされるため、早めに送付すること

通信日付印に表示された日が提出日とみなされるため、通信日付印が申告期限(3月中旬、2018年度の場合は、2019年3月15日の通信日付印)内となるように、早めに送付すること。

申告内容等に間違いがあった場合、訂正申告を提出する必要があるので、できるだけ早めに提出しましょう。

▼2.税務署に送付する場合には、郵便物(第一種郵便物)または信書便物として送付すること

税務上の申告書や申請書・届出書は信書に該当するため、税務署に送付する場合には、郵便物(第一種郵便物)または信書便物として送付する必要があること。つまり、郵便物・信書便物以外の荷物扱いで送付することはできないため、ゆうパック や ゆうメール、ゆうパケットなどでは、信書を送付することはできません。ゆうパックなどを使って提出してしまうケースもありますので注意しましょう。

▼3.申告書の控えに収受日付印の押印が必要な場合、返信用封筒を同封すること

申告書の控えに収受日付印の押印が必要な場合には、申告書の控えのほか返信用封筒を同封すると、受日付印のある申告書の控えが入手可能です。

返信用封筒には、返送先の宛名を記入し、所要額の切手を忘れずに貼付しましょう。なお、収受日付印は、収受の事実を確認するものであり、内容を証明するものではないため、注意が必要です。また、所得金額の証明が必要な場合には納税証明書を入手するなどの対応が必要となります。

提出した申告内容を確認する場合に、「控え」は重要となりますので、大切に保管しましょう。

▼4.確定申告書(「控え」も含む)への記載は鉛筆や消せるボールペンなどは使用しないこと

確定申告書(控えも含む)への記載は、ボールペン(消せるタイプは除く)や万年筆など、後で消せないものを使用すること。鉛筆や消せるボールペンなどは使用しないこと。

▼5.申告書等への印鑑の押し忘れをしないこと


▼6.記載事項や添付書類に記入漏れや入力ミスがないように、よく確認すること

▼7.送料は提出する側が負担します

送料は提出する側の負担となります。送料を負担をしたくない人は、時間外収受箱を利用してはいかがでしょうか。税務署の玄関付近に設けられているポストのようなものに投函できます。

提出まで自宅で確定申告を終えたい方はクラウド会計ソフトを利用しよう!


クラウド会計ソフトは、書類作成だけではなく、提出まで全てサポートするので、自宅で確定申告を終えることができます。したがって、わざわざ税務署に行く必要はありません。税務署に行って確定申告しても、税務署が税金に関して入力ミスをしても、基本的にそのミスに対して、取り合ってくれません。むしろ、そのミスを訂正することができないのです。

税務署側のミスを減らすためにも、確定申告するとき、税務署に行かずにクラウド会計ソフトを使ったほうが手間暇省けますし、自分が入力ミスをしない限り、間違って税金を多めに払ってしまうことはありません。

このBlogの管理人(私)は、税務署に行って確定申告するのではなく、クラウド会計ソフトを利用することを強くお勧めします。もし、入力を間違えても、自分の責任なので納得いきます。

クラウド会計ソフトfreee




freeeしかないメリット

①”スマホ”に完全対応

 -スマートフォン・タブレット専用アプリを用意。
 -領収書の管理〜確定申告までスマホで完結させることが可能です。
 -「スマホで申告まで完結できる」という手軽さが人気の理由です。

②会計・簿記の知識がいらない 初心者でも安心

 -銀行・クレジットカードと連携して自動処理
 -ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書類を作成


2016年11月現在では、100万人以上がfreeを利用しています。対応税理士・会計士事務所は4,000以上です。業種業態を問わず普及。47都道府県すべてに対応税理士様がいます。

また、2016年11月現在で全国3,630の銀行・クレジットカードと連動し経理を自動化していて、対応する金融サービス数は1番です!





freeeの詳細はこちらから


クラウド確定申告ソフト「弥生」




クラウド確定申告ソフト「弥生」はとにかく無料で使える「プラン」がたくさん用意されています。

①「やよいの白色申告 オンライン」

”初期費用・月額ずっと0円”でご提供!導入したら、ずっと0円で白色申告が行えます。
更に今なら、電話・メール・チャット・画面共有案内などのサポート付きプランも“初年度半額”キャンペーン実施中で、“あんしん”のサポートをご提供しています。

②「やよいの青色申告 オンライン」
確定申告に必要な全ての機能が初年度0円で使える“初年度無償キャンペーン”を実施中!
更に今なら、電話・メール・チャット・画面共有案内などのサポート付きプランも“初年度半額”キャンペーン実施中で、“あんしん”のサポートをご提供しています。

③「弥生会計 オンライン」

どなたでも2か月の無料体験プランにお申込みいただけます!
2014年以降に法人登記したばかりの起業家の方には“起業家応援キャンペーン”の適用で、電話・メール・チャット・画面共有案内などのサポート付きプランを初年度最大14か月間“0円”でご提供!

④「Misoca」

有料でご提供している全プランを初年度0円で使える“初年度無償キャンペーン”を実施中!
合わせて、ずっと無料でご利用いただける無料プランもご用意しています。


業務サービスを初めて利用する人にも、かんたんに使える製品設計できます。

日々の記帳から確定申告/法人決算/請求管理まで全ておまかせ!
確定申告であれば、簿記・会計の知識がなくても10万円/65万円控除の青色申告ができます。
シンプルなデザインと分かりやすいナビゲーションで、はじめての方でもPCが苦手な人にも利用できます。


 日付や金額などを、家計簿感覚で入力するだけで入力完了&自動処理!

 銀行明細やクレジットカード、Webサービスなどと連携して、取引データをソフトに自動取込&自動処理!

 さらに、専用スマホアプリを使えばカメラでレシートを撮るだけで、レシートの内容を会計ソフトに取り込めます。

 必要な手順が一目で分かり、ガイダンスに沿って入力するだけで、控除額を自動計算&書類作成が完了します!

業界最大規模のカスタマーセンターによるサポート力
電話・メール・チャットで、ユーザーの業務を徹底フォローするので、使い方がわからないことや税金についてわからないことがあれば、下手に税務署に質問するよりも詳しいです!

また、ソフトの導入方法や操作方法にお答えするのはもちろん、確定申告のお悩みやマイナンバーに関する相談、法人の方なら会計経理業務のご質問や決算の疑問など、業務に関する困りごとに広く対応、お答えいたします。

ただし、このサービスはサポート付プランに加入している人限定です。

MacでもWindowsでも使えます。バージョンアップ不要で、いつでも最新バージョンを使えます。
インターネット環境があればいつでもどこでも使えます。インストール不要でパソコンも軽々、導入もかんたんです。マシントラブルでもデータは自動でバックアップするので安心です。





「弥生」の詳細はこちらから



クラウド確定申告ソフト「マネーフォワード」




クラウド型会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」は、確定申告や会計・経理業務を、可能な限り自動化し、確定申告や会計処理を簡単で身近なものへと変えるために開発されたクラウド型会計ソフトです。

個人事業主向けの「マネーフォワード クラウド確定申告」、中小法人向けの「マネーフォワード クラウド会計」の2種類があります。

マネーフォワード クラウド請求書のメリット

・たったのワンクリックで郵送が簡単にできる

「マネーフォワード クラウド請求書」は、郵送ボタンをクリックするだけで、請求書を郵送できる。
請求書郵送のたびに手間だった印刷・封入・送付作業を、「マネーフォワード クラウド請求書」が代行してお客様の業務効率化を支援。

・利用ユーザーに応じた権限管理で作業ミスを削減

事業所ごとにメンバーを追加することができ、複数人で共通のデータの閲覧が可能。また、「閲覧のみ可能なメンバー」や「編集も可能なメンバー」というような権限の管理を行うこともできる。
管理者や作業者に応じた適切な権限を付与することによって、意図せずして請求書が上書きされてしまうといったようなリスクを回避することができる。

・毎月の請求書は、定期発行で自動作成

「毎月自動作成」機能を使うと、同じ内容の請求書を毎月作成する手間がなくなる。
毎月作成する請求書は、一度スケジュールの登録をしていただくと、自動で定期発行ができるようになる。 また、繁忙期に起こりがちな請求書の発行漏れを防ぐこともできる。

・会計ソフトとの自動連動で売掛金管理の手間を削減

マネーフォワードが提供するサービス「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」との自動連携が可能。 請求書を作成して送るだけで、「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」に支出データが自動的に記帳され、会計処理の効率が格段に上がる。
また、入金時の消込処理とも連動しているため、売掛金管理が非常にカンタンになる。

・金融機関から入金情報を自動取得、毎日自動で消込

金融機関を登録しておくことで、毎日自動で入金データを取得します。このデータをもとに、請求書から作成された入金予定データと自動的に消込を行う。
自動的に消込ができなかったデータも、一度手動で消込を行えば学習し、次回から自動で消込が行われるようになる。許容誤差を設定しておくことも可能。

人工知能(AI)がビッグデータを元に勘定科目を提案。マネーフォワード クラウドは使うほど賢くなって、自動入力・自動仕訳がどんどん楽になります。



moneyforward

マネーフォワードクラウドの詳細はこちらから