FOLIOが「テーマ投資」、「おまかせ投資」に続き「ワンコイン投資」をリリースしました。

1日たった500円から始められる、積立投資サービス『ワンコイン投資』がLINE上に登場!



株式会社FOLIOのプラットフォームを活用した、LINE Financial株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:梶原 俊一、以下LINE Financial)が提供する「LINE」上からテーマ投資ができるモバイル投資サービス「LINEスマート投資」(https://invest.line.me/)に、2019年4月25日(木)から、1日500円から積立投資できる『ワンコイン投資』機能が搭載されました!

「ワンコイン投資」とは、機関投資家と呼ばれるプロの投資家だけが使えるような分散投資による資産運用を今まで投資を経験したことがない人でも簡単に実現できるよう開発されたサービスのことです。普段忙しくて資産運用を行うためにまとまった時間が取れないような方でも、手軽に最先端の資産運用を実現することができます。

「ワンコイン投資」の主な特徴としては以下が挙げられます。

・投資対象となるETFは、米国に上場されている全てのETFの中から客観的な基準に基づいて選定しています。
・選定されたETFの保有比率の算出は、1990年にノーベル賞を受賞した平均分散法を使用しています。

・お客様の運用プランを参照し、目指すリターン水準を保ちながら、値動きのパターンが異なる銘柄を組み合わせることで、削減可能なリスクを排除した最適ポートフォリオを提案します。

・お客様のポートフォリオは、常にモニタリングを行い、適切なメンテナンス(リバランス)を自動的に行います。

・一連の運用フローにおいて、人の予想や感情を可能な限り排除し、定量的な分析に立脚したアルゴリズムによる運用を心がけております。

LINE Pay という大きなプラットフォームと連携しているので、投資が未経験の方にも、スマートフォンで気軽に500円から投資を始められるので、2019年4月25日のリリース以降、一気に口座開設数を伸ばしています。

ワンコイン投資

2019年6月では、「LINEスマート投資」は、月間アクティブユーザー7,900万人(2018年12月時点)の「LINE」という利用者の多いアプリから気軽に投資できるサービスとして好評いただいており、サービスを開始してから、約半年の2019年4月に400万人の友だち登録者数を突破しました。また、「ワンコイン投資」に関しても事前登録キャンペーン開始後から、キャンペーンとして過去最大の口座開設申し込みをいただいております。

 これまで、「LINEスマート投資」はテーマ投資を中心に展開され、数多くのユーザーたちに利用いただいておりましたが、1日500円から積立投資ができる『ワンコイン投資』が新搭載され、さらに気軽で使いやすいサービスへと機能が向上しました。

 少額から始められるというメリットに加えて、運用方法は海外の上場投資信託(ETF)に分散投資をするFOLIOのロボアドバイザー機能(おまかせ投資)を適用しています。その結果、金融庁の推し進める「長期・分散・積立」という投資の王道を、「少額・低コスト」で始めていただけるサービスを実現しました。




※無料期間以降の運用手数料は、お預かり資産の年率1%(税抜)です。また、運用資産の時価評価額の年率1.00%(税別、税込1.10%)、運用資産の時価評価額の3,000万円を超える部分は年率0.50%(税別、税込0.55%)が適用されます。


投資対象は何か?


具体的な投資対象としてETFを使用します。ETFは低コストであり、特定の市場や地域の指数に連動するように作られたものがあるため「ワンコイン投資」における投資対象に適していると考えられます。ETFを構成する銘柄の投資対象は米国をはじめ多くの国に渡っているため、世界規模の分散投資を実現することができます。投資銘柄は長期的な視点からお客様の資産の安定的な成長を狙うために、アセットクラスごとに最良と考えられるETFを選定しています。具体的には、ほぼすべての上場ETFの中から以下のような観点により銘柄を選定しています。

・資産規模

資産規模が小さいファンドには償還リスク(上場廃止リスク)、つまり運用会社が運用をやめてしまいその時点の評価額で資産が精算されてしまうリスクがあります。その場合、望まないタイミングで損益が一旦確定してしまうことで、値上がりしていた場合の税負担の発生など投資効率の低下につながることもあるため、償還リスクの低い銘柄に投資します。

・流動性

資産規模が大きいファンドには高い流動性が期待できます。流動性が低い銘柄の場合、投資家が購入もしくは売却したい数量に対して、売買が成立しなかったり、自らの注文によって取引価格が不利な方向に動いてしまうことがあります。長期投資であっても、運用開始時やリバランス時、急に資産の現金化が必要になったときなどには、狙ったタイミングで狙った価格での取引が望ましいため、流動性の高い銘柄を選ぶことが重要となります。

・低コスト

ETFの保有にかかる経費率(Expense Ratio)の低い銘柄を投資対象としています。

「ワンコイン投資」において投資対象としているアセットクラスは2018年10月1日時点では以下の通りです。

foliolineplaceforinvest

はじめての投資に最適な機能が満載な 『ワンコイン投資』


ワンコイン投資

● 少額投資

1日500円から積み立てできます。
また、LINE Payアカウントからの引き落としにより、面倒な口座振り込みの作業も発生しません。

●設定は簡単操作

・積立頻度を設定する必要がなく、引き落としも毎週1回のみ行われます。
・選択した設定で自動積立:選択した金額と頻度で積み立てされます。
・原則、契約締結日と同じ曜日に引き落とされます。(締結日が土曜⋅日曜の場合は、金曜日の引き落としとなります

●世界にバランスよく、全自動で投資

・投資の王道とも言われる「国際分散投資」を行います。ノーベル賞受賞理論に基づき、海外上場投資信託(ETF)に分散投資をすることでプロレベルの投資運用を可能にしています。ポートフォリオの中身は、低リスク資産と言われる債券の比重がやや高く、相対的にリスクを抑える運用を目指します。

・積立金額と頻度を選ぶだけで、全自動で運用が始まります。お客様が運用商品を選ぶ必要がなく、投資が初めての方でも簡単に始めることができます。

●約80の銀行が対応可能

LINE Payアカウントから自動で引き落とされる機能を搭載しているため、LINE Pay接続銀行79行からご利用の銀行口座を選択いただき、連携いただくことでご利用いただけます。(2019年4月15日時点)

LINE Payとは、「LINE」が提供するモバイル送金・決済サービスで、LINEの友だち同士で送金したり、お店でのキャッシュレス決済やオンラインショッピングにお使いいただけます。




LINEスマート投資のリスク・手数料の詳細はこちら


テーマ投資とおまかせ投資を備えた投資系フィンテック会社「株式会社FOLIO」


 『ワンコイン投資』の登場により、従来から提供してきた自分の好きなテーマに関連する日本企業に分散投資ができる「テーマ投資」、全自動で国際分散投資ができる「おまかせ投資(ロボアドバイザー)」、少額から積立投資ができる「ワンコイン投資」が揃い、FOLIOは多くの異なる投資サービスを備えた投資系フィンテック会社となりました。

foliomultiproduct


 投資を始めるとき、何から始めてみたらいいのかわからない。そんな悩みを抱えている方も多いと思います。そこで、FOLIOは、“楽しく”投資が始められる「テーマ投資」や、“簡単にプロレベル”の分散投資が始められる「おまかせ投資(ロボアドバイザーによる自動売買)」だけでなく、さらに、「LINEスマート投資」から簡単にワンコインの500円から積立投資が始められる「ワンコイン投資」をリリースすることで、より多くのユーザーが自分の個性や好みに合わせて選べる投資サービスのラインナップ化を実現し、初心者にも簡単に投資が始められるように、そして、稼げるようにしました!!

・テーマ投資とは?

これから流行しそうなトレンドや注目産業、応援したいテーマ、経済的にインパクトのあるイベント等、カテゴリーに即して分類されたポートフォリオのテーマラインナップから、好きな「テーマ」を選ぶだけで投資をすることができます。

それぞれのテーマは、フォリオが選定した10社の有望企業で構成されています。単一銘柄への投資よりもリスクを抑えた形で投資リターンを期待することができ、高度な金融アルゴリズムがプロ水準の運用をサポートしてくれるため、投資未経験者でもかんたんに楽しく投資を始めることができます。

1万円台のテーマも用意されたので、気軽に誰でもウィンドウショッピングと同じ感覚で株式投資ができます。

・おまかせ投資とは?


FOLIOroboadvisor

「おまかせ投資」では、時間と手間のかかる資産運用をあなたの代わりにロボたちがすべて自動でおこないます。今まで投資を経験したことがない人でも、プロレベルの分散投資をかんたんに実現できるようになりました。

そして、「おまかせ投資」をすると、経済的に余裕の生活ができるようになります。
通常、資産運用を行う場合は、「資産運用の計画 → 金融商品の選定 → 商品の購入 → モニタリング → メンテナンス……」など、たくさんの手間と時間がかかります。
しかし、フォリオの「おまかせ投資」は、10秒で終わる資産運用プランの診断をおこなうだけで、ご自身に最適な商品が提案され、そのまますぐに運用を始められます。運用中の資産は自動で最適なカタチにプロたちによって自動売買されるので、一度運用を開始したら何もすることはありません。
将来や老後のための資金を増やしながら、自由になった時間をのんびり過ごしましょう。

FOLIOの「おまかせ投資」はこちらから


株式会社FOLIOの概要


foliomobileversion


 日本国内株を取り扱う独立系証券会社において、約10年ぶりに新規参入し話題となったオンライン証券会社。2018年8月に本格的な事業展開を開始。テーマに投資できるサービスは日本初(*2)。2018年11月には、いわゆるロボアドバイザーサービスの「おまかせ投資」をローンチ。テーマ投資やおまかせ投資を“新しい副業”として捉えて始める方が増え始めるなど、業界内外で注目を集めています。

 テーマ投資では、「ドローン」や「ガールズトレンド」といったテーマを選ぶだけで、1万円台から分散投資が可能。それぞれのテーマは、『FOLIO』が選定した10社で構成されており、分散投資することで株価変動リスクを比較的抑えることができ、簡単に資産運用することが可能な次世代型の投資サービスです。

 2018年10月には、LINE Financial株式会社と「LINE」上からテーマ投資を行える『LINEスマート投資』をローンチしました。圧倒的ユーザー数を抱えるスマホアプリから、気軽に投資を行える新しいプラットフォームは、『FOLIO』が展開する次世代型投資サービスを基盤としています。


所在地 :東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4階
事業内容 :第一種金融商品取引業、投資運用業、金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会 :日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
設立 :2015年12月10日
資本金 :91億2万1636円(資本剰余金含む)2018年3月時点
URL :https://folio-sec.com



FOLIOの詳細はこちらから



LINE Financialの概要




社名 :LINE Financial株式会社
本社所在地 :東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
事業内容 :金融関連サービスの提供、金融商品仲介業者 関東財務局長(金仲)第854号
設立 :2018年1月10日
資本金 :50億円(2018年1月31日時点)
URL :https://linefinancialcorp.com/ja/

「ワンコイン投資」の詳細はこちらから