目次(Table of Contents)

gkfxprime

GKFXPrime(GKFXプライム)が、電子ウォーレットの一つ「SticPay(スティックペイ)」経由における入出金方法を追加しました!

SticPay(スティックペイ)は、bitwallet(ビットウォーレット)同様に、入出金する時の便利で安全かつ迅速なゲートウェイペイメントです。

SticPayを経由した取引口座への最低入金額はわずか200円です。そして、SticPayを経由した取引口座への最大入金額に関しては、無制限です。

この記事では、GKFXPrime(GKFXプライム)における最新の入出金方法についてまとめます。





GKFXPrimeが、入出金方法にSticPayを追加



gkfxprime

GKFXPrime(GKFXプライム)が、入出金方法にSticPayを追加しました。SticPay(スティックペイ)とは何かを説明しましょう。

GKFXPrime(GKFXプライム)を入出金方法として追加したSticPayは、bitwalletと同様に、たくさんのブローカーの取引口座における入出金方法として使える電子ウォーレットの一つです。
ユーザーは、STICPAYの金額を提携している業者とリアルタイムで入出金でき、即座に使用することができるので、便利な使用できることに対して、満足しています。

sticpay

SticPay(スティックペイ)を利用すると、全ての通貨で決済が可能です。ドルやユーロ、円貨を使用する国家でなく海外旅行をするとき、換金においてSticPayの必要性が理解できます。 海外などで送金が必要な時、とても便利なのがこのスティックペイ(Sticpay)口座です。電子マネーにチャージするようにSTICPAYに入金することで、現実のお金のように取引、ショッピング、出金などが可能です。

スティックペイ(Sticpay)とはのネットワークは2017年に開設され、 オンラインで資金を送受金する最も安全かつ迅速なサービスを提供し続けています。

ヨーロッパは全地域可能であり、香港、インド、インドネシア、韓国、ネパール 、ナイジェリア、 フィリピン、シンガポール、 ベトナム、日本の各種業界で広く利用されている金融サービスは、厚く信頼を得ています。

特に SticPayカードを利用すると、ATMさえあれば、どこでも現地ATMで出金することができて、利用手数料を大幅に節約していただけます。

海外にいる家族、友達、知人にSTICPAYで内部送金すればリアルタイムで相手が受け取ることができます。

SticPayは日本語対応もしており、日本国内銀行送金にも対応しています。その結果、日本に住む日本人トレーダーにも使いやすいので、最近SticPayの口座開設数が伸びています。

SticPayは、GKFXPrimeに入出金するための電子決済サービスであり、ブローカーのGKFXPrimeとは完全に別の会社です。したがって、SticPayを経由してGKFXPrimeの取引口座へ入出金するためにはSticPayの口座開設をする必要があります。もちろん口座開設及び口座開設維持費は永久に無料となります。

SticPay(スティックペイ)へは、Bitcoin(ビットコイン), Ethereum(イーサリアム)Litecoin(ライトコイン)でも入金できるので、これらの3つの仮想通貨を持っている方は、GKFXPrime(GKFXプライム)の口座へ入金することができます。





GKFXPrimeにおける入出金方法



入金方法




クレジットカード最低入金額入金手数料入金の反映時間出金について
VISA2万円無料即座出金できる
電子ウォレット最低入金額入金手数料入金の反映時間出金について
SticPay200円送金手数料即座出金できる
bitwallet2万円送金手数料即座出金できる
Neteller200ドル送金手数料即座出金できる
Skrill200ドル 送金手数料即座出金できる


入金する時に、クレジットカードに問題が発生した場合は、payments@gkfxprime.comに電子メールで送信してください。次の写真を添付してください。

1)クレジットカードの前面と背面、中間の6桁の番号とCVVを隠したもの
2)クライアント自身の身分証明書の表と裏の2つ。

銀行がクレジットカードに為替レート手数料を請求する場合があります。

出金方法




クレジットカード最大出金額出金手数料出金の反映時間
VISA入金額まで無料数週間
電子ウォーレット最大出金額出金手数料出金の反映時間
SticPay制限なし無料即座
bitwallet制限なし無料即座
Neteller制限なし無料即座
Skrill制限なし無料即座


出金をする時、マネーロンダリング防止規則に従わなければなりません。最初に入金を行った方法でのみ、出金をすることができます。複数の入金元がある場合は、どちらかを指定できます。不可能な場合は、最も適切と判断した入金元に送金されます。