目次(Table of Contents)

1億円の貯金があっても不安


 2019年6月3日、金融庁が主催する金融審議会は、報告書「高齢社会における資産形成・管理」を公表した。その中にあった、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では、公的年金のほかに「1300万円~2000万円が必要になる」と書かれた部分が独り歩きしている。

pensionproblem30million


 老後の生活にいくらのお金が必要かは、その人の“生き方”に大きく左右される。どれだけ貯蓄があれば老後への不安を減らすことができるか、人によって違う。「つつましい生活をするので特別な蓄えは必要ない」という人がいれば、「1億円の貯金があっても不安だ」という人もいる。

 金融庁の報告書は、この点をより丁寧に分かりやすく説明すべきだった。報告書では、厚生労働省が作成した資料を基に、無職の高齢夫婦世帯が生活を送る際の不足額が示された。

金融庁の報告書の前提は「1カ月の実支出が26万円超」で30年すごす


 厚労省の資料は、2017年の家計調査のデータに基づいている。それによると夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯のひと月当たり実収入は約20万9000円だ。一方、1カ月の実支出は26万円を超える。実収入と実支出との差は、月5万5000円程度だ。

 金融庁のワーキンググループは20年から30年の「老後」があることを念頭に、5万5000円に30年を乗じて約2000万円を「不足額」とした。

 報告書に記載された内容は、家計調査を基にした一つの可能性にすぎない。調査に用いたサンプルの属性が違えば、当然ながら結論も異なる。個人差も出る。金融庁はそれを丁寧に説明すべきだった。しかし、報告書ではこの不足額が平均的な高齢無職世帯の実像であるかのように記載されたため、結果的に年金制度に対する不安を高めることになった。

 金融庁のワーキンググループが主張したかったことは、“人生100年時代を迎えるにあたり、個々人が安心した老後の生活を送るためにいくらのお金が必要かを真剣に考え、自分で資産を運用する必要がある”ということだろう。なぜ行き違いが生まれてしまったのか。

また、「1カ月の実支出が26万円超」という人はほとんどいない。なぜなら、26万円超稼いでいる高齢者も現役世代も少ないからだ。

超少子高齢化、人口超減少のため、給付の抑制は不可避


financialholdingin2019


 現実問題として、日本では、個人の資産運用を真剣に考えなければならない。人口構成などを考えると、公的年金制度の持続性は低下していくと予想されるからだ。

 日本の公的年金は“賦課方式”を採用している。賦課方式とは、現役世代が納めた保険料を、高齢者に給付することをいう。これは「世代間扶養」とも呼ばれる。

 経済が高い成長率を維持し人口が増加しているのであれば、賦課方式が大きな問題となることはない。成長率が高いということは、一国全体で企業の収益と給与所得が増加しているということを意味する。加えて、人口が増えているのであれば、現役世代の負担を抑えつつ高齢者の生活を支えることができる。

 しかし、日本のように成長率が低迷し、超少子高齢化、人口超減少の3つがセットで進む国では、賦課方式の維持は難しくなる。維持のためには、給付を抑えると同時に、保険料を引き上げなければならない。2004年に政府は年金制度を改革し、マクロ経済スライドを導入することで給付を抑制しようとした。同時に段階的に保険料を引き上げることで年金制度の持続性を確保しようとしたが、給付の抑制は思うように進んでいない。これは、公的年金制度の持続性の低下につながる問題だ。

約8割の人が「老後の生活は公的年金を中心にする」



 その一方、日本では多くの人々が、老後の生活資金源として公的年金を重視している。内閣府が行った世論調査(「老後の生活設計と公的年金に関する世論調査」)を見ると、老後の生活設計を考えるにあたって「公的年金には頼らない」と答えた人は4.8%だった。

livingsettinginthefuture


 これに対し、「全面的に公的年金に頼る」は23.0%、「公的年金を中心とし、これに個人年金や貯蓄などを組み合わせる」は55.1%、「公的年金にはなるべく頼らず、できるだけ個人年金や貯蓄などを中心に考える」は15.5%だった。つまり約8割の人が「老後の生活は公的年金を中心にする」と考えているのだ。

 以上より、日本における公的年金への信頼、依存心はかなり強いといえる。それだけに、家計調査をもとに「老後の生活には、年金に加えて2000万円の蓄えが必要」との見解を示した報告書は日本国民をかなり驚かせている。

 見方を変えれば、日本では超高齢社会における長生きのリスクを真剣に考え、安心感を高めるために資産運用を行おうとする人が、まだまだ少ないということだろう。これは、国全体で対応していかなければならない。

株式投資やFX取引をして老後に備えよ



 日本では、個人の資産形成に向けた教育を強化・充実させなければならない。その出発点は、一人ひとりが自分の生活に必要なお金を把握することだ。

 具体的に政府は、小学生や中学生など、若い時から“家計簿”や“小遣い帳”のつけ方に関する教育を行う必要がある。収入と支出のバランスがわかれば、無駄な消費を減らすなどして貯蓄に回るお金を確保できるだろう。国民が収入と支出のバランスを意識するようになることは、株式投資やFX取引を行うなど、相応のリスクをとって利得の獲得を目指すために欠かせない。

 ただ、日本では「株式投資は危険」「FX取引はギャンブル」と間違った考えを持つ人がかなり多くて残念である。日本の個人金融資産は1800兆円を超える。その50%以上が現預金として保有されている。低成長の環境下、預金を増やしても十分な利得を確保することは難しく、900兆円を眠らせておくことは、日本の経済を悪くする一方なのである。

 現預金として保有されているお金を運用する=投資して運用の利得を手にすることができれば、老後の生活をより充実したものにできるだろう。その意味で、株式投資やFX取引を行い、資産を運用する意義は高まるだろう。

1位. マネックス

マネックス証券マネックス証券


マネックスは、「トレードステーション」を使って、株式投資を自動売買できる唯一の国内株式口座を持っています。株式投資を自動売買したい場合、マネックスを利用しましょう。トレードステーションとは、米国のTradeStation Groupが開発した高機能トレーディングツールです。この先進の取引ツール「トレードステーション」の日本株版を、日本のアクティブ・トレーダーの皆様に満を持してお届けします。これまでの日本株取引ツールにはない機能を多数備えたトレードステーションの実力を、是非お確かめください。

2位. SBI証券

女性起用バナーNISA

SBI証券は、主要オンライン証券で口座数・売買委託金額とも圧倒的なNo1企業です。多くの個人投資家のメイン口座として人気!株式投資を始める方にはまず持ってほしい証券口座です。IPO銘柄取扱実績も豊富で、ネット証券なのに大手の総合証券並みに新規公開株を取扱っています。米国株・中国株・ロシア株といった外国株やeワラント、FX, CFD, 投資信託など様々な金融商品を提供しています。当管理人も利用している証券会社です。


3位. EVOLUTION JAPAN証券

EVOLUTION JAPAN証券株式会社:eワラント新規口座開設キャンペーンEVOLUTION JAPAN証券株式会社:eワラント新規口座開設キャンペーン

eワラントはSBI証券でも取扱っていますが、EVOLUTION JAPAN証券の取引画面はeワラントに特化してつくられています。
eワラント取引機能に関しては、SBI証券より充実しており、ループトレードや逆指値もできます。取引委託手数料は無料!キャンペーンも随時行っています。また、eワラントは、値動きが激しく1日に何十倍以上動くこともしばしばです。値動きが激しい金融商品を利用して資産を増やしたい方は、オススメです。


4位. FOLIO(フォリオ)

FOLIOFOLIO



FOLIOは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができる「テーマ投資」とプロフェッショナルな資産運用をすべて自動でおこなえるサービスである「おまかせ投資」の2つを提供しているオンライン証券です。
10社で構成されたテーマに、10万円程度から投資ができます。「テーマ投資」は、オンラインショッピングする感覚で、テーマに投資できます。日常生活に溶け込んでいるテーマに投資できるのが魅力で、リスクも分散できます。「おまかせ投資」では、時間と手間のかかる資産運用をあなたの代わりにロボたちがすべて自動でおこないます。今まで投資を経験したことがない人でも、プロレベルの分散投資をかんたんに実現できます。運用中の資産は自動で最適なカタチに調整されるので、一度運用を開始したら何もすることはありません。将来のためのお金を育てながら、自由になった時間を自分らしく過ごすことができます。

5位. THEO(テオ)

THEOTHEO+ docomo

スマホで、1万円からはじめられます。自動積立もできるから、放置していても資産運用できます。人工知能が資産の大幅下落を予想して、リスクを回避するので、安心です。Docomoと連携しているので、dポイントをTHEOで投資することができます。また、dカードでお買い物をすると、設定金額に応じて端数を「おつり」として自動でTHEO+ docomoに積み立てできます。
Docomoユーザーは、たまったdポイントをTHEOを使って運用しましょう。

6位.SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、日本で初めてTポイントを使って株が買える、新しいタイプの証券サービスです。
ネット証券No.1の口座数、預り資産、株式委託売買代金を誇るSBI証券とTポイントのデータを元にしたマーケティング事業を展開するCCCマーケティングとの合弁会社として設立されました。
ネオモバなら、1株単位(S株(単元未満株))で株が買えるので、保有しているTポイントを使って簡単に株主になることができます。日々のお買い物で貯めた数百のTポイントを使って、投資を始めることが可能です。売買に応じて、Tポイントが毎月200ptもらえます!株式投資を始めることに躊躇していた投資初心者にオススメです。

7位.楽天証券

楽天証券楽天証券



楽天証券でお取引いただくと、楽天グループでご利用いただける楽天スーパーポイントが貯まります。たまった楽天ポイントで楽天ショップで好きなものが購入できたり、楽天ポイントでポイント投資もできます。ポイント投資とは、ポイントを使って投資信託を購入できるサービスです。ポイントのみでの購入、もしくはポイントと現金を組み合わせて購入することができます。また、楽ラップという自動運用サービスがあり、楽ラップは楽天証券があなたに代わって投資を行います。
楽ラップでは、ロボアドバイザーがたった2分であなたにあった運用コースを無料で提案してくれます。10万円から始められる楽ラップは、楽天証券に口座があれば、専用口座の開設も不要で簡単に申込めます。

8位.岡三オンライン証券

岡三オンライン証券 総合口座開設岡三オンライン証券 くりっく株365新規口座開設

岡三オンライン証券には、Excelでシステムトレードができる「岡三RSS」があり、それが人気です。岡三RSSは、Microsoft Excelを利用してリアルタイムの情報取得から取引まで行えるアドインツールです。アドインとは、Excel等に独自のコマンドや機能を追加して拡張することをいいます。価格情報などをリアルタイムで取得する関数や、発注のための関数などをExcelに追加することで、Excel上で情報の表示や各種注文等が可能となります。さらに、使い慣れた「if」や「vlookup」といった関数と組み合わせることで、さまざまな条件に沿った情報の加工や発注も行えます。自分なりの条件でシステムトレードに応用することも可能です。

日本全体で投資教育を充実させる必要がある


 そのためには、政府が大胆に新しい制度を導入することが大切だ。例えば、NISA(少額投資非課税制度)に損益通算が認められれば、家計には資産運用を行うインセンティブが付与されるだろう。その上で、タイミングと金額を分散して、長期の視点で資産を運用することができるよう、国全体で投資教育を充実させる必要がある。

 同時に、政府は国内経済のダイナミズムも引き上げなければならない。企業が新しい発想を実用化して、従来にはないモノを生み出すことができれば、需要は増える。それが経済の成長につながり、所得や株価の上昇を支える。

 政府は規制緩和などを通して企業のやる気を引き出しつつ、その恩恵を享受するために個人が株式投資やFX取引しやすい環境を目指さなければならない。それが、人生100年時代におけるそれなりの安心感ある生活を支える重要な要素となるだろう。

年金以外の必要資金を生み出す方法を4つ紹介!



1つ目の方法:TitanFXのスタンダード口座にZuluTradeの専用口座を追加すれば良い。




howtoassociatezulutradewithtitanfx2

howtoassociatezulutradewithtitanfx3

Titan FX(タイタンFX)は、業界トップレベルの深いリクイディティ(流動性)や最狭のスプレッド(0銭/0ピップ〜)を用いて、最大レバレッジ500倍であり、FX、コモディティ、株価指数CFD取引をオンラインでご提供する、次世代型のECNブローカーです。

世界シェアNo1のFX取引プラットフォーム、MetaTrader4(MT4)をはじめ、弊社がご提供する複数のプラットフォーム上で、お客様のご希望にあった手法でオンライン取引を行って頂けます。豊富な知識と最先端の科学技術、ITテクノロジーを掛け合わせ開発された、Titan FX独自の最新テクノロジー「Zero Point」により、よりゼロに近いスプレッド、レイテンシを実現しました。

初心者の方からプロレベルのトレーダーの方まで、TitanFXを利用して取引を行っています。


また、Titan FXでは、お客様の取引方法、取引スタイルに合わせた取引口座の開設が可能です。
スタンダード口座は、手数料無料の STP口座で、特にZuluTradeを利用していコピートレードを行いたい方に適しています。一方、ブレード口座は、わずかな手数料でインターバンクのスプレッド(0.0 pips/0.0銭〜)をご利用頂け、特にEA(自動売買)トレーダー、スキャルピングトレーダーといった上級者やプロのトレーダーに最適です。

スタンダード口座、ブレード口座共に、0.01ロット(1000通貨)からお取引頂けます。両口座とも、口座残高に関わらず、レバレッジ最大500倍までの設定が可能です。また、口座開設に必要な最小入金額は $200もしくは20000円で、口座維持費および管理費等は全て無料で利用できます。






TitanFXのホームページはこちらから


・世界中の優れたトレーダーの売買を自分のFX口座に反映される夢のFXシステム「ZuluTrade」(ズールトレード)」とは?



ZuluTrade(ズールトレード)とは、すべてが無料で利用できる新しいFX自動売買システムです。 世界中の優れたトレーダーの売買結果が、自分のFX口座にそのままコピーできるコピートレードです。 運用はシグナルプロバイダーと呼ばれる一流のトレーダーにお任せして、あなたはFX口座の資金が増えるのをチェックするだけでいいのです。つまり、世界中の一流トレーダーと同じ売買が、自分のFX口座でできます!



ZuluTrade(ズールトレード)の自動売買システムを使って、Titan FXの取引口座(日本円もしくは米ドルのスタンダード口座のみで利用可能)で、他の人気トレーダー達の取引に相乗りして、自動売買をすることができます。

ZuluTradeを利用したい場合、TitanFXでのJPYまたはUSDのスタンダード口座を開設した後、クライアントキャビネットより、Select IBをYesにして、ZuluTradeと記入し、追加口座の申請を行ってください。

下記のビデオは、ZuluTradeとは何かの概略を説明しています。英語がわからない人は、「歯車(設定)」→「字幕」→「日本語」にすれば大丈夫です。


ZuluTradeの詳細はこちらから


2つ目の方法:GemForexのオールインワン口座が提供する、FXミラートレードサービスを利用してコピートレードをすればいい。


gemforexintroductionbanner

FXミラートレードとは、サーバー型のFXシステムトレードツールであり、ご希望のストラテジーを選択するだけで、トレーダーはご自身のPCすら立ち上げることなく、もちろん、VPSも必要なく、メタトレーダー(MetaTrader)も必要なく、FX会社にシステム自体が直接発注をかけ、自動的に運用される画期的な仕組みとなり、まるで、鏡に映したかのようにプロのトレーダーやEAの売買システムを利用できる事からミラー(鏡)トレードと呼ばれております。無料で使い放題です。

gemforexeaexamplebanner

GemForexが提供するミラートレードサービスは、GemForexが開発したオリジナルなので、使い方に関してもGemForexのオールインワン口座に合わせたプラットフォームなので、非常に使いやすく、通常のスプレッドに上乗せしている事もございません。そして、パフォーマンス表示も、かなり詳細に掲載させて頂いておりますので、トレーダーの皆様には、FXやCFDの知識がない人にも、安心して楽しんで稼げてしまいます。



gemforexmirrortradingexample




GemForexの詳細はこちらから



3つ目の方法:コピートレード専門の「スマトレ」を利用すれば良い。




スマートトレードとは、世界中の優れたトレーダー(シグナルプロバイダー)の売買取引をフォローする事で、自動で売買してくれるシステムトレードです。本サービスは、トレーダーの売買シグナルを最低1口から選択するしくみとなっており、実際の取引結果を確認しながら口数を増減し取引口数を調整する事が出来る新しいしくみとなっております。なお、本サービスは、無料でご利用頂けます。

まずは、お好みのトレーダーをフォローして、口数を選びます。あとは、自分の取引口座へ自動的にトレーダーの売買の通りに反映されます。

スマートトレードは、コピートレード専門のブローカーであり、パソコンの設定が苦手な人には最適の資産運用するための自動売買ツールとなります。

初心者にはとっておきのプラットフォームです。

smarttraderesult




スマートトレードの詳細はこちらから


4つ目の方法:仮想通貨取引の場合、コピートレード専門の「マネコ」を利用しよう。


マネコ



マネコは仮想通貨の取引で利益を出している優秀なトレーダーを「フォロー」することで、
トレードシステムを通じて、トレーダーと同じ注文を全自動で行うことができます。

・実績からトレーダーを検索

トレード成績をもとにトレーダーをランキング、実績あるトレーダーをカンタンに見つけることができます。

・24時間自動でトレード

忙しくてこまめにチャートを確認できない人でも、トレードシステムが24時間自動で注文を行ってくれます。

・1万円から始められる

仮想通貨投資が未経験の方でも、1万円から気軽に資産運用を行うことができます。


よくある「マネコ」に関する質問

・「マネコ」とは何をするものですか?

トレードにかける時間がない方でも、実績のあるトレーダーと同じ注文を自動で行うことのできる新しい投資方法を提案します。

仮想通貨の取引で利益を出している優秀なトレーダーを「フォロー」することで、トレードシステムを通じて、トレーダーと同じ注文を自動で行うことができます。

優秀なトレーダーをフォローするだけがマネコの提案する新しい投資方法「フォロートレード」です。

※マーケットの状況によって、トレードシステムを通じて行った注文が、約定するとは限りません。約定率により得られる利益にトレーダーと差が出ることや、トレーダーが利益を出しているにも関わらず、利益が出ない可能性や、損失が生じる可能性もあります。
※マネコのフォロートレードにおけるリスクを必ずお読みいただき、ご了承いただいた上でご利用ください。

・「フォロー」とはなんですか?

トレーダーと取引所を選択し、投資を始める事を「フォロー」といいます。
「フォロー」はいつもで登録/解除することができ、複数のトレーダーを同時にフォローすることもできます。

利用料は、利益を獲得した場合と、フォローによるトレードが成立した場合に発生します。

・「フォロー」は誰でもできますか?

アカウント作成後、個人情報の登録行っていただくことで利用することができます。
なお、日本国内に居住する20歳以上の個人を対象としています。20歳未満、法人の場合は利用できません。

・「仮想通貨取引所」への登録は必要ですか?

対応した仮想通貨取引所の登録が必要になります。現在、Liquid by QuioneとBitMEXの2つの仮想通貨取引所が対応しております。対応取引所は随時追加予定です。

「Liquid by Quoine」の主な特徴とは?

Liquid by Quoine

1)豊富な通貨ペア数(現物取引34通貨ペア・レバレッジ取引12通貨ペア)
2)現物取引手数料無料、レバレッジ取引手数料0.025%
3)スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、Android)
4)0.001BTCから取引可能・レバレッジは最大25倍
5)大口トレーダーも大満足の流動性・発注数量、保有建玉量(それぞれ制限はあり)



こちらからLiquid by Quoineを利用する


「BitMEX」の主な特徴とは?

bitmexbanner72090


1)香港に本社がある P2P 式のプラットフォーム
2)BTC/USD では、$1 USD * 1% (当初証拠金) = $0.01 が最小入金額
3)スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、Android)
4)無期限ビットコイン / 米ドル の無期限契約で最大 100 倍のレバレッジを提供
5)損失額は当初の投資額に限定されるゼロカットシステム(=追証なし)を採用
6) こちらから登録したユーザーは 6 か月間、10% の料金割引を受ける

bitmextradingscreen

こちらからBitMEXを利用する


取引所設定画面にて先ほどのアクセスキー及びシークレットアクセスキーを入力し「取引所連携」をクリックしてください。

Liquid by Quioneとの連携方法
quoinex_6



BitMEXとの連携方法
bitmex_5



・「トレーダー」はどうやって探せますか?

トレーダーは様々なランキングから探すことができます。
ランキングは利率、利益額、フォロー数などでランキングされ、利用する仮想通貨取引所やフォロー枠の空きがあるかなどのフィルターをかけることができます。

・「投資額」はいくらから始められますか?
最低投資額は1万円からとなります。ただし、トレーダーの利用する取引所毎にも設定が異なる場合がありますのでご注意ください。

・「リスク」はどの程度ありますか?

仮想通貨は相場が大きく上下する場合があり、大きいリターンも期待できますが、反面、大きなリスクも生じます。トレーダーによりトレードの傾向も様々なので、自分の投資スタイルに合ったトレーダーをフォローしましょう。
まずは少額からの運用、または複数トレーダーに分散しての運用をおすすめします。

・「仮想通貨」の相場が下がると損をしますか?

いいえ。為替や株式取引と同様に空売りすることも可能なので、一概に損をするとは言えません。

・「トレーダー」になるとどんなメリットがありますか?

トレーダーはフォロワー利益額に応じてマネコから報酬を受け取ることができます。
フォロワーが利益を出すほど報酬が増えるので、フォロワーが利益を出せるトレードを心がけましょう。

・「トレーダー」にはどうすればなれますか?

アカウント登録、個人情報登録、取引所連携を済ませたあとに、トレーダー登録が可能になります。
トレーダー登録を行うと、フォローできなくなってしまうのでご注意ください。
※フォロー中だった場合、フォローは解除されます。

・「スマートフォン」でも利用できますか?

はい。スマートフォンでも利用可能です。アプリ版もiOS、Android共にご用意しております。

こちらから「マネコ」を利用する




まとめ



老後は、年金だけで暮らせるという間違った考えが日本人の中で浸透しているが、実際に、年金とは、老後に生活するときの補助金なのである。

日本は、金融教育が全くなされない状態で、社会に出て、ただ企業や官公庁に努めていればなんとかしてくれるという浅はかで愚かな考え方を持っている人がたくさんいる。

したがって、日本全体で投資教育を充実させる必要があると痛感し、この記事は誰でもが投資で資産を増やす方法を常に考え、更新し、広めている。

この記事を読むことにより、資産を増やす方法を理解した人が一人でも増えることを期待する。