目次(Table of Contents)

MATRIX TRADER


「JFX」はスキャルピングを常識の範囲なら、∞回してもOKの日本国内FX会社として知られていて、取引数量に応じて、キャッシュバックキャンペーンや食べ物キャンペーンという様々なキャッシュバックを提供しているなどかなり人気のある業者です。

JFXは、ヒロセ通商の子会社でほぼ同じ取引システムを導入しています。つまり、人気・実績のあるヒロセ通商の高機能取引ツールなどを数多く享受することができるFX会社なのです。

FX取引ならヒロセ通商へ

しかし、JFXで取引を始めるためには審査に通る必要があり、業者の定める基準にマッチしていないと口座を開設することができません。

審査には基準があり、その基準を満たしていないと口座を開設することはできません。JFXは、審査基準について公表していません。おそらく提供された情報から総合的に判断していると思われます。JFXの口座開設において、審査基準として重要視されていると思われる点を4つ挙げます。

JFXは、一般的なFX業者の口座開設に必要な4つの条件と同じです。

一般的なFX会社の申し込み条件とは、

・20歳以上(JFXは20~74歳)
・ FXをするのに適切な収入・資産があること
・個人情報を正確に提供し、提供された本人確認書類の情報と合致していること
・ 反社会的勢力とのつながりがないこと

の4つです。

JFXのスペック一覧表


社名 JFX株式会社 (JFX Corporation)
設立 2005年7月11日
初回入金額 10,000円
推しポイント スキャルビング∞回OK
食品キャンペーン・キャッシュバックキャンペーンが豊富
成行約定能力99.9%
約定スピード最速0.001秒


主要通貨スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
0.30銭 (原則固定・例外あり) 0.50銭 (原則固定・例外あり) 0.70銭 (原則固定・例外あり)


より詳細な通貨ペアに関しては、下の表をご覧ください。


買いスワップポイント
米ドル/円 ユーロ/円 豪ドル/円
1円 30円 50円


より詳細なスワップポイントに関しては、下の表をご覧ください。

通貨ペア数取引通貨単位スプレッドスワップ ポイント高金利通貨
〇 (24通貨ペア)〇 (1000通貨単位)〇 (狭いが安定性△)× (マイナス値が大)△ (ZARのみ)
口座開設 キャンペーン電話サポート注目ポイント
〇 (最大10万円)△ (平日20時まで)・「スキャルピングOK」を強くアピールしている
・社長がおもしろい!
・1,000通貨からのNDD(STP)取引で手数料無料
・業界最高水準の低スプレッド!
・iアプリ、iPhone、Android、iPadなどスマホアプリ対応
・24時間入金が可能!
・クイック入金対応銀行は約380ある
・プロトレーダーも大好評の強力なチャート機能MT4を搭載
・マーケットナビが全て無料で見れる!!


JFXのメリット


ヒロセ通商と同レベルの取引環境を提供


JFXはヒロセ通商の子会社であり、取引環境においてヒロセ通商とほとんど同じです。

ヒロセ通商は、2019年オリコン顧客満足度調査の「FX取引/FX専門業者」部門において第1位を獲得し、4年連続の第1位となりました。また、項目別では通貨ペア・発注方法、分析ツールで第1位、業種別ではFX専門業者で第1位、投資スタイル別ではスキャルピングトレードにおいて第1位をそれぞれ獲得しています。

また、ヒロセ通商は、少人数制セミナーの開催地域拡大や内容見直し、経済ニュースなどの情報配信などを充実させているので、2019年3月期第3四半期の営業利益43.7%増えて、顧客口座数が順調に増加しています。

そのような大躍進を遂げているヒロセ通商と同レベルの取引環境が提供されているということが、JFXの最大のメリットです。


特に、取引ツールに関しては、JFXとヒロセ通商は同レベルであり、高機能かつ操作性の高いツールをJFXでも提供されています。また、ヒロセ通商は、取引ツールのアップグレードを随時行っていますが、JFXでも同様にアップグレードが随時行われています。

JFXは、ヒロセ通商の陰に隠れていて、あまり目立たないかもしれない(?)FX会社ですが、ヒロセ通商と同様の優れた取引環境を整えています。

ヒロセ通商(LionFX)の基本情報
FX取引ならヒロセ通商へ
おすすめ度★★★★★
スプレッド
(手数料)
ドル/円0.3銭
ユーロ円0.5銭
スワップ
取引通貨通貨ペア数50通貨ペア
取引単位1,000通貨~
口座数 (2018年12月末時点)244,456口座
(先月比:+1,742)
取引システムNDD方式(STP)システムを採用
通貨ペア比較ランキング1位


ヒロセ通商の詳細を見る


スキャルピングに最適な環境



ヒロセ通商は、スキャルピングがやりやすいFX会社として人気がありますが、JFXは、スキャルピングに関して、そのヒロセ通商を上回ります。また、公式ホームページだけでなく、社長自らライブ放送などで、「スキャルピングOK」と公言することもよくあります。

したがって、JFXは、スキャルピングをする投資家向けに作ったと示唆しているFX会社で、スキャルピング∞回可能を売りにしています。

もしスキャルピングをする投資家にとって一番相性がいい国内FX業者なので、ぜひJFXを検討してみましょう!

MATRIX TRADER

スプレッドが狭いので、取引コストを抑えられる



取引コストの観点から言うと、JFXは、とてもスキャルピングに向いています。なぜなら、取引を頻繁にするスキャルピングでは、取引コストを低く抑えることと利益を出しやすいことが必要十分条件となりますが、JFXは、スプレッドを業界最狭水準に設定しているので、取引コストが安く済むからです。

JFXと他のFX会社のスプレッドの比較一覧表を作りましたので、ご覧ください。

(2018年12月17日時点)
FX会社米ドル/円ユーロ/円ポンド/円豪ドル/円ユーロ/米ドルポンド/米ドル
JFX
MATRIX TRADER
0.30.51.00.70.41.0
ヒロセ通商
FX取引ならヒロセ通商へ
0.30.51.00.70.41.0
DMM FX
DMM FXは初心者向け
0.30.51.00.70.41.0
マネーパートナーズ
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ
0.30.40.90.60.30.8
セントラル短資セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.comセントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com0.30.51.20.80.41.8
SBIFXトレード
SBIFXトレード
(※1)
0.27
(0.29)
0.39
(0.49)
0.89
(0.99)
0.59
(0.69)
0.48
(0.58)
1.49
(1.89)
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
1.02.03.03.01.03.0


注意事項


(※)単位はpips=銭です。

(※)キャンペーン等により期間限定で縮小されている値ではなく、標準の原則固定スプレッドとして公開されているものを記載しています。

(※1)1万通貨以下の取引の場合のスプレッドです。カッコ内の数字は、1万1通貨~100万通貨(ユーロ/米ドルは1万1通貨~50万通貨)の取引のスプレッドです。それよりも大きい取引数量では、SBIFXトレードにおけるスプレッドは少し大きくなります。


取引ツールがスキャルピングのために存在すると言っても過言ではない


スキャルピングをする、つまり、取引の回数が多いとき、取引ツールには高い操作性が必要になります。JFXの取引ツールMATRIX TRADERは簡単な操作で発注ができる仕様になっているので、サクサクとスピーディーな売買ができます。

取引ツールに対するユーザーの評判は良く、とりわけ操作性に関しての声が目立ちます。

JFXを使ったユーザーの感想を見てみましょう。

「取引ツールも使いやすいですし、約定もサクサクしてくれるので、私みたいなスキャルパーにはまさにイチオシのFX会社です。」
(性別:女性 年代:30代 職業:会社員 FX歴:5-10年)

「JFXの取引ツールは多機能かつ使いやすく、非常に洗練されている印象を持ちます。もちろん発注もサクサク行えてスピード感あるトレードが可能で、スキャルピングに相性のいい取引ツールになっています。」
(性別:男性 年代:30代 職業:自営業 FX歴:10年以上)

「JFXで気に入っているのは、「MATRIX TRADER(.NET版)」というパソコン用取引ツールです。(中略)とくに気に入っているのが、発注まわりのシステムで、バンバンと爽快感のあるトレードができます。トレードが楽しくなるので、ちょっとポジりすぎてしまうのが難点ですが(笑)。」
(性別:男性 年代:20代 職業:会社員 FX歴:1-3年)


このように、JFXの取引ツールMATRIX TRADERに対する評価は、「スキャルピングがやりやすい」という声が多く見られます。JFXはスキャルピングに特化したFX会社なのです。


取引ツールは、FX売買するとき、一番重要な要素の一つです。スキャルビングをどんどんしたい人は、JFXの取引ツールを試してみてください!

JFXの取引ツールMATRIX TRADERのチャートはMT4(MetaTrader4)を採用しています。MetaTrader4は、ロシアのMetaQuotesSoftware社が開発したトレードツールの名称で、多くの分析ツールが標準で備わっている上に、カスタマイズ性にも優れた高機能なツールです。

しかし、発注機能がないので、EA(自動売買機能)をMT4に読み込ませて、自動売買はできません。

高還元キャッシュバックキャンペーン&食品プレゼントキャンペーンという様々なキャンペーンがある


キャンペーン期間中に、「食品プレゼントキャンペーン」や「高還元キャッシュバックキャンペーン」というキャンペーン申込み専用フォームよりお申込みください。

・食品プレゼントキャンペーン

毎月大好評のJFXの食品プレゼントキャンペーン。対象通貨ペアのお取引で取引条件を満たすとキャンペーン商品をプレゼント致します。


・高還元キャッシュバックキャンペーン

全通貨対象で、各通貨ペアのお取引でやればやるほどキャッシュバックされます。

食品プレゼントキャンペーンの一例
JFXfoodcampaign


信託保全も完璧


JFXでは金融商品取引法に基づき、読者様からお預かりした証拠金等の資金とJFXの固有財産とを明確に区分するため、三井住友銀行に信託する『信託保全』をしています。
万が一、JFXが破綻した場合でも三井住友銀行に信託しているので、読者様の資産は完全に保全されます。

元プロ為替ディーラーのアドバイスが聞ける


JFX兼ヒロセ通商の小林社長は、Twitterは毎日のように更新していますし、ライブ配信や会員向けレポートなど、たくさんの情報発信をしてくれています。

JFX兼ヒロセ通商の小林社長は、元プロの為替ディーラーで、その生の声が聞けるというのは一般のトレーダーにとって大きなメリットです。FXについて学べるチャンスが多いので、JFXは他のFX会社にはないユニークな環境になっています。

FXの売買スキルの向上やタイミングを磨くためには、1人で勉強するだけでなく、経験者の声を聞くことも非常に大事です。プロディーラーの経験を持つ小林社長のアドバイスを聞くことは、FX上達に力を貸してくれます。

ちなみに、JFXとヒロセ通商の両方を口座開設をすると、プロディーラーの経験を持つ小林社長のアドバイスを手に入れやすくなるので、とりあえず口座開設することをお勧めします!


JFXの口座開設をこちらからする


ヒロセ通商の口座開設をこちらからする


JFXが向いている人


・スキャルピングを専門に売買する人
・取引ツールを重視する人
・元プロ為替ディーラーのアドバイスが欲しい人

です。特に、スキャルピングが何回でもできるところが注目ポイントです。JFX自体がスキャルピングをOKして、そして、JFXの親会社であるヒロセ通商と同レベルの取引ツールを使えること、元プロ為替ディーラーのアドバイスが聞けるということが大きいです。

JFXのデメリット


スワップポイントにマイナスが多い


スキャルピング専門の会社ということもあるのかもしれませんが、JFXのスワップポイントは、下の表を見ればわかりますが、マイナスが多いです。通貨ペアによっては、売りも買いもマイナスのスワップポイントになっています。



つまり、金利の安い通貨を売って金利の高い通貨をずっと保持するということをせずに、売買を中心にして、キャピタルゲインを狙っていけということを意味しています。

ずっと保有したい場合は、プラスのスワップポイントになっている通貨を買って保有しておきましょう。

しかし、JFXはマイナスのスワップポイントが理由で負担が大きくなるので、ポジションの持ち越しはおすすめできません。プラスのスワップポイントを狙う取引についても、選択肢が狭いため適していません。つまり、長期売買したい人には、向いていないということです。

長期売買がしたく、スワップポイントが高い設定となっている業者を利用したい場合は、GMOクリック証券「FXネオ」を使いましょう。

GMOクリック証券「FXネオ」の詳細はこちらから


スプレッドが大きくなる傾向がある


JFXでは、スキャルピングを認めていますが、その一方で、スプレッドが大きくなる傾向があります。

特に、指標発表や要人発言、天変地異といった世界情勢が急変する時は、スプレッドが大きくなりやすくなります。

これは仕方がありません。なぜなら、スキャルピングを何回でもOKにする場合、このような為替変動が大きくなるとき、スキャルピングをするトレーダーは損益を出しやすくなる反面、NDD方式を採用しているFX会社は、カバー取引が間に合わなくなり、つまり、トレーダーの利益がそのままFX会社の損失になってしまうからです。DD方式の場合、FX業者がトレーダーに対して、不利な約定をさせたり、為替価格を操作したりできますが、JFXはNDD方式を採用しているので、FX売買の方式が、需要と供給のみで決まる株式取引と完全に同じです。したがって、スプレッドを大きくすることによって、FX会社の損失を防ぐことと、約定をしやすくするためにトレーダーの爆買いと爆売を防ぐのです。

スキャルピングを何回でもできるということと、為替変動が起こった時のスプレッドが広がるということは相反する事なのです。

指標発表や要人発言、天変地異といった世界情勢が急変する時を除けば、JFXのスプレッドは基本的に安定しています。したがって、平常時に売買したい人には、おそらく問題にはならないでしょう。

JFXが向いていない人


・スワップポイントを重要視する人
・日をまたぐ長期取引をする人
・相場が荒れた時期を狙ってスキャルピングしたい人

です。特に、スキャルピングが何回でもできるところが注目ポイントです。JFX自体がスキャルピングをOKして、そして、JFXの親会社であるヒロセ通商と同レベルの取引ツールを使えること、元プロ為替ディーラーのアドバイスが聞けるということが大きいです。

JFXの口コミ














JFXの取引ツールが使いやすいと評判になっています!

まとめ


スキャルピングを専門に売買する人、取引ツールを重視する人、元プロ為替ディーラーのアドバイスが欲しい人、高還元キャッシュバックキャンペーン&食品キャンペーンを狙っている人は、JFXやヒロセ通商をお勧めします。

しかし、スワップポイントにマイナスが多いとか、スキャルピングを∞回できる反面、スプレッドが大きくなる傾向があります。



MATRIX TRADER


JFXの口座開設をこちらからする