目次(Table of Contents)

FXは、経済指標や要人発言がきっかけで大きな値動きが頻繁に起こります。ただし、どの通貨が暴騰するのかを予測するのは簡単ではありません。荒い値動きをする為替相場だからこそ、自動売買を導入することでチャンスを最大限にものにすることができます。

パソコンをOFFにしていても、MT4のシグナルアラートやメール通知を受け取りたい。
外出先で、スマホ版MT4ではなく、PC版MT4で詳しくチャートを確認したい。
スマートフォンやタブレットでPC版のMT4を使いたい。
自分が普段使っているPCではなく、外出先のPCで自分のMT4を利用したい。
どんな場所にいてもMT4にアクセスできて、どんな時でもシグナルやアラート、メール通知を受け取りたい。

それができると、チャンスを逃さずにしっかりとトレードすることができますよね!?

MT4を使ってトレードをしている人は、このような悩みを持っているのではないでしょうか?

スマホやタブレット、外部のPCでも、「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」を利用すると、自分で設定したMT4にアクセスすることができます。
また、自宅のPCの電源をOFFにしていても、メールや売買サインも、しっかり受け取ることができます。

『VPS(リモートデスクトップ)』というサービスでトレードの悩みがすべて解決されます!

この記事では『VPS(リモートデスクトップ)』とは一体何なのかをメリットや使い方を含めて解説していきます。

お名前.com【デスクトップクラウド】

VPSは24時間MT4の稼働OK

VPSとは何か?


VPS(=Virtual Private Server)は、日本語に訳すと「仮想専用サーバー」となります。1台のサーバーを複数のユーザーで共有する点は共用サーバーと同じですが、VPSでは、仮想的に専用サーバーと同様の自由度・性能を利用できるよう設定されています。簡単に言うと、24時間いつでもアクセスできるPCを、一台レンタルすることができるサービスのことです。


VPSと共用サーバーとの相違点は、自由度や利用できるサーバーの性能です。VPSでは、1台の物理的なサーバーの中に、仮想的に複数のサーバーを構築します。共用サーバー(例:普段使っているインターネットなど)と異なり、ホストOSの土台の上にユーザーごとにゲストOSが用意されており、基本的にこのゲストOS同士では干渉がありません。したがって、共用サーバーのように、他のユーザーの利用の影響によって、通信がしづらいとか障害が発生したりとか動作が重くなって動かないということはありません。

また、メモリやCPUについても、共用サーバーと違ってそのゲストOS用の性能が確保されるので、もし、世界情勢や天変地異によって、株式売買、FX売買、仮想通貨売買など0.1秒を争う売買をしなければならない時、共用サーバーより負荷がかからないので、VPSにしておくとPCやインターネットのつながりをスムーズにしてくれるので、スムーズに売買できます。また、1つのOSを共有する共用サーバーと異なり、ゲストOS上では自由にMT4などのソフトウェアなどの運用ができます。

具体的なVPSのメリット・デメリット

・メリット

共用サーバーに比べて自由度が高い

専用サーバーのようなスペックを安価な価格で利用できる

あらかじめ用意された中からOSを選択できる

・デメリット

サーバーの設定や運用は全て契約者が行う必要がある

物理的・ネットワーク的及び利用OSなどに専用サーバー程の性能や自由度はない

VPSでMT4を利用するメリットは5つ



・MT4の売買サインやメールを24時間いつでも受け取ることができる。

・どこでも場所を選ばずにPC版のMT4で詳しい相場分析をすることができる。

・スマホやタブレット、外部のPCからでも自分のMT4にアクセスできる。

・費用の節約ができて、様々なトラブルに対処できる

・EAを稼働できる。

です。

MT4の売買サインやメールを24時間いつでも受け取ることができる


MT4で、売買サインをメールで通知する便利機能があります。

MT4のメール通知が来ないと悩んでいるトレーダーも少なからずいますが、これは故障しているわけではありません。MT4を始めて利用している方であれば、分からなくて当然です。

MT4のメール通知機能は、MT4を起動させていないと、何も反応しません。


しかし、VPSのMT4に、自分専用のサインツールを設定しておけば、24時間どこにいてもメールでチャンスを知らせてくれます。


MT4は、ロシアのMetaQuotes社が開発した世界的にもっともメジャーなFX取引プラットフォームです。

無数のテクニカル指標を同時に表示させたり、世界中の開発者が作ったオリジナルのテクニカル指標や自動トレードシステム(EA)等をインストールして使うことができます。

とても高性能な取引プラットフォームで、テクニカル分析を重視する世界中の中上級者から圧倒的な支持を得ている取引プラットフォームです。

MT4に搭載されている「Meta Editor」という機能を使えば、独自のテクニカル指標や、システムトレード(自動売買)が行えるExpert Advisor(EA)を作成することもできます。

MT4では、標準搭載の50種類以上のテクニカル指標を無数に多重表示できます。それ以外にも、
オリジナルテクニカル指標を作成かつ共有できたり、システムトレード(自動売買)ができたり、
EA(自動売買ロジック)を作成かつ共有できたり、1つのMT4で複数の対応業者の口座にログインできたりとメリットがいっぱいです。

株式投資でもFXでもきちんと利益を取り続けている人は「リスク管理」と「テクニカル分析による相場判断」を徹底管理して、尚且つ、独自の取引ルールを持ってトレードをしています。

どこでも場所を選ばずにPC版のMT4で詳しい相場分析をすることができる。


VPSで、MT4を稼働させる必要があるのは、どこでも場所を選ばずにPC版のMT4で詳しい相場分析をすることができる事です。

これは、FXトレーダーとして、とても大きな強みになります。株式投資にも応用できます。

独自のカスタムインジケーターや売買サインツールが導入されたチャートを場所や時間を選ばずチェックしたい、スマホ版MT4より、操作性や機能が優れているPC版のMT4に外出先でアクセスしたい、時間をかけて相場分析したチャートを、いつでもどこでもチェックしたいと言った悩みを抱えた人も多いでしょう。稼いでいる人ほどこのような悩みを深く持っているはずです。これからFXや株式投資で稼ぎたいという人は必見です。

MT4を使っているトレーダーは、独自のカスタムインジケーターや売買サインツールを使っています。そうでなければしっかりとは稼げません。

スマホ版のMT4は便利ですが、PC版のMT4に比べると劣っています。カスタムインジケーターと売買サインツールが導入できない点がその理由です。

したがって、スマホ版MT4ではなく、PC版のMT4を外出先で確認したい人も多いことでしょう。

さらに、時間をかけて相場分析したチャートも、外出先で確認できなければ、意味ないですよね!?

このような悩みを抱えている方には、VPSでMT4を立ち上げていればすべて解決します。

特に、勤め人、出張をよくする人、海外旅行している人などは、VPSを使ってみると、非常に便利でいつでもどこでもMT4が稼働させられると感激するはずです。

スマホやタブレット、外部のPCからでも自分のMT4にアクセスできる。


VPS上で相場分析やメール設定をしておけば、自宅のPCでなくても外出先のPCや別のネットで繋がっているスマホやタブレットでも、自分が設定した同じチャートのMT4でいつでもどこでもトレードができます。

費用の節約ができて、様々なトラブルに対処できる


VPSで24時間MT4を稼働させると、電気代の節約とトラブルに対処できるようになります。

まずは、電気代の節約です。

一日中、自宅のPCでMT4を稼働させれば、もちろん電気代がかかります。PCの電気代は大したことはありませんが、PCの消耗が激しく、PCが壊れてしまうと、PC代の方がVPSの有料サービスよりも値段が上がってしまいますし、凄腕トレーダーは基本的に、スマホではなく、PCで取引していることが多いので、PCはトレードをする上で非常に重要なツールなのです。

トラブルへ対処するためにもVPSをお勧めします。よくある事故は、ネット環境の不具合です。

自宅のネット環境が、いつの間にか遮断されていて、モデムをリセットして、再起動しないとネットが繋がらりません。当然ですが、自宅のネット環境が遮断されていると、メールも送られてきません。
EA(自動売買)などを、自宅のネット環境で利用している時に、突然ネットが切断されたら大変なことになります。日本は地震や台風が非常に多いです。それによる停電によって、ネットが遮断されるというリスクもあります。

しかし、VPSを使えば、常に安全な環境でMT4は稼働し続けますので、上記のようなリスクを回避することができます。

EAを稼働できる


EA(自動売買)を利用している方にとっては、VPSは一番必須になります。

なぜなら、EAを利用していると、MT4の稼働が少しでも止まることは、命取りになるからです。

例えば、注文していても、決済の注文が出せない。

このような、PC環境、ネット環境に不具合が起こると、大きな損失を招いてしまいます。

したがって、MT4が稼働するネット環境には、十分に注意を払う必要があります。

つまり、EA(自動売買)を稼働する場合、安全な環境でMT4を動作させるために、VPSは必須となります。

自動売買に絶対必要不可欠なVPSは「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」だ

お名前.com【デスクトップクラウド】


FX専用VPSを名目にして、高めの値段設定をしているぼったくり業者もありますが、「お名前.com」は、GMOインターネットという東証一部上場会社が運営していることもあり、他社と比べてかなりの高スペックで、割安価格を提供しています。トレーダーにとっては非常に嬉しい存在です。

「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」は、データセンターのサーバー上にあるPCを遠隔で操作して利用できるクラウド型のデスクトップサービスです。自宅PCで自動売買を行うのとは違って、24時間365日、安定した環境でFX自動売買を実現させます。また、MT4がプリインストール済みなので、初心者でも難しい設定をする必要がありません。

「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」が選ばれる5つ理由

1. コマンド入力不要!VPSよりも簡単


お名前.com デスクトップクラウドはVPSと異なり、コマンド入力やサーバー設定といった専門知識の必要な難しい作業は一切不要です。MT4インストール済みなので、初心者でもすぐにご利用いただけます。

2. 停電や通信トラブルを回避できる!電気代無料!


自宅PCで自動売買を行う場合、停電や災害、通信トラブル、メモリ起因による動作遅延など、さまざまなリスクが付いて回ります。
お名前.com デスクトップクラウドなら、安定した環境での取引が可能です。電気代もかかりません。

3. PC、MacでもスマホでもタブレットでもOK


PC、Mac、スマホ、タブレット全てのあらゆる端末からアクセスが可能です。スマホではMicrosoftが無償で提供しているアプリを使えば、簡単に接続できます。

4. 稼働率99.99%以上!


自社運用サーバーだから安心です。サーバーは他社の「間借り」ではなく、GMOインターネットの自社運用。24時間365日専門スタッフが監視を行い、万が一の際も即時対応が可能です。
データセンターは防火・防災、停電、耐震対策を完備し、稼働率は99.99%以上です!!

5. 24時間365日丁寧にサポート


メール、電話サポートは24時間365日対応します。何度でも無料でご利用いただけます。そのほか、操作ガイドやサービスFAQも豊富にご用意しておりますので、PCやスマホの操作が苦手の人にもしっかりとわかりやすく丁寧に教えていきます。

onamaedotcommt4

「お名前.com デスクトップクラウド」の詳細はこちらから



一流で大手の世界中のFXブローカーが採用

お名前.com【デスクトップクラウド】


提携FX会社は、楽天証券、Forex.com、外為ファイネスト、TitanFXの4つになります。どのようにして使われているのかひとつひとつ見ていきましょう。

楽天証券


楽天証券


楽天MT4の特徴について

楽天MT4には、特筆すべき4つの特徴があります。

特徴その1:楽天証券のサーバは全て国内で管理されている

楽天証券では、全ての取引サーバを日本国内のみで管理しています。

まずFXはネット回線がなければ取引できません。したがって、FXをしていく上で、ネットシステムトラブルというリスクは避けては通れないことです。それがご自宅のルーターや配線の問題ならばまだしも、困るのはサイトページの障害や中継局の混雑などによる接続障害です。

そのような時、海外にサーバがある場合は直るまでに時間を要したり、FXの取引をする上で大きなダメージになってしまいます。しかし、楽天証券は国内でサーバを管理しているので、このようなトラブルが起こりにくいというメリットがあります。

絶対に切れないインターネット回線というものは存在しませんが、海外サーバよりは国内サーバの上が安心度は高いといえるでしょう。そのため楽天証券の国内サーバというのは大きなmりっとです。

取引コストが無料、原則固定のスプレッド

特徴その2:全通貨ペアにおいて、取引コストが無料かつ原則固定のスプレッドを提供

楽天証券では、取引にかかる手数料が無料で、楽天証券で扱う全通貨ペアのスプレッドが、原則固定されているということです。変動するスプレッド式を採用している証券会社もありますが、固定されていた方が取引をする上でも計算しやすくわかりやすいですよね。

しかし「原則」とついている以上、もちろん変動する可能性はあります。その原則固定のはずのスプレッド値が動くのは、以下のような場合が考えられます。

・国内外の金融市場休場日や平日早朝時など市場の流動性が低下している時間帯
・主要経済指標の発表前後
・震災などの天変地異や政変
・金融・経済関連のビッグイベント

上のようなことが起こると、固定スプレッド値も変動してしまいます。しかし天変地異や世界的にも重大な出来事、または法令の改正などは頻繁に起こるわけではありません。したがって、ほとんどの場合が現状のスプレッド値で取引できると考えて良いでしょう。

もちろん全てのスプレッド値が「業界最安値」というわけではありません。しかし、楽天証券が最も低いスプレッド値である通貨ペアもありますので、通貨ペアによって、使い分けをしましょう。

特徴その3:楽天MT4には自動売買(EA機能)が搭載されている

楽天MT4には、EA(エキスパートアドバイザー)と呼ばれる自動売買プログラムが搭載されています。もちろん自分の手でいちいち取引を行うのも良いのですが、初心者の場合、何をどれだけ買っていいのか判断するのが難しいです。

しかし楽天証券のEAでは、過去に行われた膨大な量の取引データを元に、経済動向の予想立てをして自動で取引を行ってくれるのです。

特徴その4:使いやすさ重視で自由にカスタマイズができる

楽天MT4は、自分が使いやすいようにカスタマイズできます。もちろん最初から標準装備されている多彩なテクニカルインジケータが利用できるのは言うまでもありませんが、凄腕トレーダーが開発したインジケータをチャートに利用させることで、プロのテクニカル手法をそのまま再現することができます。

この機能があれば、始めたばかりの初心者でも安心して取引を行うことができますね。また、取引画面のレイアウトや、分析チャート設定なども自由自在にカスタマイズ可能です。自分好みの画面で自分が使いやすい分析チャートを利用すれば、FXの取引環境を向上させられるのでより良い結果が生み出せるかもしれません。



楽天証券のMT4の詳細はこちらから



FOREX.com


FOREX.com 口座開設FOREX.com 口座開設?|?fx-on.com

MT4口座の特徴とは?


・1,000通貨取引が可能

「Forex.com」の特徴は、まず1,000通貨という少額資金のよるMT4でのFX取引が可能であること。

1万通貨からでしか取引できない業者がいくつか存在するが、1,000通貨という少額投資ができるのは、特に初心者にとっては大きなメリットです。

取り扱っている通貨ペア数についても、49通りある。これは、他のMT4を取り扱っている業者と比較して、種類が多い方に分類されるが、すべての通貨ペアにおいて1,000通貨での取引またはそれに準ずる資金力でMT4を使ったFX取引ができる。

また、試しにMT4に挑戦したいと考えている人にもおすすめの理由の1つである。初めて取り組む際、やはりリスクを考えると少ないポジション数で取引するのが好ましい。

1,000通貨であればかなり少ない資金で取引ができ、売買する総額も少ない金額である。損失を被ったとしても、受ける金銭的なダメージは小さく抑えられる。

さらに、1つあたりのポジションで1,000通貨程度にしておき、余った証拠金を別のポジションで同様に1,000通貨程度で取引することによって分散投資も可能である。

チャート分析用のツールとして使うのであれば、別々のテクニカル分析を行いながらFXに取り組める。EAを用いた自動売買であれば複数のEAが同時に使えるほど資金的な余裕ができやすい。

これらが最低取引数量が1,000通貨になっていることのメリットであり、Forex.com(フォレックス・ドットコム)の評価できる根拠の1つ目だ。

・大口トレーダーはVPSが無料で利用可能!

さらに、大口トレーダーには、EAによる自動売買を行うためのVPSサービスが無料で利用できるという特典もある。条件としては、申し込み時に口座残高が30万円以上あり、かつ月を超えて継続する場合には、1か月に50万通貨以上の取引を行うことが、その内容である。

VPSサービスが無料になるための条件をクリアすることは、資金的に余裕がある人であれば、この特典によるメリットは大きいです。

一方、MT4口座を開設するとき、初回入金額が10万円以上であることが求められる。それ以下の場合、MT4口座での取引(裁量、自動売買ともに)できません。ただ、FX取引における10万円という元手については、それほど大金ではないと思います。

・49種類の通貨ペア数

通貨ペアの種類数が49通りもあります。これにより、米ドル、ユーロ、豪ドルといったメジャーな通貨ペアだけでなく、一部の国のマイナー通貨も取引できる。

多くの人はUSD/JPY、EUR/JPYのようにメジャーな通貨ペアを好みますが、上級者へと進んでいくとそれ以外の通貨ペアにも挑戦したくなる場合も少なくないでしょう。この時、MT4のFX業者こそがこのForex.comですね。

通貨ペアに関する選択肢が多ければそれだけ収益のチャンスも多いです。ある組み合わせでは安定したトレンドになっていなくても別の組み合わせでは滑らかなトレンドが発生しているという例もたくさんあります。

また、ストラテジーであるEAと通貨ペアの相性の問題もある。例えば、USD/JPYでは損失が増える傾向にあっても、EUR/USDでは収益が増える流れになっているということもあり得る。

通貨ペアが多くなればなるほど、このような恩恵が受け取れます。


・FOREX.com MT4

世界中で多くのトレーダーに支持されている、発注やマーケット分析力を追求した高機能取引ツールです。30種類以上のテクニカル分析に加え、EA(エキスパートアドバイザ)による自動売買にも対応しています。FOREX.com MT4だけに搭載されているTrader Tool Kitを使えば、AutochartistとTrading Centralの売買シグナルを無料でご覧いただけます。

・FOREX.com MT4 Web

インターネット環境があれば、どこからでもアクセスできるダウンロード不要のブラウザ仕様です。もちろんmacOSにも対応しています。FOREX.com MT4 Webの取引機能はダウンロード版のMT4とリンクしており、新規発注や決済注文、口座状況を共有することができます。

・FOREX.com MT4 Mobile

マーケットの動きをいち早くチェックできる通貨ペア画面を軸に、トレード画面やチャート画面を配置。取引に必要な画面に簡単にアクセスできる、ストレスフリーな操作性を実現しました。ダウンロード版MT4とアプリのプッシュ機能を組み合わせれば、約定通知をリアルタイムに受け取ることができます。iOSとAndroidの両方に対応しています!

EAホスティング

VPS(Virtual Private Server =仮想専用サーバー)を利用することで、PCの前にいない時でもネットワーク上にあるWindows環境のPCでMT4のEAを稼動させ、24時間自動売買を行うことができます。Windowsはもちろんのこと、macOSやiPhone/Androidからでもアクセスが可能なため、場所やツールを選ばず、MT4の自動売買状況を確認することができます。




FOREX.comのMT4口座開設はこちらから



外為ファイネスト


外為ファイネスト 口座開設外為ファイネスト 口座開設?|?fx-on.com

外為ファイネストは、国際的な金融グループであるHantec Groupの一員です。Hantec Groupは、世界有数の金融都市である香港に本社を置くとともに、アジア(東京、北京、台北)や欧州(ロンドン)、中東(ドバイ)、オセアニア(シドニー、オークランド)などの主要な金融都市において広く活動を展開しております。これらグループ全体の力とネットワークを結集し、外為ファイネストでは、より安定的・先進的な金融サービスの提供を目指しております。

MT4・ZEROとは?

MT4・ZEROは取引手数料「ゼロ」で1,000通貨からFX取引が始められます。

EAを使用したシステムトレードはもちろん、裁量トレードにも適しており、これからFX取引を始めたい方にもピッタリの商品です。

■取引手数料無料

■1回取引あたりの最大発注数量は100ロット(1,000万通貨)

MT4・ZEROの特徴

● 取引手数料は0円

● 1,000通貨からお取引可

● EA利用可、指値制限無し※1

● 1回あたりの最大発注数量は1,000万通貨

● MT4サーバは国内設置

● スキャルピングOK

● 発注から約定まで一切人手を介さないSTP方式によるNDD

● リアルタイム為替ニュース配信

● FXモーニングレポート/アジアMarketレポート(DZHフィナンシャルリサーチ社)毎営業日掲載

● 手数料無料で24時間ご利用いただける便利なクイック入金※2

● スマホから入金可

● MT4 PC版・iPhone版・Android版・iPad版をご用意

※1注文の変更、取消し、決済には制限があります。当社の定める約款の禁止条項に該当した場合、取引を停止する場合があります。

※2対応銀行
  ゆうちょ銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・ジャパンネット銀行・三井住友銀行(個人口座のみ)・イオン銀行(個人口座のみ)・ローソン銀行(個人口座のみ)

MT4を使うメリットは?

・MT4の最大の魅力は、あらかじめ設定したプログラムが自分に代わって自動売買をしてくれる所!

・内蔵されている50種類以上の豊富なテクニカル指標を使用可能!

・オリジナルの自動売買プログラム(EA=Expert Advisor)を作成できます。

また、ご自身で自動売買プログラムを作成できなくても、市販のEAで自動売買を行うこともできます。

EAは無料、有料など様々な種類がありますが、外為ファイネストが提供するMT4では全てのEAの動作を保障しているわけではありません。EAの選択および利用はご自身の判断で行って頂くようお願いします。

・MT4ではバックテストを行うことで、トレードをする前に過去の値動きからEAの検証が出来ます。

・MT4で取引をすれば24時間チャートに貼り付く必要もなく、きっとあなたのFX取引をより快適なものにしてくれます。ただし、インターネット環境などには十分ご注意下さい。EAはMT4を起動している間しか自動売買を行いません。



外為ファイネストのMT4・ZEROの口座開設はこちらから



Titan FX




TitanFX(タイタンFX)は、ニュージーランド金融規制庁(FSPR)、セントビンセント・グレナディーンによって認可を受けた2014年設立の注目の新興FXブローカーです。専用回線による約定力、業界最狭水準のスプレッド、信託保全とゼロカットによる追証請求無しという抜群の条件から多くのトレーダーから評判のFX業者になります。設立後口座開設を伸ばし続け今では海外FX業者では1、2位を争う人気を誇っています。新興業者ながら実績を着実に伸ばしています。

また、Titan FX(タイタンFX)では、オンラインの外国為替証拠金取引(FX取引)をはじめ、メタル取引、コモディティ取引を、個人および機関トレーダーの皆様へご提供しています。Titan FXは、ディーリングデスクを介さないNDD方式で、安定したFX取引を行いたいという、多くのトレーダーからのご要望に応えるかたちで設立されました。

TitanFXといえば、やはりFX業界最狭水準の低スプレッドが目玉です。さらに、専用のVPS回線を使用しているので、高い約定力を実現しています。サポートも日本語で受けられます。追証に関してはゼロカット方式を採用しており請求されることはありません。もちろんレバレッジも500倍なのでTitanFXは大きな取引が可能となります。

特に、TitanFXのスプレッドで注目すべきことは、USD/JPY0.0pip~ということ。口座をZeroブレード口座(Bladeアカウント)で解説する必要があります。Zero Point(ゼロポイント)ダイナミック・リクイディティ・アグリゲーション(ZP-DLA)というシステムを採用して、超高速処理能力を持つAIアルゴリズムを利用することによって、スプレッドをなんとUSD/JPY0.0pip~とFX業界最低水準を実現可能にしました。しかし、スタンダードとの違いは取引毎に手数料が必要となります。

TitanFXは信託保全がしっかりしています。

National Australia Bank(ナショナルオーストラリア銀行)の信託口座にて管理を行っているのでTitanFX破綻時には顧客資金の全額返還が行われます。National Australia Bankは世界でも安全とされる商業銀行ランキングで第6位の銀行であり日本のどの銀行よりもかなり高い安全性があると認められた銀行なので海外FX業者の信託口座の中でも特に信頼性の高いものとなります。

Titan FXのメタトレーダー4 (MT4)の特徴

MT4プラットフォームは、経験豊富な上級トレーダーから初心者まで、幅広いトレーダー向けにMetaQuotes社により開発されました。ライブ為替レート、リアルタイムチャート、ワンクリック取引等、FX取引において必要不可欠な機能が多数搭載されています。

MT4の大きな特徴の一つとして、MT4独自のプログラミング言語であるMQLが挙げられます。MQL言語により、カスタムインジケータや、EAのプログラミングを飛躍的に容易に行えるようになりました。EAとは自動売買ロボットのことで、手動で取引することなく、FX市場オープン中、24時間取引を行って頂けます。また、MQL言語の使用により、アドバンスチャート等のカスタムが可能となりました。

・気配値ウィンドウ

・ナビゲーターウィンドウ

・複数の注文タイプ

・分析ツール

・複数チャート設定

・自動取引

・安全な取引

・DDEプロトコルによるリアルタイムのデータ出力

・ハイクォリティ・制限なしのチャート設定

・無料ダウンロード



Titan FXの口座開設はこちらから


まとめ

MT4を最大限に活用するために、FXに特化したVPSというサービスがあります。

VPSでMT4を利用すると、MT4の売買サインやメールを24時間いつでも受け取ることができ、
どこにいてもPC版のMT4で詳しい相場分析をすることができ、スマホやタブレット、外部のPCからでも自分のMT4にアクセスでき、費用の節約と様々なトラブルに対処することでき、
EAをも稼働できます。

このようなメリットがあるということです。

割安で有料ですが、1日50円程度なので、このVPSを使ったFX売買サービスはかなり有用です。


onamaedotcommt4

「お名前.com デスクトップクラウド」の詳細はこちらから