前書き(Vorwort)


国内FX・海外FXと様々なFX取扱業者が世界中に存在します。そのうち、どのFX会社を選ぶのか本当に悩んでしまいます。自分の専門知識、投資の勉強量、自分の余裕の時間、持ち金等自分自身に相談してみないとわかりません。
また、どれだけ良質なFX取扱会社の口座開設をしても、一つのFX会社が全て完璧なサービスを提供しているわけではありませんし、使うFX業者によって、自分に合う合わないもあり、また、世界情勢とも重なるなど様々な要因で勝てる方も負ける方もいます。

人間は、勝った時には喜び、負けた時には詐欺とかイカサマだとFX会社やそれを紹介した人を罵倒することが多いです。気持ちはわかりますが、投資は基本的に自己判断です。信託保全をせずに、FX会社が資金を持ち逃げしてしまうという最悪なケースも稀にありますが、そんな業者はすぐに信用をなくし潰れるので、信頼のあるFX業者で取引しましょう。あくまでも、取引は自己責任です。
インターネット上には、さまざまな口コミや評判が存在しますが、その口コミが本当に正当なものなのかを見ていこうと思います。

ソーシャルトレードとは?(What's the Social Trade?)


ソーシャルトレードは、また、コピートレード(copy trade)とも言われます。

ソーシャルトレードはシステムトレードをさらに進化したもので、海外だけでなく日本でも現在注目されつつあるトレード方法です。

このソーシャルトレードは、FXで儲かっている世界中の優れたトレーダーのトレードをtwitterやFacebookのようにフォローすることにより、自分の資金を自動で売買してくれるというシステムです。

スマトレ(SmartTrade)は、世界中の優れたトレーダーのトレードをフォローすることで、あとは自動で売買してくれるというもの。売買は最低1口(0.1Lot=1万通貨=10000USD)から選択可能。手数料は無料で、スマトレ(SmartTrade)はスプレッド手数料で運営されています。スマトレ(SmartTrade)では、レバレッジは最高で500倍設定できます。

ソーシャルトレードの2つのタイプとメリット


ソーシャルトレードには、「プロの投資家をフォローするタイプ」と「システムをフォローするタイプ」の2つのタイプがあります。プロの投資家をフォローするタイプでは、顧客が自分の取引履歴や損益状況を公開することができ、別の顧客がフォロワーとして登録することができます。公開するかしないかは自由ですが、腕に自信のある人は実績を公開しましょう。取引を公開するメリットは、フォロワーから成功報酬がもらえるからです。詳しく言えば、トレーダーは自身の取引を公開することにより、フォロワー側とは違う利益が発生します。ソーシャルトレードの場合、トレーダーが取引を公開しフォロワーが付くと、フォロワー数と取引量に応じて報酬が発生します。フォロワーにとっても、初心者がベテランと同じように取引できるので、取引の仕方を勉強することができます。また、忙しい自分の代わりに他人が運用してくれるので、手間が省けます。

 あなたがプロの投資家をフォローすると、もしそのプロが注文を出すと、自動的にフォロワーの口座でも同じ注文が発注されます。フォロワーにとっても、初心者がベテランと同じように取引できれるとか、忙しい自分に替って他人が取引してくれるというメリットがあります。

システムをフォローするタイプもプロの投資家をフォローするタイプと基本的に同じ仕組みになっています。異なるのは、人を選ぶのではなくシステムトレードを行うシステム(投資戦略)を選ぶという点です。取引実績や自動判断の仕様が公開されているので、それを参考にして選びます。基本的にシステムの作者は顧客であり、やはりフォロワーから成功報酬がもらえるようになっています。

日本国内FX業者でソーシャルトレードを行なっている業者は2つ


 日本国内FX業者でソーシャルトレードを提供している業者は2つで、みんなのシストレ(トレイダーズ証券)シストレ24(インヴァスト証券)だけです。

みんなのシストレ(トレイダーズ証券)の特徴


みんなのシストレ


☆優秀なストラテジーをセレクトすることで安定した収益が実現できる

☆あなたが仕事をしている時も、寝ている時も、24時間システムトレードが行われます

☆ストラテジーをランキング形式で紹介しており、お気に入りのストラテジーを見つけやすい

☆1,000通貨単位での取引もできるため、初心者でも安心して始められる

☆テクニカル分析や情報収集などは不要、あなたが見るのはストラテジーのプロフィール

☆新規口座開設キャンペーンも実施中!

「みんなのシストレ」の詳細はこちらから


シストレ24(インヴァスト証券)


インヴァスト証券


「シストレ24」の特徴

1.厳選された国内外のストラテジーを搭載 

2.世界初!世界中で認められている2つのシステム
  「ミラートレーダー」と「カリネックス」のコラボレーション
3.各種手数料が無料!
   すべてのストラテジーが無料で利用いただけます。

シストレ24が選ばれる理由は?

・プロの投資戦略が500以上搭載。

・操作は簡単、選ぶだけ。

・各種手数料無料

・約定能力が高い強固なバックシステムを採用

・24時間、自動で売買


シストレ24は、選ぶだけで自動売買が始められるFXサービスです。プログラミングなどの専門知識がなくとも始められ、世界中のプロが作成した投資戦略(ストラテジー)を無料で使用できます。好きなストラテジーを自由に選べますので、ストラテジーを組み合わせることで、自分好みのポートフォリオを組むことが可能です。

また、約定能力とその処理スピードで世界的に有名なカリネックス社のバックシステムを採用したことで、大量の注文件数を同時にさばくというシステムトレードのための最高水準の環境をご用意しております。



「インヴァスト証券のシストレ」の詳細はこちらから


ソーシャルトレードのデメリット


ソーシャルトレードのうち、人をフォローするタイプには、デメリットがあります。それは、不正取引の懸念が扶殖しきれないことです。

具体例として、フォロワーが何百人、何千人もいるトレーダーがいたと仮定します。その大量のフォロワーを抱えているトレーダーがまず他のFX業者でポジションを作り、その後にソーシャルトレードで同じ取引を行うと同じ注文が次々と執行されるので、その間にそのトレーダーが有利になるように売りぬけてしまうということです。この不正をフロントランニングと言います。また、別の問題点としては、トレーダーとそのフォロワーの取引には当然ですが売買する時に、約定する時間差が生じます。その時間差のためにフォロワーが不利な価格をつかんでしまう可能性があります。

したがって、日本ではまだ人をフォローするタイプのソーシャルトレードは認可されておらず、システムをフォローするシステムトレードだけが認められています。当然、その取引システムは業者が用意したものとなります。顧客が作成したものを他の顧客がフォローするという、本来のソーシャルトレードとは形態が異なっています。

注意点としては、自らの判断のみで取引しないことによる根本的なリスクがあります。想定外の大きな損失を被る可能性はあります。完全に放置せずに、自分で優秀なトレーダーを評価して、適切なタイミングでトレーダーを入れ替えていきましょう。



スマトレ(SmartTrade)の機能面・コンテンツの概要を紹介!


smarttrade300250



・フォローするだけでFX投資家デビュー

・プロトレーダーを簡単検索&簡単選択可能

・ パソコン・スマートフォン・タブレットに対応しているのでどこでも可能

・クリック入金対応

・FXの知識必要0でも利用できる

・初心者でもトレード可能!

・プロに任せて収益を獲得!

・シンプルな操作で初心者に優しい

・口座開設手数料・維持費など完全無料

・PCやスマートフォンなどの機械が苦手でも複雑な初期設定の必要なし

・ 時間に縛られず自由な時間を楽しめる

・ 初心者でもプロのトレーダー同等の取引が可能

週間SPA!に取り上げられてから注目を集めるソーシャルトレードを提供しているスマトレ(SmartTrade)は、FX未経験や知識がなくとも、お小遣いが稼げると注目を集め、男女問わず新規利用者が急増中です。

ソーシャルトレードのうち、人をフォローするというシステムは上記で説明したように日本では認可が下りておりません。また、シストレ(システムトレード)のように難しい設定をする必要もなく、プロのトレードをそのままコピーするという新しいFXのスタイルとして誕生しました。

WindowsとMac両方のOSに対応、スマホ・タブレットでも利用可能となり、コンテンツ利用料や口座開設費・維持費など全て無料で利用できますので、初期投資なく手軽にFXで収入を増やしたい方におすすめです。

スマトレ(SmartTrade)登録利用方法


Step.1

登録・利用するためには、スマトレ(SmartTrade)に本人確認としての住所・氏名・年齢・電話番号・振込先金融機関・身分証明書をインターネット上で記入し登録申請することにより、利用を始められます。

Step.2

登録が完了しましたら、あなたのスマトレ(SmartTrade)口座に入金する必要があります。
メニュー「入金案内」の項目より、クリック入金または銀行入金のどちらかを選択し入金します。

※各種クレジットカード・Pay-easyがご利用可能です。

口座に入金して、スマトレ上の口座残高に反映されれば準備は完了です。

留意事項


・入金方法

なお、初回の入金は、最低30,000円($300)以上からとなります。
また、2回目入金以降の1回の入金は、10,000円($100)以上、1億円($1,000,000)未満となります。

※金融機関での振込手数料はお客様のご負担となります。

※別途、銀行入金の場合、弊社での入金事務手数料として1,000円かかります。

例:スマトレ口座へ30,000円入金したい場合。
 31,000円(スマトレ口座30,000円+入金事務手数料1,000円)と金融機関振込手数料がかかります。

※クイック入金では、上記クレジットカードでの決済及びPay-easyでの決済が可能です。

※金融機関の受付時間については、各金融機関のサービス詳細ページをご確認下さい。

・出金方法

お客様専用のマイページより、出金依頼を行う事ができます。

1. マイページへログインし、画面サイドバーのメニューより「出金申込」をクリックします。

2. 出金したい金額をご入力いただき、出金方法「銀行振込(海外送金)」をクリックします。

3. 確認画面で内容をご確認頂き、「出金申込をする」をクリックし、出金申込完了となります。

(銀行振込をご選択の場合)

※出金可能な最低金額は30,000円($300)〜の1,000円単位となります。

※海外送金は、出金依頼1回につき2,500円の出金手数料が発生します。
  また、別途、お受け取り時に受取銀行手数料及び中継銀行手数料が発生します。
  各種手数料お振込先の銀行により異なりますので、予めご了承ください。

※事前に海外送金を受け取れるお客様の口座情報の登録が必要です。

※出金申請受付後、3~5銀行営業日で着金となります。

※一回の出金依頼金額の合計は、200万円以内となります。

※1日の出金依頼金額むの合計は、2億円以内となります。

※出金予定日は、「原則」となります。



スマトレ(SmartTrade)口コミ・評価


評価:5
FXなんてやったことないし、難しいことなんて分かんないけどお小遣い稼げるって感じだったからはじめたみたら本当に稼げてヤバイ

トレーダーさんが頑張ってくれたおかげで楽して稼げるってホントだったんだーって実感!今18万プラスだから、これが40万プラスになったらティファニーのネックレス買うんだ♪

評価:5
システムトレードは機械的な設定があり、丸一日ポジションを持つこともなく終わってしまったり、負けが続いてしまったりと散々な目にあいましたし、かといって自身でトレードを行なえるほどの力量もなく悩んでたのですが、ソーシャルトレードは力強いトレーダーが多く、損切のタイミングや利益確定のタイミングなど参考になることが多く、非常に勉強になりますし助かっています。

元金50万ではじめてから一か月経過した今、127万円まで膨らんでますので私にとっては悪いことは何もありません。

評価:5
トレード歴は11年ほど、取引スタイルはデイトレードで主な通貨ペアは米ドル円、ユーロ円を取り扱っていましたが、時間に対しての利益を考えれば割に合わなく悩んでおりました。
そんな時に、こちらの仕組みを知り試してみたところ時間の束縛がなくなり精神面でも解放され晴々しています。
今現段階で収益に関しては、一週間ほどで25万円の利益となります。

評価:5
インストでは、FXのノウハウに頼らずともトレードをおこなえるので知識など必要とせず稼げるのが非常に素晴らしいシステムだと感じています。

トレーダー選びだけは慎重に選んでるつもりですが、好不調の判断をきちんとしないと勝手に負けてしまうので(笑)そこだけは気を付けています。

上記一部のレビューを見ましたが、スマトレ(SmartTrade)の口コミに関しては「初心者でも勝てた」や「FXの知識なくトレードができるのが嬉しい」「時間に縛られなくなった」などの良い口コミが多く、スマトレ(SmartTrade)を利用して利益を出した方が多くいらっしゃるようです。

まとめ:スマトレ(SmartTrade)は良質な業者か?


スマトレは、ランキングや過去の取引実績から自分に合うトレーダーを選ぶことができます。

利益の高いトレーダーといっても相場が変われば勝ち組トレーダーも変動していきます。
その中でも、いかに勝てるトレーダーを選ぶかが勝利へのポイントとなります。
日本ではまだ認可されていない人をフォローするソーシャルトレードですが、システムトレード(シストレ)の進化版として注目され、相場(チャート)に張り付く時間が作り難いサラリーマンや学生のように、日中忙しい人は、時間に縛られている人、本業が他にある方、FXの仕組みやパソコンなど苦手な人にも、他の仕事や学業に集中しながらトレードができるので、お小遣い稼ぎとしては試す価値ある日本にはない最新システム搭載のFXといえるでしょう。



スマトレ(SmartTrade)の口座開設はこちらから



スマトレ(SmartTrade)は海外FX業者なので、税金が国内FX業者と違う


海外FXの利益は「FXの利益」単独で税金が計算されるのではなく、「給与所得+その他所得+FXの利益」の合計に対して税金が計算される形になります。つまり、海外FXの場合は「総合課税」で累進課税なので、「給与所得」や「その他所得」と合算して税金が計算される仕組みになっています。

一方で、国内FXの場合は「申告分離課税」であり、「FXの利益」単独で税金が計算されます。申告分離課税は簡単です。

税率は一律 であり、

20% + 復興特別所得税 0.315%

です。

利益に対して、20.315%を掛けるだけなのです。控除額の計算も必要ありません。

まったく、仕事をしていなくて海外FXだけで年間200万円の利益がある方の場合は

200万円 × 20.315% = 406,300円

まったく、仕事をしていなくて海外FXだけで年間500万円の利益がある方の場合は

500万円 × 20.315% = 1,015,750円

という計算になるのです。

税金だけを見ると、海外FXよりも国内FXの方が税額が優遇されています。

海外FXと国内FXでは損益通算ができない


国内FXでは、同じ国内FXの利益や損失は損失通算が可能です。

A社で50万円のマイナス
B社で100万円のプラス

であれば、合算して50万円のプラスという収入に対して税金が発生するのです。

海外FXでも、同様に同じ海外FX同士の利益や損失は損益通算が可能です。

A社で50万円のマイナス
B社で100万円のプラス

であれば、合算して50万円のプラスという収入に対して税金が発生するのです。

しかし、国内FXと海外FXの損失と利益は損益通算ができないのです。

国内FXA社で50万円のマイナス
海外FXB社で100万円のプラス

があった場合には、海外FX分の100万円に対して税金が発生することになります。

これは逆でも同じです。

国内FXA社で100万円のプラス
海外FXB社で50万円のマイナス

があった場合には、国内FX分の100万円に対して税金が発生することになります。

海外FXの場合には同じ「雑所得」同士であれば損益通算が可能になります。

海外FXでプラスになって、インターネットオークションでマイナスが出た場合などにも、海外FX分のプラスを引き算してかまわないのです。

国内FXの場合には国内業者の「FX」「先物取引」「オプション取引」であれば損益通算が可能になります。

このように税金には損益通算のありなしが大きく違うのです。損益通算のありなしによって税金額も大きく変わってくるため、FXのスタイルや資産管理の状況に応じて、海外FXを選ぶべきなのか?国内FXを選ぶべきなのか?が決まってくるとも言えるのです。

海外FXの利益の節税対策は?


海外FXの税金を安くする方法はあります。

海外FXでも「経費」が認められるのです。会社経営している方であれば、ピンと来る方も多いと思いますが、副業で海外FXをやっている方でも経費を作ることによって、実際の収入よりも課税所得を低く抑えることで税金を少なくすることができるのです。

海外FXの利益 - 海外FXの経費 = 課税所得

となるからです。課税所得は少なくなればなるほど、税金は抑えられるのです。

海外FXの経費になるものの具体例

・セミナー参加費用(交通費含む)
・銀行の取引手数料(海外送金手数料)
・書籍、新聞、有料投資情報などの資料代
・取引手数料
・パソコン購入費
・携帯料金
・インターネット費用
・サーバー費用
・電話代(電話注文、携帯取引で使用する場合)
・事務用品(ノートやペンなど)
・海外FXで使用している部屋の家賃

これらは当然、海外FXの利益を生み出すのに使った費用である必要があります。パソコンは別物目的でしか使っていないというのであれば経費は認められないのです。逆に考えれば、賃貸マンションに住んでいて、そこで海外FXをしているのであれば、家賃の50%ほどは経費として考えても良いということになります。
この判断が難しいのですが、これらは基本的に税務署がどう判断するかということになってきます。

また、注意しなければならないのは、経費を多くすることで課税所得が20万円を切った場合にも、確定申告は必要になるのです。確定申告をして税務署に経費を認められてはじめて税金は0円で良いということになるのです。経費があるから税金は0円だと勝手に判断して、確定申告をしないと税金の申告漏れになってしまいます。