ソーシャルトレードは、斬新的な取引スタイルです。

FX取引は、IT技術並みに進歩し続けているので、新しい取引システムが次から次へと誕生しています。新しい情報を手に入れることに貪欲な人は、当然「ソーシャルトレード」を知っているはずです。

ソーシャルトレードとは?


ソーシャルトレードとは、取引で成功している人のトレードを真似(コピー)する事です。また、コピートレードやミラートレードとも言われています。分類すると、以下の二つに分ける事が出来ます。

1. 取引する人をコピーする場合

2. 取引するシステムをコピーする場合


つまり、ブログやメルマガなどで売買チャンスや売買するタイミング、銘柄選びを教えてくれる人がいます。その方のトレードの方法をコピーするトレードという事です。

さらに、取引システムを公開している場合やMT4(MetaTrader)を利用しているのであれば、自分の取引スタイルに合っていそうなシステムをそっくりそのまま利用する事です。

自分で取引をしないで、利用できるものはどんなものでも利用してお金を稼いでしまうという、究極のトレードシステムとなっています。

ソーシャルトレードは勝っている人・負けている人両方に投資のチャンスを与える


自分で取引して勝てるなら、ソーシャルトレードは必要ありません。

しかし、実際には勝つことは難しいです。FXと株取引の違いでよく例えられるのが

株…100人取引したら100人勝つこともあり得る

株式投資の場合、値動きが激しい・銘柄が膨大にある・資金がたくさん必要という特徴があります。

株式投資において、口座開設が一番多くされて、手数料が安めで、一番金融商品を扱い、株式という金融商品から派生したデリバティブであるeワラントと行った値動きの激しい金融商品を扱っているSBI証券 がずば抜けて人気があります。また、特別なプログラミング知識を必要とせず、システムトレードができるマネックス証券のトレードステーションや、マーケット情報や株価情報などをリアルタイムで取得してExcel上に表示するだけでなく、情報の加工や発注まで行えるというシステムトレードへの応用もできる岡三オンライン証券岡三オンライン証券 総合口座開設?|?fx-on.comが提供している岡三RSSも人気です。


FX…100人取引したら99人が負けて1人だけが超大金持ちになることもある

FXの世界では上記のことが言われることがありますが、上記のように言われる理由は、レバレッジやレバレッジをかけたことによる変動の激しさや他にも諸々の理由で、FXの場合は、負けやすい反面一攫千金が狙え、株の場合は、コツコツとゆっくり資産が増える可能性が高いという事です。

負けやすいが一攫千金が狙えるFXの逆転発想で誕生したのが、ソーシャルトレードです。勝っている人が、取引スタイルを教えたら、理屈上では勝つ人が増えていきますよね。それが、最後はどのような結果になるか想定できませんが、短期的に、大きくお金を稼げる可能性も高いのです。

ソーシャルトレードは数年前から、海外のFX市場ではより一般的なトレードになってきましたが、負け続けている人からすると、最高のトレードスタイルになります。

また、ソーシャルトレードの場合、負け続ける人をフォローして逆取引して勝てることからフォローされるのでフォロワーから手数料がいただけます。したがって、負け続けている人にとってもソーシャルトレードはFX取引において、稼げるチャンスをくれるのです。

ソーシャルトレードで勝つコツとは?


ソーシャルトレードについて最初に述べましたが、分類すると

1. 取引するトレーダーが発信するシグナルでトレード

2. 取引するシステムを導入してほったらかしトレード

になります。長期的に勝ちたいなら、完全にほったらかしにせず、こまめに自分の資産をチェックして、定期的にフォローするシステムやトレーダーを入れ替えていきましょう。

1にも2にも両方ともメリット・デメリットがあります。

1の場合は、トレードをフォローするorコピーするのは人間のトレードです。人間をフォローするとき、人間は機械ではないので、臨機応変に状況に合わせて取引スタイルを変えることができますが、24時間365日ずっとトレードしているわけではありません。

2の場合は、システムをフォローするorコピーします。したがって、24時間365日ずっとトレードをすることはできても、臨機応変に状況に合わせて取引スタイルを変えることができません。過去のデータに基づいて近未来の為替やチャートを予測して、売買しているだけです。


そして、1にも2にも両方とも言えることが、シグナルが出てからのトレードは、どうしてもフォローしたトレーダーやシステムの売買時間よりも少し遅れる事があるということです。

ソーシャルトレードのデメリット


ソーシャルトレードには、デメリットも多々あります。

・国内取扱い業者がかなり少なく、海外FXが中心

・海外FXでも自動取引を利用するとき、スプレッドが高めになる

・海外FXを利用する場合、最低限の英語力やMT4なども必要になる場合がある

・自動取引では資金管理をこまめにしなければならない

ソーシャルトレードができる国内業者はどこ?


もしかしたら、あなたが想像していたソーシャルトレードとは多少違う面があるかも知れませんが、国内なら

・みんなのシストレ (トレイダーズ証券)

みんなのシストレ

・シストレ24 (インヴァスト証券)


インヴァスト証券インヴァスト証券


・セントラルミラートレーダー (セントラル短資FX)セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.comセントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com


AMMA(=Ava MT4 Multi Agent) (アヴァトレード・ジャパン AvaTrade Japan)

アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設アヴァトレード・ジャパン株式会社 口座開設?|?fx-on.com

・INSTANTRADE (インスタ)



・Smart Trade (スマトレ)




となります。日本国内で有名なのは上記で述べたこの5社です。

トレイダーズ証券(みんなのシストレ)とインヴァスト証券(シストレ24)に関しては、スワップポイントや1000通貨取引、スプレッドなども今までの取引と同じです。

セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)に関しては、セントラルFXダイレクトとスワップポイントやスプレッドなどが同じで、5,000通貨以上が取引の対象となります。

AMMA(アヴァトレード・ジャパン AvaTrade Japan)に関しては、AMMAに登録するにはアヴァトレードジャパンのMT4口座が必要となります。まずは、こちらからMT4AvaTrade Japanの口座開設を行ってください。AMMA用MT4口座は、SPからの取引シグナルに従って取引を行うための口座となります。1,000通貨単位から取引ができ、通貨ペア数も70種類以上あります。ただし、マイナスのスワップポイントが多いので、スキャルビングをしましょう。

INSTANTRADE (インスタ)とSmart Trade (スマトレ)は両方ともレバレッジが500倍で、NDD方式となっております。また、twitterやfacebookを使うのと同じようにトレーダーをフォローするか外すかの完全なるコピートレードという取引方法となります。しかし、両方とも手動で取引するといった裁量取引は、できません。しかし、結構使い勝手がよく、FXの知識がなくても、簡単に投資が始められる・投資の世界に踏み込めるというのがメリットです。ただし、INSTANTRADE (インスタ)の場合、口座解約したいときは、残高を0にしなければならないのに対して、Smart Trade (スマトレ)は残高を0にする必要がありません。また、Smart Trade (スマトレ)の方がスプレッドや通貨ペアなどの詳細を知らせてくれ流のが特徴です。

まとめ


2019年現在では、ソーシャルトレードの自動取引を導入している国内FX業者が少ないので残念です。しかし、将来は普及するのではないかと期待しています。

トレードしている人の売買システムを真似するorコピーするという事は、取引スタイルの究極進化形です。

国内FX業者の中では「みんなのシストレ」「シストレ24」がソーシャルトレードに力を入れています。

そして、極力自動売買ツールに力を集中しているのがAvaTradeです。

そして、ソーシャルトレードの完成体と言われて、メディアに放映されたのが、INSTANTRADE (インスタ)Smart Trade (スマトレ)なのです。

これから自分の資産を運用し始めてみたい方には、上記の5社がオススメです!!