目次(Table of Contents)

為替売買するための世界標準ツールが「Meta Trader4 (MT4)」であり、MT4を安定稼働させるために必要なので、VPS(仮想専用サーバー, virtual private servre)が開発されました。
為替はほぼ24時間365日動いているので、人間が24時間365日監視して売買するのは、不可能です。
そこで、VPSを稼働させることにより、24時間365日、自分のパソコンやスマートフォンをOFFにしていても、自動売買はずっと動いてくれます。

なぜ為替売買をするときにVPSが必要なのでしょうか?

理由は大雑把に言えば以下の7つがあります。

・金融取引の遅延(latency)や大規模な取引が少ない。

・MT4や各種アプリケーションが常に稼働している状態である。

・24時間取引に最適。

・停電してしまってもずっと稼働しているので、心配いらない。

・PCやスマートフォンの電源をOFFにしていてもVPSは稼働しているので、電気代が節約できる。

・場所や時間に関係なくアクセスできる。

・パソコンのスペックやネットの通信速度に依存しない。

しかし、為替を自動売買をするときに、VPS(仮想専用サーバー)の選択に迷うときはありますよね。

この記事では、「使えるねっと」というサーバー会社が提供するFX専用VPSのスペックと特徴について説明させていただきます。

「使えるねっと」とは?


「使えるねっと」は、1999年よりレンタルサーバ事業を開始し、2002年に、日本に拠点を構えるサーバー提供・保守・管理会社です。

使えるねっとは、2002年設立の日本に拠点を構えるサーバー提供・保守・管理会社です。
2009年に現在の名前である「使えるねっと株式会社」に名称変更しています。
様々なサーバーを提供しているのはもちろん、FX専用VPSも提供しております。

社名使えるねっと株式会社 Tsukaeru.net Co.,Ltd.
使えるねっと
代表取締役ジェイソン フリッシュ
所在地[本社]
長野県長野市南県町1082 KOYO南県町ビル3階
[東京支社]
東京都中央区八重洲1-6-17 八重洲勧業ビル4階
TEL0120-961-166(03-4590-8198)
E-Mailsupport@tsukaeru.net
URLhttps://www.tsukaeru.net
資本金70,740,000円
設立1999年7月01日– 個人事業
2002年2月08日 – 株式会社JMFインベストメント&テクノロジー設立
2007年4月17日– 株式会社JMF設立
2008年7月23日 – 東京支社開設
2009年11月1日 – 使えるねっと株式会社に社名変更>
2011年11月 – Ozhosting.com PTY LTD出資(オーストラリア)
2015年4月 - PT Awan Solusi Informatika設立 (インドネシア)
事業内容レンタルサーバ事業
クラウドサービス事業
取引銀行三井住友銀行
北陸銀行
長野銀行
八十二銀行
ビジネスパートナーパラレルス株式会社
アクロニス・ジャパン株式会社
プレスク株式会社
インテレット株式会社
マイクロソフト株式会社



FXを取引するとき、VPSが必要な理由とは?


FX専用VPSとは何か?

VPSとは、Virtual Private Serverの略であり、FX業者が提供している高性能な大容量サーバーを仮想サーバーとして分割し、分割された個別のサーバーをそれぞれの投資家の専用スペースとして貸し出すサービスのことです。換言すれば、性能が高くて安定性がずば抜けたサーバーを、安いコストで貸し出すサービスのことです。

そして、FX専用のVPSとは、字の通り、FXを取引するときに最適なVPSの仕様になっていて、特にMT4の安定稼働に特化したサービスなのです。

FXのMT4(MetaTrader4)とは?

FX取引において、よく耳にするMT4という単語は、MetaTrader4の省略で、世界中のFXトレーダーで標準的でよく使われる取引専用ソフトです。MT4は、多種多様なチャート分析システムを提供しており、また数々の機能を備えています。したがって、多くの専業トレーダーやプロトレーダー、機関投資家たちに頻繁に利用されています。

MT4を利用するときに、最大の魅力は「エキスパートアドバイザー(EA)」です。

プロトレーダーがMT4を利用する最大の理由は、MT4が提供する自動売買機能と、それをサポートするEA(=Expert Adovisor)という自動売買機能です。

MT4を利用するとき、「こういう状況ではこの通貨をこれくらい買う」という売買ロジックを複雑に組み合わせたプログラムやアルゴリズムを設定することによって、FXの自動売買ができます。

一度、MT4で設定してしまうと、そのアルゴリズムに沿ってMT4が自動的に取引を行ってくれるので、チャートの動向をじっと見極めながら自分で売買する必要がありません。

MT4自身では、自動売買はしてくれないので、MT4にEAを読み込ませる必要があります。
ここで、EAとは、世界中の投資会社やプロトレーダー、機関投資家などがプログラミングした独自の取引アルゴリズムのことです。

インターネット上では様々なEAが無料または有料でアップロードされています。これらのEAを入手してMT4に読み込ませることによって、プロの投資方法をそのままコピーしたりさらに改造して、自分の売買方法に還元することができます。

例えば、ZuluTradeが無料で使えるEAです。






VPSは、EAの自動売買で威力を発揮する

FX専用VPSは、MT4でEAを使った自動売買においてその威力を発揮します。EAの自動売買は、高度な専門知識がなくても収益を上げやすい自動売買ツールですが、MT4を立ち上げている間しか機能しません。つまり、24時間常にパソコンやスマホの電源をつけておき、MT4を起動させ続けなければ、効果がありません。

しかし、家庭用のパソコンを24時間365日ONにし続け、かつ、MT4という高機能なソフトをずっと立ち上げていると、パソコンに大きな負荷をかけてしまいます。そして、電気代も少しですがかかってしまいます。パソコンの寿命も縮めてしまう可能性があります。

さらに、ネット回線の切断やパソコンソフトのフリーズといった問題が発生します。

そこで必要不可欠なのがFX専用VPSなのです。

VPSには、高スペックなサーバーと高速な専用回線が使用されているのでMT4がトラブルに見舞われる可能性は非常に低いです。また、万が一の事態に対するリスク対策も万全に取られているので安心できます。Latency、つまり、自動操作の反映にかかる遅延時間が低いので、常にアルゴリズムが意図する最善のタイミングで取引を実行できるというメリットもあります。

VPSなら外出先でも、EAの取引状況を確認できる

FX専用VPSにはもうひとつ大きなメリットがあります。

それは、外出先や出張先、海外旅行中などでもタブレットやスマートフォンからリアルタイムでEAの取引状況を確認できるという事です。ログイン操作だけで、VPSのデスクトップにアクセスできるので、仕事の昼休み中や帰宅時の電車の中など少しのスキマ時間だけで為替の取引状況を確認することができます。


アメリカ専用のVPSが用意されている


米国FX業者の自動売買をするとき、アメリカでもNYSEに近い(40km圏内)場所に設置されているFX専用VPSを用意していることです。

取引する市場に近い場所にVPSを置くということが、一番MT4を使って取引するときの理想となります。なぜなら、圧倒的に接続スピードが速いアメリカ設置VPSサーバーを利用することによって、通信速度が増し、FX取引のスピードを格段に早めることによって、正確にFX取引を行うことができるからです。

実は、多くの海外FXブローカーのサーバーがアメリカに設置されていることが多いのです。

例えば、XMTitanFXなどの日本人に人気のあるFXブローカーは、アメリカにサーバーを置いています。

↓↓↓XMのホームページの詳細↓↓↓




↓↓↓TitanFXのホームページの詳細↓↓↓




日本に設置されているVPSからアメリカのサーバーに接続しようとすると、距離が遠いので、レイテンシーが発生します。

ここで、レイテンシー(Latency)とは、サーバーやデバイスが注文等の要求をした時に、返送されるまでの遅延時間のことです。

しかし、アメリカに設置されているVPSからサーバーにアクセスすれば、距離が短いので必然的に接続スピードは速くなります。

使えるねっと

「使えるねっと」と提携しているFXブローカー一覧


・ゴールデンウェイジャパン

FXトレードフィナンシャル 口座開設FXトレードフィナンシャル 口座開設?|?fx-on.com

ゴールデンウェイジャパンのMT4には以下の特徴があります。

1. FXTF限定の今話題の仮想通貨(ビットコイン・リップル・モナーコイン・ビットコインキャッシュ)のチャート分析がMT4上で可能(取引はできません)

2. 国内MT4業界最狭水準のスプレッドで提供(キャンペーンスプレッド)できます。
ドル/円スプレッド0.1銭・ユーロ/円スプレッド0.4銭
※原則固定 例外あり。1000通貨コースの場合

3. 1000通貨対応/日足5本対応

4.Macにも対応(ゴールデンウェイジャパンのMT4ウェブトレーダー)

5.ゴールデンウェイジャパン独自インジケーター多数搭載(マーフィー氏 ひろぴー氏 ボリ平氏 陳氏 など)

6.国内MT4初!ゴールデンウェイジャパン限定 日経225やダウ先物などCFD銘柄をチャート上に表示可能(取引はできません)

ゴールデンウェイジャパンの詳細はこちらから


・Titan FXの「特典付きVPS」は2つ

Titan FXでは、「お名前.comデスクトップクラウド」と、「使えるねっとFX専用VPS」を勧めています。

お名前.com「デスクトップクラウド」

お名前.comデスクトップクラウドは、MT4を安定稼働させることができるFX専用のVPSです。
”Titan FX MT4”がプリインストールされていますので、簡単に自動取引を始めることができます。


初めての方でも安心してお名前.com デスクトップクラウドをご利用いただけるよう24時間365日無料の電話サポートで対応いたします。
また、24時間365日データセンターで有人監視されています。万が一、停電や災害が起きた場合、迅速に対応し、止まることなく稼働し続けます。詳しくは、こちらをご参照ください。

お名前.com【デスクトップクラウド】


「使えるねっと」のFX専用VPS

使えるねっとVPSは、「使えるねっと」の技術力を結集して開発に成功した、MT4を安定稼働させるために開発された専用VPSです。MT4の安定稼働が最優先された独自のサーバーであるため、特に安定した取引環境をお求めの方に最適です。専属技術スタッフが常時監視しており、こまめな点検が行き届いた高品質なVPSです。

使えるねっとのサポートセンターに配置された経験豊富な専属スタッフが、読者様からのお問い合わせやご質問に親切丁寧にお応えします。

使えるねっと

オススメの人



・これからFXシステムトレードを始めたいけど、サーバの知識がない方

・自宅のパソコンで取引するリスクや心配を全てさっぱり無くしたい方

・MT4を使ってすでにFXシステムトレードおこなっている方

・VPSを選ぶなら最も実績のあるサーバ会社を選択したい方

・FXシステムトレードを最も安定した専用のVPSで行いたい方

・困ったときのサポートを重視し、電話など詳しいオペレータがいるところにしたい方

まとめ


FXで、安定して収益を手に入れるためには、MT4のEA(自動売買ツール)を活用していきましょう。

実際に著名なプロトレーダーの多くが自動売買を実践していて、その効果や可能性は誰もが認めるところ。

しかし、普段使っている家庭用パソコンで24時間自動売買をするというのは、やはりあまり現実的ではありません。

実際、私自身も、FX取引するとき、普段使っている家庭用パソコンをインターネットに繋ぐと、年中FXのチャートが止まったり、パソコンがシューシュー音を立てて、熱くなったりして、FX取引以前にパソコンが壊れないかどうか心配してしまいます。

なぜなら、FX取引するとき、為替の板やチャートの動きがかなり早く動くので、パソコンのサーバーが処理しきれないからです。かなり、パソコンに負荷をかけているのです。

しかし、FX専用VPSを活用すると、FXのチャートや為替情報がスムーズに見えて、パソコンもシューシュー音を立てません。

したがって、FX専用VPSは、無理なく安定的に結果を出すために必要不可欠な必須アイテムなのです。

FX取引でMT4を使って自動売買するときは、自分のパソコンに負荷をかけずにスムーズに為替情報を手に入れるために、FX専用VPSを導入しましょう!



「使えるねっと」のFX専用VPSの詳細はこちらから