目次(Table of Contents)



最近、ニュースやメディアで、かなり話題になり、大学や研究機関、民間企業などが研究し始めているが「AI(人工知能)」や「仮想通貨」という言葉。そして、これからもキャッシュレスを始め、どんどん必要とされている金融とITが結びついたテクノロジーFintecだ。

仮想通貨の自動売買サービス「QUOREA」


quoreaplatformexample

そんな「AI」と「仮想通貨」を組み合わせ、新たなサービスを展開しているのが株式会社efit。株式会社efitは、仮想通貨の自動売買サービス「QUOREA」を運営している情報通信業だ。「QUOREA」は、資産運用を強力にサポートする高度な投資ロボットを初心者でも簡単に利用できるというもの。efitは、「金融機関がつくるパッケージ化された投資」ではなく、「AIを用いた民主的な投資プラットフォーム」の構築を目指している。

累計約1.2億円の資金調達を2019年6月上旬までに完了済み


株式会社efitでは、既存投資家である株式会社KVPに加え、岡三キャピタルパートナーズ株式会社、東証一部上場企業、その他1社を引受先とする第三者割当増資を実施し、約9000万円の資金調達を実施。累計で約1.2億円の資金調達を完了した。今回の資金調達により、主軸事業である「QUOREA」の機能強化や新機能の開発ができて、仮想通貨の自動売買やコピートレードプラットフォームは完成した。今後、株式投資やFX取引への自動売買化を積極的に、促進していく。

QUOREAが提供するサービス概要のメカニズム


quoreaservicemechanism


「QUOREA」は、高度な数理モデルなどを組み込んだクオンツ運用やテクニカルトレードを自動で行うアルゴリズム(以下、投資ロボット)をプログラミングの専門知識なく開発することができ、そのロボットを他のユーザーが初期費用なしで手軽に利用することができる仮想通貨の自動売買サービスだ。


また、ロボット制作者は、制作したロボットを使って他のユーザーが利益を得た場合に収益を得ることができるという、投資ノウハウのシェアリングサービスだ。

これまでユーザーによって作成されたロボットは1500以上。AIでオススメ度が自動採点されるので、優秀なロボットを初心者でも簡単に選んで利用できる。これらのロボットを使って、直近の1ヶ月では約80%のユーザーが利益を達成した実績があるという。

「QUOREA」の特長は以下の通りだ。

1. 投資ロボットをプログラミングなしでつくることができ、収益を得られる

2. 他のユーザーがつくったロボットを、初期費用なしで使うことができる

3. AIでロボットのオススメ度が判定されるので、質の高いロボットを選びやすい

資金調達引受先よりコメントの紹介


◆株式会社KVP


不透明になっていたシステムトレードの領域で、アルゴリズムのシェアリングという形で新たな価値を提供するQUOREAは非常に高いポテンシャルを持っていると思います。
またefitチームのユーザーファーストに必要な機能を開発するスピード感も評価し、今回ラウンドも追加で投資させていただきました。
テクノロジーを駆使し、仮想通貨に留まらない新たな資産運用のプラットフォームに発展していくことを期待しています。


◆岡三キャピタルパートナーズ株式会社


efit社の提供するQUOREAは、個人が作成した投資ロボットのシェアリング・プラットフォームとして、個人投資家に新たな投資体験を提供する高いポテンシャルを秘めていると考えています。
今回の資金調達を契機として、efit社の成長が加速することを強く期待しております。


efitの今後の展望とは


株式会社efitでは以下のような今後の展望を表明している。


1989年のバブル以降、日本では株価が長年低迷し、投資から徐々に遠ざかってきました。その結果、銀行預金偏重型の資産構成になっており、リスクを取れない銀行から借り入れる保守的なお金によって、保守的な経営を行うという負の循環が起こっています。投資になかなか踏み出せない理由はさまざまですが、このような構造も日本の経済発展の障壁の一つになっているのではと考えています。
私たちはこの課題を、ITとAIを用いて解決します。そして、誰もが低コストでより良い投資ができるプラットフォームを構築することで、個人の投資家がより活発に投資を行い、日本の企業にもアクティブな資金が流れて日本経済も活性化する。そんな未来を実現したいと考えています。


QUOREAはAIと投資を組み合わせた最先端の技術を開発している。日々忙しくてなかなか投資に時間が取れない人も、ロボットを活用して投資に参加できるのは大きなメリットだ。投資や資産運用に関心がある人は下記のサイトで詳細を確認しよう。





QUOREAの詳細はこちらから


QUOREAと連携している仮想通貨取引所


Liquid by Quoine


Liquid by Quoine

・Liquid by Quoineの特徴

1)豊富な通貨ペア数(現物取引34通貨ペア・レバレッジ取引12通貨ペア)
2)現物取引手数料無料、レバレッジ取引手数料0.025%
3)スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone、Android)
4)0.001BTCから取引可能・レバレッジは最大25倍
5)大口トレーダーも大満足の流動性・発注数量、保有建玉量(それぞれ制限はあり)


・Liquid by Quoineのセキュリティー


・Liquid by Quoineのユーザー全てが、Google Authenticatorによる2段階認証の設定が義務付けられています。

・クーリングピリオド、つまり、パスワードのリセットなどの変更が行われると、ユーザーは少なくとも3日間メールアドレスを変更不可

・ユーザーの全ての資産は100%コールドウォーレットで管理されています。FIPS PUB140-2 Level 3以上の規格を満たしたハードウェアセキュリティモジュール(HSM)を利用しています。すべての秘密鍵は、鍵の存在する限りHSMによって生成、保管、および管理されています。

など、セキュリティーが万全。

Liquid by Quoineの口座開設はこちらから


BitMEX


bitmexlogosinitialbitmexbanner72090


BitMEXは香港の仮想通貨取引所であるため、日本の金融庁の規制に入っておらず、100倍までのレバレッジで仮想通貨FX取引をすることができます。

BitMEX(ビットメックス)はレバレッジが最大100倍まですべての通貨において適用されており、安心のゼロカットシステムを導入、つまり、追証がないので、借金リスクがないので、初心者が仮想通貨取引するには、うってつけの仮想通貨FX取引所です。

また、世界一のビットコイン取引量も誇っているので流動性も申し分ない。ユーザーにとって有利な条件がたくさん提供されています。

日本国内取引所は2019年からレバレッジ4倍までに規制されているので、BitMEXの利用する優位性が高くなります。

BitMEXにおける最大レバレッジは100倍ですが、QUOREAの場合は、日本の法律の傘下にあるため、残念ながらレバレッジは4倍までしか取引できません。

・BitMEXの特徴

・レバレッジ倍率100倍は世界最大。
・ビットコイン取引高が世界一。
・追証がないため借金が発生しない。
・本人確認が不要のクイック口座開設を導入。
・ハッキングをされたことがなく、セキュリティーが強い。

・BitMEXのセキュリティー

bitmexsecuritylevel


ICO ratingによれば、Exchange Security ReportにおけるBitMEX(ビットメックス)は世界第3位であり、かなりセキュリティーが高いことが伺えます。

・入金したBTCを独自のインターネットオフ状態のXBTに変換

BitMEX(ビットメックス)ではトレードするときに独自の通貨XBTを使用します。

BitMEX(ビットメックス)に入金されたビットコイン(BTC)はコールドウォレット(ネット接続されてないウォレット環境)に送られるため、代わりにXBTが通貨として配られトレードで使用できます。

BitMEX(ビットメックス)から外部へ送金するときはXBTはBTCに変換され受け取ることができるので、ハッカーがサイトに侵入してもBTC現物を手に入れることができない仕組みなので、ハッキング被害が一度もありません。

・出金は1日1回のみ

BitMEX(ビットメックス)で外部送金が可能なのは夜の22時頃の1日1回のみです。

ユーザーとしては少し不便ですが、ハッキングや不正送金をなどの被害を防いでいます。

またBitMEX(ビットメックス)ではあらゆる出金は、2名以上のBitMEX従業員が手作業でチェックしてから送信されています。

全ての入金アドレスは検証され、創業者が制御できるキーを必ず含むようにされていて、このキーが一致しない場合はシステムが直ちにシャットダウンされ、取引は停止されます。

このように何重ものセキュリティーをくぐり抜けて初めて出金できるのです。

・コールドウォレット

過去に海外の取引所のBitstampで500万ドル、日本の取引所のコインチェックでは500億円がハッキングされる事件が起こりました。

これらのハッキング被害に共通することはホットウォレット(ネット接続しているウォレット)だったということです。

しかし、BitMEX(ビットメックス)ではこれらを考慮に入れ、完全にコールドウォレットで管理しています。

・マルチシグネチャ(Multi Signature)方式

マルチシグネチャ方式とは、ウォレットアドレスから仮想通貨を送金する時に2つ以上のパスワード(シークレットキー)を必要とする方式です。

など、セキュリティーがかなり万全で、日本人ユーザーにかなり人気がある仮想通貨取引所です。

また、下のボタンからBitMEXの口座開設をすると、口座開設してから6か月間、ずっと手数料の10%の料金割引を受けることができます。海外の取引所の方がセキュリティーが強く、追証もなく、日本語対応しているので、BitMEXはユーザーに利用しやすい仮想通貨取引所です。

こちらからBitMEXの口座開設をする