目次(Table of Contents)



xmtradingmt4ormt5


MetaTraderには、MT4とMT5の2つの取引プラットフォームがあります。MT4は2005年にリリースされた高機能チャートソフトで、MT5は、MT4の最新版として2011年にリリースされました。

MT5は、有名なMetaTrader 4 (MT4)を改良した刷新版です。MetaQuotes Software Corp.によって開発され、2010年当初にベータ版としてリリースされ、2011年に一般的に使えるようになりました。

MetaQuotes社は継続的な開発、試行、改良に力を入れ、数年をかけて追加機能を持つ次世代型取引プラットフォームとして今日のMT5を完成させました。

MT5をMT4と比較した場合の最大のメリットは、様々な設定を装備し、様々な種類の金融商品をMT5プラットフォームで取引できるようになったという柔軟性にあります。これらの金融商品は、全て同一のインターフェース上で、同じ取引口座から取引できます。

MetaTrader 5 (MT5)では、従来から広く知られるチャート表示パッケージと自動取引機能を次の段階へと進化させています。MetaTrader 4 (MT4)が皆に選ばれる所以であった全機能はそのままに、その上様々な資産クラスの複数銘柄の取引を可能にする、より洗練されたバックエンド基盤にアップグレードされています。

しかし、MT4とMT5は全く別のシステムで動作しているので、MT4とMT5の間には残念ながら、互換性がないです。

この記事では、XM(XM Trading)が提供しているMT4とMT5の特徴とその違いの詳細を解説します!

取引口座タイプの詳細はこちらから


MT4とMT5の性能の違い


metatrader4platformmetatrader5platform

特徴MT4MT5
時間足9種類
(1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足)
19種類
(1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、6分足、10分足、12分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足)
動作遅い
メモリ消費量が低いのでスペックが低いPCでも利用できる。
早い
メモリ消費量が増加しているのでスペックが高いパソコンを使おう
Indicatorの整理整理しづらいフォルダ毎に整理できる
IndicatorMT4専用のIndicatorが使用可能MT5専用のIndicatorが使用可能
(MT5に対応しているIndicatorがMT4より少ない)
同時に予約できる(逆)指値注文数4つまで6つまで
板情報閲覧表示不可能表示可能
テクニカルインディケーターの表示数30個38個
描画シンボルの種類の数31個44個
時間設定可能なフレームの数9個21個
経済指標カレンダー表示不可表示可能
メール受送信時の添付ファイル添付不可添付可能
口座間内資金移動不可可能
両建て注文ヘッジのみヘッジとネッティング両方可能
取引できる商品FX, CFDFX, CFD, 株式取引, 商品先物, 債権, オプション
表示できる商品の数1024=210まで無制限
EAのテスト機能バックテスト機能・バックテスト機能
・ストラテジーテスター機能
・フォワードテスト機能
など



※ヘッジ(Hedge)=将来の株式や金利、為替、商品(コモディティ) 価格の相場変動によって被る損失を防ぐために、先物などのデリバティブを利用する取引のこと。商品・株式・外国為替の取引で,買い方の値下がり損や売り方の値上がり損を防ぐため,逆の空売り・空買いをする保険的な操作であり、つなぎ売買ともいう。

※ネッティング(Netting)=外国為替取引や有価証券取引、デリバティブ取引などにおいて、取引の当事者間で、 債券と債務を相殺し、決済を行うこと。「差額決済」 ともいう。



MetaQuotesが提供しているMT4とMT5の違いは、外部ツールによる機能拡張を考慮していない状態での比較です。全体的に、MT4より、MT5のほうが優れた性能の取引プラットフォームです。

また、MT4よりMT5の方が、約定力が高く板情報も見えるので、スキャルビングしたい人や透明性の高い取引をしたい方には、MT5は使いやすいです。注文処理のスピードが速いとも言われています。

MT4とMT5には互換性がない


xmmetatrader5webplatform


アルゴリズムトレーディングシステムを販売するストアの中でカスタムインディケーターCandle Pattern Finder MT5を購入する


MetaTrader のEAは独自のプログラミング言語「MQL」で作成されます。MQLはC言語に似ており、MetaTrader上でMQLを使ってEAを自分で作ってMQL5.community売買することも可能です。気を付けないといけないのは、MT4とMT5のEAでは使用されているプログラミング言語が違うことです。

MT4ではMQL4が使われていますが、MT5ではMQL5が使われています。

MT4とMT5では使用されているプログラミング言語が違うので、互換性がありません。つまり、MT4で使っていたEAをMT5で使うことができません。逆にMT5で使っているEAもMT4で使うことができません。MT5に比べてMT4の利用者が多く、今だにMT4のEAの方が多く開発されています。

XMを利用していても、MT4とMT5では、それぞれ別のIDが必要であり、必要証拠金も別口座扱いとなります。

MetaTrader 5 (MT5) 取引プラットフォームはこちらから


MT4とMT5のどちらがオススメか?


metatrader4platformmetatrader5platform

自動売買ロボット(EA)をあまり使わない場合、MT5の方が断然いいです。

MT4は提供を終了したため、今後はMT4からMT5に移行する流れが強まることが想定されます。また、また、MetaQuates自身、MT5の利用を勧めているので、MT5の利用に慣れておきましょう。

しかし、MT5は、MT4で使えるEA(自動売買ロボット)は、MQL4で書かれていて互換性がないので、MT4対応の外部ソフトを利用した自動売買をしたい方は、MT4を選びましょう。

しかし、EAを利用して自動売買するつもりがなく、初めてFX取引や株式取引などの幅広い金融商品を取引したい方や、手動で取引をする方は、約定力の高いMT5のほうがスリッページを起こしにくく、板情報が見えるのでMT5をお勧めします。


MT4を利用するときに注意しなければならないことは、MT4用のアドイン資産(=利用しているソフトウェアへ機能を追加するプログラム)が膨大にあるので、しばらくMT4の利用を継続する予定ですが、将来的には、MetaQuotes Software社自体がMT5の利用を推奨しており、またXM Tradingも、MT5の利用に一本化する予定なので、今からMT5を使うことに慣れておきましょう。

取引口座タイプの詳細はこちらから



まとめ





MT4が向いている人


・EA(自動売買ロボット)をたくさん使って自動売買したい人
・カスタムインジケータなどのツールをたくさん利用したい人



MT5が向いている人


・初めてFX取引や株式取引などの幅広い金融商品を取引したい方
・EAをあまり使わない方(もちろんMQL5で書かれたEAもそれなりにはあります)
・約定力が高く透明性のある取引をしたい


MT4口座の詳細はこちらから


MT5口座の詳細はこちらから